no title

「最後のセーフティーネット」生活保護が「財テク」に化けている現状は悲しい ――キングコング梶原雄太さんの「錬金術」に舌を巻く

tokyo editor



河本準一さん一族の生活保護受給問題に続いて、同じ吉本興業所属キングコング梶原雄太さん母親の生活保護受給も問題視され、報道や記者会見が続いた。素朴な疑問として、「貧乏芸人は多いのに、なぜ吉本ばかり」と思うのが普通の方では。


こちらは事実のフレームワークがたいへん興味深い。いやつまり。

マンションを購入。母親を住まわせる
 ↓
マンションは親戚が担保として使い、梶原さん本人は「自分の意志で売却できない」結果に
 ↓
マンションローンが月40万円で、梶原さん本人は「扶養の余裕が無い」形に
 ↓
母親が生活保護申請。息子は3人いるが、とりあえず年収2000万円(推定)芸人の梶原さんは、上記ふたつの理由から生活費援助が無理と主張
 ↓
生活保護受給が認められる
 ↓
結果、「母親はマンション住まいを満喫しながら生活保護受給」という事に


うーん……。

これを見ると、「入れ知恵されてるだろ。生活保護受給ポイントを熟知した誰かに」などとネットで噂が出るのは、仕方ないのでは。なかなか巧みな「財テク」だ。「では誰が入れ知恵を」と考えるのかなあ、皆さん。


こちらの記事では、背景として「吉本ファイナンスからの借金」の可能性を指摘している。

はあこちらでは、その「吉本ファイナンス」に反社会勢力が食い込んでいる可能性を挙げておられます。



いずれにしろ、「年収五千万でも生活保護! 職業が不安定なら生活保護! ローンがあれば生活保護! 吉本興業芸人が成功した財テクを今みんながやり始めている。お前らも福祉事務所に急げ!」煽り記事が乱舞してしまったのは、仕方ないのでは。

実際、頭に紹介した記事でも、全国の福祉事務所に「梶原がOKなら俺もそうする」的問い合わせ殺到中だそうだ。なんとかこれを奇貨に生活保護認定が正常化され、受給金額や特典の面でも勤労者や年金生活者との「実質収入逆転現象」が解消されることを祈るよ。


すべての日本国民は、「健康で文化的な最低限の生活」を、憲法で保証されている。そのための生活保護だ。しかし河本準一さんの母親のように「生活保護をもらいながらビジネスクラスでハワイ旅行(日刊ゲンダイ)」は、明らかに「健康で文化的な最低限の生活」を逸脱している。「最後のセーフティーネット」のはずの生活保護が「財テク」になってしまっている現状は、悲しい皮肉だ。

私も父親に生活保護受けさせるか(笑)。ローンの残っている自宅を私の名義にすればいいんだろ? その「収入」で、父親とハワイにビジネスクラスで遊びに行くわ。

記者会見では、「正直、不正受給という感覚はありません」と梶原さんはおっしゃっていた。そりゃ「福祉事務所に受給を認められた」という意味ではそうかもしれないけれど、そりゃ「福祉事務所が不正な状況を見過ごしてしまった」レベルの話だろうに。「生活保護=財テク」論をどう考えているのか、彼に聞いてみたいところだ。

【生活保護問題】次長課長.河本準一まとめ


元記事 http://blogos.com/article/40403/