映画

    1:2014/04/03(木)14:00:49 ID:
    http://news.infoseek.co.jp/article/rocketnews_20140403428995

    大人気漫画『進撃の巨人』が実写化決定! 今夏長崎県の「軍艦島」で撮影が行われるぞ~ッ!!
    ロケットニュース24(2014年4月3日09時28分)

    大人気漫画の『進撃の巨人』が、実写化することが明らかになった。
    しかも撮影は長崎県の歴史的廃墟、軍艦島(長崎市端島)で行われるという。作品の世界観を映像で表現するのに、
    この島はふさわしいのではないだろうか。一体どのような作品になるのか、今から楽しみだ。

    ・2015年公開予定
    スポニチが伝えるところによると、撮影は2014年初夏から開始されるそうだ。監督は樋口真嗣氏で公開は2015年を予定している。
    気になる配役は未定なのだが、俳優の三浦春馬さんが出演することだかがわかっている。

    ・廃墟を立体機動装置で飛び交う?
    ちなみに記者(私)は2013年に、取材でこの島の立ち入り禁止区域に潜入している。
    長い時間をかけて朽ちた建物は、見ているだけで圧倒されてしまう。ここに、一時5000人もの人々が住んでいたとは想像もつかない。
    ここを立体機動装置を駆使して、キャラクターが飛び交うとどうなるのだろうか?

    なお、原作者の諫山創氏は作品の監修を務めるとのことである。完成が楽しみだ!


    大人気漫画『進撃の巨人』が実写化決定! 今夏長崎県の「軍艦島」で撮影が行われるぞ~ッ!! | ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2014/04/03/428995/


    軍艦島













    http://2.bp.blogspot.com/-FWECVeNfbzw/Utv2yjWmZiI/AAAAAAAAFwM/XuAXVl45f5s/s1600/IMG_2509.JPG
    【実写版『進撃の巨人』、今夏長崎県の「軍艦島」で撮影】の続きを読む

    1:2014/03/31(月)17:47:10 ID:
    [映画.com ニュース] アーノルド・シュワ ルツェネッガーが、米MTVのインタビューに 応じ、4月末にクランクインするという 「ターミネーター:ジェネシス(原題)」に ついて語った。

    同作は、シュワルツェネッガーの代表作であ るSFアクション「ターミネーター」シリーズ の第5弾で、リブート版第1弾となる。ターミ ネーターT-800役でカムバックするシュワル ツェネッガーは、T-800について機械ではある が年をとる設定だと説明。「金属の骨格の上 に、人間の肉が被さっている。だから、ター ミネーターの表皮も老いていくんだ。人間ほ ど速いペースではないけれど、確実に年をと る」と明かした。「ターミネーター」はタイ ムトラベルものであることから、新作には年 老いたT-800と若いT-800が登場するようだ。

    シュワルツェネッガー以外のキャストは、 ジョン・コナー役にジェイソン・クラーク、 カイル・リース役にジェイ・コートニー、サ ラ・コナー役にエミリア・クラークが決定。 また、1984年の第1作でランス・ヘンリクセ ンが演じたハル・ブコヴィッチ捜査官役 を、J・K・シモンズが演じる。「マイティ・ ソー ダーク・ワールド」のアラン・テイ ラーが監督、全米公開は2015年7月1日の予定 だ。

    シュワルツェネッガーは、「エンド・オブ・ ウォッチ」のデビッド・エアー監督と組んだ 新作アクション「Sabotage(原題)」が、3 月28日から全米公開。
    http://eiga.com/news/20140331/8/
    【シュワルツェネッガー、リブート版 「ターミネーター」で老いたT-800に】の続きを読む

    1:2014/03/31(月)04:04:26 ID:
    今よりも映画を観に行こうと思える金額は?「901?1,000円 37.1%」
    2014年03月30日 10時29分
    提供:マイナビウーマン
    今よりも映画を観に行こうと思える金額は?「901?1,000円 37.1%」 写真を拡大写真を拡大今よりも映画を観に行こうと思える金額は?「901?1,000円 37.1%」

    映画鑑賞はデートコースの定番。スクリーンで観ると迫力があり、できれば映画館に通いたくなりますが、お金の問題でそうもいかず……。今よりも映画を観に行こうと思うのはいくらでしょうか。読者544名に聞きました。

    Q.今よりも映画を観に行こうと思える金額を教えてください(単一回答)
    1位 901?1,000円 37.1%
    2位 301?500円 14.2%
    3位 501?700円 13.2%
    4位 1?300円 9.9%
    5位 701?800円 9.0%

    ■901?1,000円
    ・「劇場よりも自宅でDVD派ですが、少しだけ観たいなと思う新作が上記くらいなら迷わず観に行きたいなと思います。
    どうしても観たいものはだいたい相場の1,800円でも観ますが、満足度によっては高いなーと思います」(30歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
    ・「フランスだと700円とかで映画を見れる。時間つぶしにも使える」(35歳男性/機械・精密機器/営業職)
    ・「今の半額くらいになれば毎週見に行くと思う」(30歳男性/商社・卸/営業職)

    ■番外編:安くても観に行かない!?(1?300円)
    ・「あまり映画が好きではないので、安かったら行きたい」(30歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
    ・「200円とかだったら嬉しい」(24歳男性/運輸・倉庫/営業職)
    ・「もともと見に行く習慣がないので、値段では変化しないと思う」(34歳男性/金属・鉄鋼・化学)

    1,000円前後になれば、今よりもたくさん映画館へ行く人が増えそうです。本当はもっと通いたいけれど、料金を考えるとDVD化するのを待つしかない……。割引デーを狙っている人も少なくありませんでした。
    http://news.ameba.jp/20140330-94/
    【映画館の料金 高すぎの声 適正だと思う料金 「900円」】の続きを読む

    1:2014/03/19(水) 14:34:55.49 ID:

    スヌーピーでおなじみのチャールズ・M・シュルツさんの人気漫画「ピーナッツ」
    が初めて3DCGアニメ映画化され、2015年に全米公開される。

    オフィシャルサイトでは予告編が公開され、その世界観の一端が明らかになった。

    本作のCGアニメーションを手掛けるのは、映画『アイス・エイジ』シリーズで
    知られるブルー・スカイ・スタジオで、監督は『アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険』
    のスティーヴ・マーティノ。
    今回公開された予告編はスヌーピーと飼い主のチャーリー・ブラウンしか登場しない
    シンプルなものだが、スヌーピーのふかふか具合やチャーリー・ブラウンが立体的
    であることが確認できる。
    3DCGでありながら原作漫画の雰囲気を踏襲した仕上がりに、
    ファンからもおおむね高評価を得ているようだ。

    原作者チャールズさんの息子クレイグがプロデューサー、そして孫にあたるブライヤン
    が脚本を務めるなど、シュルツ家3世代による作品となっている本作。

    「ピーナッツ」が映画化されるのは1980年の『スヌーピーとチャーリー/ヨーロッパの旅』以来、
    35年ぶりとなっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140319-00000020-flix-movi
    関連スレ
    【映画】「スヌーピー」が約35年ぶりにアニメ映画化! 2015年公開へ
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1349842054/l50

    動画
    【【映画】スヌーピーの「ピーナッツ」が初の3DCGアニメ映画に!予告編公開】の続きを読む

    1:2014/03/18(火) 14:41:46.81 ID:
     女優の能年玲奈が18日、都内で行われた主演映画『ホットロード』の製作報告会見に
    登坂広臣(三代目J Soul Brothers)、三木孝浩監督と出席。これまでの清楚(せいそ)な
    黒髪から一転、ヤンキーのヒロイン役で生まれて初めて茶髪にしたことを明かした能年は、
    「作品に(演じる)和希として出るにあたって、観ていただく方にどう感じていただけるのかな
    という思いでした」と真摯(しんし)に役づくりに取り組んだという。

     本作は1980年代に若者の圧倒的な支持を集めた紡木たくによる少女コミックを
    実写映画化した青春ドラマ。母から愛されず行き場のない不安を抱える孤独な14歳の
    少女・宮市和希(能年)と、刹那的に生きる暴走族Nightsの少年・春山洋志(登坂)との
    切なくも激しい純愛を描く。

     撮影は湘南を中心に昨年11月5日から12月23日まで行われた。
    能年はアイスを食べるシーンがあったことに触れて、「寒くてしかたないのに、
    おいしくてたくさん食べてしまって、反省しました」とにっこり。同じくTシャツ1枚の
    撮影があった登坂も「すごく寒かったけど、景色もいいし、思い出がたくさん
    あったので楽しくできました」と満足そうに振り返った。(
    >>2
    以降に続きます)

    ソース:シネマトゥデイ
    http://www.cinematoday.jp/page/N0061476

    映画『ホットロード』の主題歌は尾崎豊さんの「OH MY LITTLE GIRL」
    (=画像は能年玲奈が茶髪を披露した同映画のポスター)

    映画『ホットロード』ポスター(写真は登坂広臣)

    関連ニュース
    【芸能】能年玲奈、上京時は“閉じこもり”だった「どこで遊べるのかわからず…」
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1394606109/
    【能年玲奈「“動いているわたし”は久々だと思いますけど、頑張ったので気になる方は観てください」/『ホットロード』製作報告会見】の続きを読む

    1:2014/03/11(火) 00:08:41.66 ID:
    電気グルーヴのピエール瀧、日本アカデミーなど4賞で助演男優賞を受賞

    ピエール瀧(電気グルーヴ)が、映画「凶悪」での演技が高く評価され、第37回 日本アカデミー賞
    優秀助演男優賞を受賞した。

    2013年度は、日本アカデミー賞に先駆け、第38回報知映画賞(「凶悪」「くじけないで」
    の演技に対して)、第68回毎日映画コンクール(「凶悪」の演技に対して)、第56回
    ブルーリボン賞(「凶悪」「そして父になる」「くじけないで」の演技に対して)に
    おいても助演男優賞を受賞し、4賞で受賞したこととなる。

    ピエール瀧は2013年 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」での寿司屋の大将・梅頭(うめず)役
    でも注目を集め、現在、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」にて、豊臣秀吉の腹心“蜂須賀小六”役
    を好演している。またディズニーアニメ映画「アナと雪の女王」(3月14日劇場公開)では、
    離れ離れになった主人公姉妹をつなぐ重要な存在の雪だるま“オラフ”の日本語吹き替え役を
    演じている。

    電気グルーヴのピエール瀧、日本アカデミーなど4賞で助演男優賞を受賞 Musicman-NET
    http://www.musicman-net.com/artist/34084.html


    関連リンク
    ■ピエール瀧 オフィシャルサイト:http://www.pierretaki.com/
    ■電気グルーヴ オフィシャルサイト:http://www.denkigroove.com
    【【映画】ピエール瀧(電気グルーヴ)、日本アカデミー賞・報知映画賞・毎日映画コンクール・ブルーリボン賞で助演男優賞を受賞】の続きを読む

    1:2014/03/08(土) 05:58:31.78 ID:
    7日、第37回日本アカデミー賞授賞式がグランドプリンスホテル新高輪で行われ、
    映画『舟を編む』が作品賞を含む最多6部門で最優秀賞を受賞した。
    今年は同作に加え、『そして父になる』と『東京家族』の3作品が最多12部門で
    優秀賞を受賞する混戦を見せていたが、『そして父になる』は2部門の
    最優秀賞にとどまり、『東京家族』は受賞ならなかった。

     通常5作品のところ、今年は投票数5位の作品が2作品あったため異例の6作品が
    優秀賞に選出されていた作品賞。この日、最優秀主演男優賞にも輝いた松田龍平は、
    最優秀賞として『舟を編む』の名前が呼ばれ壇上に上がると、「個人賞を頂いて
    うれしかったですが、作品賞が一番うれしいです」と笑顔を見せ、共演の宮崎あおいも
    「想像以上にうれしいものなんだと思いました。ドキドキしています」と喜びを表現した。

     そのほかの注目としては、『さよなら渓谷』で優秀主演女優賞、
    『そして父になる』で優秀助演女優賞に選出されていた真木よう子は
    両部門で最優秀賞を受賞。女優賞としては1979年の第2回でW受賞を
    果たした大竹しのぶ以来、35年ぶり2人目の快挙となった。(
    >>2
    以降に続きます)

    ソース:シネマトゥデイ
    http://www.cinematoday.jp/page/N0061204
    画像:『舟を編む』の黒木華、オダギリジョー、宮崎あおい、松田龍平、石井裕也監督(左から)

    ※ソース先に他の画像も多数あります。
    【【映画】『舟を編む』が最優秀作品賞含む最多6冠!…第37回日本アカデミー賞】の続きを読む

    1:2014/02/26(水) 20:08:32.96 ID:

    2014年5月の全米公開に続いて2014年7月には日本での公開が予定されている映画「GODZILLA」の
    正式な予告編が公開されました。2013年12月に公開されたティザー予告編には出てこなかったシ
    ーンが多数含まれていて、ゴジラの顔を正面から確認できるカットも登場しました。

    Godzilla - Official Main Trailer [HD] - YouTube


    映画「GODZILLA」は国内では2014年7月25日に公開予定です。

    ソース・ギガジン
    http://gigazine.net/news/20140226-godzilla-main-trailer/
    【【映画】ゴジラの顔がついに新ハリウッド版映画「GODZILLA」正式予告編で明らかに】の続きを読む

    このページのトップヘ