映画

    2012-06-21-022309


    6月14日よりアジア圏での公開がスタートした映画「貞子3D」が、香港で大ヒットを記録している。香港では35スクリーンで公開され、公開初日はダントツの1位に。木曜~日曜の週末興行収入では、リドリー・スコット監督が放つ大作「プロメテウス」に次いで、動員約5万人、興行収入約3,700万円となり、堂々の第2位にランクインとなった。

    香港でも日本映画はしばしば公開されているが、「貞子3D」は大ヒットの部類。最近公開の日本映画は、31スクリーンのジブリ映画「コクリコ坂から」(週末1,500万円)、19スクリーンで公開された北川景子×向井理の「パラダイス・キス」(週末1,000万円)といった数字で、「貞子3D」の3,700万円は群を抜いたヒットと言える。

    香港の街には現在、「貞子3D」の屋外広告やバス停広告があちこちに掲示されており、特にバス停広告は「怖すぎる」とクレームが殺到しているのだとか。現地での反響も大きいだけに、どこまで興行収入を伸ばしていけるのか、海外での貞子の動向からも目が離せなそうだ。


    ☆香港週末興行収入TOP5(6月14日~6月17日)

    1位「プロメテウス」5,203,000香港ドル(2週目)
    2位「貞子3D」3,621,000香港ドル(1週目)
    3位「ディクテーター」2,237,000香港ドル(2週目)
    4位「メン・イン・ブラック3」2,182,000香港ドル(4週目)
    5位「スノー・ホワイト」778,000香港ドル(3週目)


    最も怖いジャパニーズホラー映画ランキングTOP10!他ホラー映画NEWS


    ナリナリドットコム

     http://news.livedoor.com/article/detail/6678411/


    20120619-00000029-flix-000-3-view


     人気シリーズの劇場版第4弾となる、『BRAVE HEARTS 海猿』の完成披露試写会が東京国際フォーラムにて行われ、伊藤英明、加藤あいらが声を詰まらせ、涙をぬぐいながら、映画の完成を報告した。4,000人の観客を前に、伊藤、加藤のほか、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎、羽住英一郎監督が登壇したこの日の舞台あいさつは、8年の歴史を感じさせる感動的なものとなった。


     ファンにもみくちゃにされながら壇上に立った伊藤は、ファンの大声援に感無量の様子で、「皆さんに支えられて、ここまで来ました。今回、皆さんの温かい声援を受けて間違いなく成功するだろうという気持ちになりました」と客席に向かって感謝の言葉を送った。さらに「これだけ愛される作品にめぐり合い、演じさせてもらって、演じ切れたことに感動しています」と主演の仙崎大輔を演じ切った喜びを伝えると、多くのファンの後押しを感じ取った様子の伊藤は、思わず声を詰まらせ、涙を隠すように後ろを向いた。そんな伊藤の姿に、隣に立つ妻・環菜役の加藤あいも、もらい泣き。止まらぬ涙を、何度も手で拭った。


     シリーズを通してメガホンを取ってきた羽住監督は、劇場版第4弾となる本作について、「一番熱い海猿ができた!」と自信たっぷり。「皆さんに愛されたおかげ!」とファンヘの感謝の言葉でこの日のイベントを締めくくった。


     本作のタイトルの「BRAVE HEARTS」に込められたのは、「どんな困難な壁も、多くの人が集まって勇気ある一歩を踏み出せば、きっと乗り越えられる」という思い。スペシャリスト集団“特殊救難隊”隊員にステージアップした仙崎大輔が、原作の中で最大の海難事故である“ジャンボジェット機の緊急海上着水”に挑み、そんな思いを、今夏、映像を通して届ける。(福住佐知子)


    映画『BRAVE HEARTS 海猿』は7月13日より全国公開





    シネマトゥデイ

    lvn_6668069

     大ヒットシリーズ『バイオハザード』の最新作『バイオハザードV:リトリビューション』。前作同様ポール・W・S・アンダーソン監督が自らメガホンを取り、ミラ・ジョボヴィッチが主演する、今年最大のSFアクション大作のひとつだ。これまで日本を舞台にしていることがわかる場面写真や、ティーザー予告編、US版ポスタービジュアルなどが公開されてきた。また、アメリカではシリーズを通して重要な役割を果たす“アンブレラ社”の公式サイトがウェブ上にアップされるなど話題を振りまいていたものの、まだまだその多くは謎に包まれていた。
     しかし9月の公開を控え、本国アメリカでは14日(日本時間)にニューヨークのリーガルシネマでファンイベントが行なわれ、主演のミラ・ジョヴォヴィッチが登壇。ファンの質問に直接答え、その模様は世界各国でWEB中継された。

     そして、日本版最新予告編もついに解禁。徐々にその全貌が明らかになりつつある。



     新たに公開された映像の冒頭では、ジョヴォヴィッチ演じる主人公アリスがなんと主婦として登場。これまでのシリーズでは、世界中に“人間をアンデッドに変える”T-ウィルスが蔓延、人類のほとんどが死滅し世界は荒廃しきっていたはずだ。また、前作までで死亡したはずのキャラクター達も総登場しているのがわかる。シリーズ第一作で登場したアンブレラ社の特殊部隊隊員レイン(ミッシェル・ロドリゲス)や、ファンの間では名シーンとして知られる“レーザートラップ”で死亡したワン隊長(コリン・サーモン)、そしてやはり第三作で壮絶な爆死を遂げたカルロス・オリヴェイラ(オデット・フェール)などお馴染みのキャラクター達だ。さらにはシリーズ最強の敵としてお馴染みアルバート・ウェスカーまで再び姿を現している。いったいこの人物たちはどのような形で登場するのであろうか。ますます謎が深まる。

     さらには原作であるゲーム「バイオハザード」シリーズに登場したレオン・S・ケネディや、エイダ・ウォンとおぼしき東洋人も登場。映画版ファンのみならず、ゲームファンも胸を熱くする映像が満載だ。また、日本からは前回も登場した中島美嘉が再びアンデッドとして登場することが決定。今回はなんとミラ・ジョボヴィッチと直接対決し、アクションシーンにも挑戦している。日本を舞台に彼女がどのような活躍を見せるのかも気になるところだ。

     期待が高まるなか、新たな情報を待つより他にないが、どうしても気になる方は日本公式Facebookをチェックしてほしい。14日に行われたファンイベントのレポートなどが詳しく掲載されている。イベント内ではミラ・ジョボヴィッチの口から、次回作に関する重要な発言もあったようだ。

    『バイオハザードV:リトリビューション』は9月14日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

    『バイオハザードV:リトリビューション』 - 公式サイト
    『バイオハザードV:リトリビューション』 - 公式Facebook
    UMBRELLA CORPORATION - アンブレラ社公式サイト

    imagescc
    ベム、ベラ、ベロ、再び!
    -写真はテレビドラマより杏と鈴木福が演じたベラとベロ


     2011年10月から12月まで日本テレビ系列にて放送されたテレビドラマ「妖怪人間ベム」の映画化が発表された。映画版でも、妖怪人間のベム、ベラ、ベロ役には、KAT-TUNの亀梨和也、杏、鈴木福が続投。完全オリジナルストーリーで、ドラマ以上の特殊メイク、造形、CG、ワイヤーアクションを駆使し、映画化に挑む。


     1968年に放送された今も根強いファンを持つテレビアニメを、KAT-TUNの亀梨、人気女優の杏、人気子役の鈴木と旬のキャストを迎えて実写化した「妖怪人間ベム」。もともとの作品が持つ物語性と、特殊メイクなどのクオリティーの高さから業界関係者からも好評を得、平均視聴率15.6%、最高視聴率18.9%の高視聴率をマークしていた。


     人間になれずに生まれた妖怪人間のベム、ベラ、ベロが、その醜い容姿から人間に恐れられながらも、「はやく人間になりたい!」と悪と戦い、人間たちを救うというストーリーが展開される本作。今回の映画化決定の喜びを、亀梨と杏は口をそろえて、「はやく妖怪になりたい!」と表現。ストーリーとは真逆のコメントで気合いを語った。


     ドラマ最終回で、人間になることよりも人間を守って生きていくことを選び、北村一輝演じる夏目刑事たちの前から姿を消したベム、ベラ、ベロ。映画では、彼らが新たにたどり着いた街で起こる不可解な怪事件に挑んでいくという。亀梨は「彼らがどこでどのように存在しているのか、すごく気になっていたので楽しみです。またベラベロと会えること、そしてベムを演じられること、ワクワクしています」とコメント。


     杏は、「スクリーンの中で、さらに迫力あるベラを演じたいと思います」。映画で初恋が描かれるというベロ役の鈴木は、「大好きな亀梨さんと杏さんとまた一緒に撮影できるので楽しみです。僕はアクションが大好きなので、何かアクションシーンがあったらいいなあと思います。僕らしいお芝居を一生懸命がんばります! 夏の暑い時期の撮影だけど、妖怪人間なので汗をかかない様に、虫に刺されない様に『最高の妖怪人間チーム』目指してがんばります」と大人顔負けのコメントを寄せている。


     なお、撮影は、7月、8月の約2か月間、都内スタジオと北海道で行われる予定。脚本、監督は、テレビドラマ版から引き続き、西田征史、狩山俊輔が務める。(編集部・島村幸恵)

    『映画 妖怪人間ベム』は12月15日より全国公開


     シネマトゥデイ

    007e82ef7056e838faade360378bf5ea-m
    映画『のぼうの城』
    (C)2011『のぼうの城』
    フィルムパートナーズ



     「天下統一目前の秀吉が唯一、落とせなかった城があった」

     累計130万部を突破した大ベストセラーを映画化した『のぼうの城』(11月2日公開)の予告映像が公開された。本作は、8年の歳月を経て、ようやく映画化を実現させた史上最大級の戦国エンタテイメント。東日本大震災後に公開延期を発表していたこともあり、本作の公開を心待ちにしているファンは多いだろう。

     本作は、『ゼロの焦点』の犬童一心監督と『日本沈没』の樋口真嗣監督が異例の“ダブル監督”で手掛ける超大作。圧倒的軍勢で攻めようとしている豊臣秀吉と、周囲を湖で囲まれた“浮き城”の異名を持つ“忍城”の圧倒的不利な戦が始まった。豊臣軍2万人に対し、忍城軍は500人。忍城軍の総大将は、将に求められる智も仁も勇もないが、民衆から「のぼう様」と呼ばれ、誰も及ばないほどの「人気」を誇る成田長親。石田三成率いる大軍に包囲され、絶体絶命の時、民を守るため、この男が打ち出したとんでもない秘策とは……。

     今回、公開された予告映像がこちら。

     主演を務めるのは、映画『陰陽師』以来8年ぶりの映画主演となる野村萬斎。その他、榮倉奈々、佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳大、市村正親、鈴木保奈美、西村雅彦、平泉成、夏八木勲、中原丈雄、前田吟、中尾明慶、尾野真千子、芦田愛菜といった実力派のキャストが勢揃いする。彼らが繰り広げる、喜怒哀楽にあふれた人間ドラマに注目だ。

     原作は、本作で脚本を務める和田竜が手掛けたオリジナルの脚本をもとに自身が書き下ろした小説。2008年に第139回直木賞にノミネートされ、翌年、本屋大賞2位を受賞し、歴史小説ファンはもちろんのこと、若年層から女性層といった幅広い支持を集めている。

     主題歌は、今年結成30周年を迎えるエレファントカシマシが担当。本作のために書き下ろした“ズレてる方がいい”は、大規模な合戦や、圧倒的勢力の豊臣軍が田舎城を相手に仕掛ける驚天動地の“水攻め戦術”など、壮大なスケールで描く本作をさらに盛り上げる。

     果たして、成田長親は機代の名将だったのか。それとも、ただの大馬鹿者だったのか。戦乱に埋もれた驚きの大逆転の実話が劇場で明かされる。

     映画『のぼうの城』は、11月2日(金)より全国ロードショー。

    映画『のぼうの城』 - 公式サイト



     http://news.livedoor.com/article/detail/6636533/

    titanic
    米エンターテインメント・ウィークリー誌が、映画史に残る映画主題歌ベスト15を発表した。

    セリーヌ・ディオンによる「タイタニック」の主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」や、ホイットニー・ヒューストンの「ボディーガード」主題歌「アイ・ウィル・オールウェイズ・ラブ・ユー」といった大ヒット曲から、「オズの魔法使」の「虹の彼方に」(ジュディ・ガーランド)や「ティファニーで朝食を」の「ムーン・リバー」(オードリー・ヘプバーン)といった往年の名曲まで、15曲が選ばれている。

    同誌が選ぶ映画主題歌ベスト15は、以下の通り。

    セリーヌ・ディオン/マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(「タイタニック」)
    アイザック・ヘイズ/黒いジャガーのテーマ/(「黒いジャガー」)
    ホイットニー・ヒューストン/アイ・ウィル・オールウェイズ・ラブ・ユー(「ボディガード」)
    ジュディ・ガーランド/虹の彼方に(「オズの魔法使い」)
    ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ/タイム・オブ・マイ・ライフ(「ダーティーダンシング」)
    オードリー・ヘップバーン/ムーンリバー(「ティファニーで朝食を」)
    バーブラ・ストライサンド/追憶(「追憶」)
    ブルース・スプリングスティーン/ストリーツ・オブ・フィラデルフィア(「フィラデルフィア」)
    アイリーン・キャラ/フェーム(「フェーム」)
    ランディ・ニューマン/君はともだち(「トイ・ストーリー」)
    エミネム/ルーズ・ユアセルフ(「8MILE」)
    シンプル・マインズ/ドント・ユー?(「ブレックファスト・クラブ」)
    グレン・ハンサード&マルケタ・イルグロバ フォーリング・スローリー(「ONCE ダブリンの街角で」)
    エルトン・ジョン/サークル・オブ・ライフ(「ライオン・キング」)
    ポール・マッカートニー&ウイングス/007 死ぬのは奴らだ(「007 死ぬのは奴らだ」)

    【動画】米誌が選ぶ映画主題歌ベスト15 まとめ



     http://news.livedoor.com/article/detail/6621782/


    20299_90_310162b3b6be9101fa28e41064cc6290-m

    人気テレビドラマの映画化。今となっては何も珍しい事では無く、最近では人気が無かった作品でも映画化されてしまうほどだ。テレビドラマが映画化されるメリットは「大好きな作品の心地良い空気感をまた味わえる」ところにあるだろう。
    『相棒』『ルーキーズ』『海猿』など、超人気ドラマの映画化はどれも大成功。もちろん、映画ならではのスケールの大きさや、ドラマでは出来ない複雑なストーリーも魅力だろうが、多くの人は「あのキャラクター達にまた会いたい!」と映画館に訪れ、ホクホクした満足感と共に家路につくのだろう。

    そういった意味で、6月9日に公開される映画『ホタルノヒカリ』はドラマファン大満足の仕上がりだ。主人公・蛍(綾瀬はるか)と高野部長(藤木直人)のハネムーン旅行をテーマに、舞台はローマに移ったものの、ドラマのまったり、のんびり可愛い雰囲気はそのまま。

    松雪泰子演じるローマ在住の干物女や、彼女の弟など新キャストが登場し、高野部長が突然消息を絶つ! というトラブルもあり、2時間弱の映画はそれなりにドタバタするのだが、さすが“ゴロゴロ~マ”な新婚旅行。蛍のマイペースさは相変わらずなのである。

    ドラマファンで無くとも、テレビCMや映画館などで予告編を観た方は分かると思うのだが、とにかく綾瀬はるかの可愛さが爆発しているのがこの作品。ローマでもトレードマークの“チョンマゲ頭”は健在で、夫の「ぶちょお」とお揃いのジャケットを着てローマ観光、石の階段をゴロゴロと転げまわる姿に、心の中で「萌え死にするわ!」と叫んだほど。

    また、ローマ版干物女のキャラクターも面白い。“干物女”とはそもそも、仕事や家の外ではしっかりしているが、家の中ではズボラな女性を指すが、綾瀬はるか演じる蛍は、外でもフワフワ柔らかい雰囲気がにじみ出ている。しかし、松雪泰子演じる莉央の様なキリっとした美女がジャージ、ちょんまげ姿で登場するのはさらにギャップがあってたまらない。

    蛍も莉央も、ベースが美女だけあってだらしない格好をしていても全く下品ではない。実際にオトナの女性がちょんまげジャージ姿で、寝転びながら缶ビールを飲んでいたら、それはそれでちょっとしたホラーだと思うのだが、2人はそんなこと全く感じさせないのである。

    しかし、逆に考えれば干物女でいても許されるのは、見た目と雰囲気の可愛らしさがあってこそ。「蛍があんなに可愛いんだから、自分もこうでいいんだ!」等という都合の良い話は実際には通用しないのである。映画を観ながらふとそんな事を考えてしまった。

    もちろん、映画はとびきりキュートで元気が出る内容なので、こんな筆者のネガティブな考えは忘れて思い切り楽しんで欲しい。『ホタルノヒカリ』はリアルな部分もありつつ、基本は女子の憧れがつまったオトナのおとぎ話。だって、あんな素敵な「ぶちょお」と、素敵な縁側がある生活。夢のような世界だ。 (中村梢)

    ■公開情報
    ホタルノヒカリ
    (C)2012「映画 ホタルノヒカリ」製作委員会
    2012年6月9日(土)全国東宝系ロードショー!
    配給:東宝








     
    http://news.livedoor.com/article/detail/6604856/

    20120605-00000002-flix-000-0-thumb

     4日、銀座シネパトスにてセクシー映画『けっこう仮面 新生-REBORN-』の舞台あいさつが行われ、主演するセクシー女優の希志あいのほか、戸田れい、笠木望監督、脚本の小松公典が登壇して赤裸々トークを繰り広げた。

     本作は、永井豪による人気マンガの実写映画化。ほぼ全裸に赤い仮面をかぶったヒーローけっこう仮面が、スパルタ学園内で行われる体罰から女生徒・高橋真弓を助け出すセクシー・アクションだ。これまでアニメや実写で幾度となく映像化されている人気作とあって、会場には多くの男性ファンが集まり、希志と戸田が登場すると、大盛り上がりとなった。

     けっこう仮面に助けられる女子高生・高橋真弓を演じた希志は、生脚きらめくワンピースで登場し、「撮影前に(予習のため)DVDを借りようと思ったら、全部借りられていました。でも、(タイトルが)新生なので、それが逆に良かったんじゃないかな」と前作を知らないまっさらな状態で撮影に望んだと明かしつつ、自信のアピール。


     一方、希志と同じくスパルタ学園に通う女子生徒を演じた戸田は、「パワーのある綾波レイみたいに」と監督から指示されていたそうで「パワーがあったら綾波レイじゃないし、難しくて家に帰ってすごく考えました」と撮影中の悩みを告白。すると、すかさず笠木監督から「あれは困らせて、困った顔をみたかっただけです」と今になって明かされて「えー」と声を上げて驚いていた。


     劇中、エロ教師に辱めを受けるシーンもあるという希志は、囲み取材で「アイマスクして拘束されるシーンがあって。縛られっぱなしで、猿ぐつわまでされて大変でした」と告白。一方の戸田は、希志と女子高生同士の禁断の愛に発展することをノリノリな様子で明かし「愛し合って乳を触ったりもするんですよ。きっしー(希志)に乳を何回触られたことか」とにんまり。希志も「胸触っちゃました」とうれしそうにはしゃいでした。(取材・文:中村好伸)


    映画『けっこう仮面 新生-REBORN-』は6月2日より銀座シネパトスにて1週間レイト公開中

    関連記事
    【動画】少女ヒーローが活躍!セクシーなおっぴろげジャンプさく裂!顔を隠して体隠さず!「けっこう仮面」映画版予告編公開!



     http://news.livedoor.com/article/detail/6625979/

    N0042649

     眉村卓のジュブナイルSFを初めてアニメーション映画化した『ねらわれた学園』の特報映像が解禁され、そのキャラクターデザインや世界観が明らかになった。原作小説の表紙絵からイメージを一新しており、甘酸っぱい青春物語になることを予感させる仕上がりとなっている。


     花びらの舞い上がる幻想的な夜の描写からスタートする特報映像は、約30秒という短いものながら、鮮烈なビジュアルイメージがたっぷり。秘密基地を思わせる部屋、太陽の光に輝く通学路、そして日の差し込む教室……光の巧みな使い方とも相まって、きらきらとした青春を連想させるノスタルジックな描写の数々に多くの人が心をつかまれるはずだ。


     同時に公開された画像も、さわやかなイメージを前面に押し出したものに。また、オープニングテーマをクリエイター集団「supercell」が担当することも併せて発表された。


     本作は、古都・鎌倉の中学校を舞台に、2年生に進級したケンジとその幼なじみのナツキ、ひそかに気になる存在のカホリをめぐる淡い青春、そして謎の転校生・京極の出現により揺らぎ始める彼らの日常を描いた作品。これまでに薬師丸ひろ子や原田知世主演で実写化された眉村卓の同名小説を、サンライズと中村亮介監督が
    新たな解釈で初アニメーション映画化する。(編集部・福田麗)


    映画『ねらわれた学園』は2012年秋全国公開

    '>'> 

    http://news.livedoor.com/article/detail/6618526/

    N0042689

     SMAPの香取慎吾が、映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(9月7日公開、本広克行監督)で、シリーズ最後にして最凶の犯人を演じることが明らかになった。主演の織田裕二とは1998年のテレビドラマ「恋はあせらず」以来14年ぶりの共演になり、香取は「自分の持つ力を出しきって、織田さんと勝負したい。織田さんに負けません」と宣戦布告。その圧倒的な存在感でシリーズ15年の歴史を締めくくる。


     もともとシリーズの大ファンだったという香取。だが、過去の同シリーズにSMAPから稲垣吾郎が犯人役として出演していたため、「稲垣くんが出演したときに自分の出演はないなと思いました」とあきらめていたそう。それだけに、念願ともいえる今回の出演については「ファンの一人として『踊る』の世界に入れる夢が叶いました」とその感動を明かしている。


     しかも演じるのは、15年にもわたるシリーズ最後にして最凶の犯人。通常の犯人役とは異なり、せりふは極端に少なく、台本にもほとんどその感情が書かれていないという難しい役どころだが、本広監督は「普段あまり見せない狂気の芝居を見せてくれてます。その表情だけでものを語れる役者としての香取さんにすごい魅力を感じました」と絶賛。そして、香取演じる犯人がクライマックスで「これは正義だ!」と言い放つことも明かされており、青島とどのような対決をするか、ファンは要注目だろう。


     同シリーズの犯人役には、毎回大物ゲストがキャスティングされることでも知られている。香取について、フジテレビの立松嗣章プロデューサーは「『踊る』の最後の事件に相応しい犯人役として、圧倒的な存在感で勝負できる香取さんにお願いしました。セリフは少ないのに、その迫力ある表情とオーラだけで周りを引き付けてしまう迫真の演技に圧倒されました」とその鬼気迫る演技を振り返る。前作では、過去のシリーズに登場した悪役が勢ぞろいしたことも話題になったが、本作の香取もそれに劣らない悪役といえそうだ。(編集部・福田麗)


    映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』は9月7日より全国公開


     http://news.livedoor.com/topics/detail/6615061/

    このページのトップヘ