映画



    スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション 
    SCREAM 4
    2011/アメリカ R15+ 監督:ウェス・クレイヴン 主演:ネーヴ・キャンベル
     支那蕎麦を食するのはいいのだが、1日ほど時間を置くと、また支那蕎麦を食したくなる。で、支那蕎麦を食し、また1日ほど時間を置くと、阿呆なのか、これまた支那蕎麦を食したくなるのである。
     これは油中毒に由来する反復で、何度も同じ店に、同じ時間帯に行く辺り、ワガがワガをトレースする完璧なる反復なりけりと堂に入っておると、何度も何度もちゅるちゅると麺を食らい、ずびずばと汁を啜るワガをどこか冷めた目で見ておるワガも存在するのであって、そんな高位のワガの視点、これをメタ視点、ちゅうん、ですか。こうしたものを拗らせると、支那蕎麦を食するだけに留まらず、何をするにも自分が阿呆のように思えてきて、人生の暗渠を行くが如き気持ちになり、胸には虚無が広がり、あらゆるものが相対化・無力化されて何をしてもちくとも楽しくなく、わあ、と絶叫すると発作的にビルの屋上から身を投げた、なんて末路は嫌だな。僕は嫌だな。
     ところがメタとハサミは使い様、なんてことを申して、反復行為のうちに頭上に生じてくるメタ視点を、こう、上手いこと、クイッとやると、勢い増して米鬼撃滅、何となくはくはくしたものになって、反復行為にメタ視点を添えて提示する、なんてこともできるのであって、色々な映画がそれをやっちゃ大受けし、それをやっちゃ白けられ、味噌と糞の分別がつき辛くなったので御座るよ。

     で、まあ、たぶん、糞ではなくて味噌の方だとは思うが、『スクリーム』シリーズは映画内映画、ホラーの法則を逆手に取る、などの小細工を散々に弄した挙句、メタ視点をシリーズに施療することに成功し、3作も出たのち10年も経って4作目を出すなど、視点がより高次へ高次へと高まり、メタ、メタメタ、メタメタメタとメタタタタなことになっておる。そんな高次元を女子高生の下履きでも覗き込むかのように下から見上げてみたのだが、はは、これは陳腐な視点しか持ち合わせぬ下郎の独り言でございますが、どことなーく、何となーく、原点回帰って言うかさ、リブートしたいんちゃうけ? と思わせるような安心感・安定感があったのだね。

     映画内映画『スタブ』も7作目まで公開されており、もうネタ切れだからタイムスリップの要素まで取り入れちゃったよなんて会話で人を煙に巻いた矢先から、つるるるるるっ、つるるるるるっ、なんつて電話が鳴って、「お前の好きなホラー映画はなんだ?」と例のメッセージが聞こえてくる。あんた誰よ、いたずらはやめなさいよ、と定番のレスポンスを返していたら、ゴーストフェイスがだっだーんと出現、ふんふん言って犠牲者を刺し殺し、ウッズボローの連続殺人事件がまた始まりました、という導入部分からして、1~3作目に続く反復なのだが、実はもうかなりメタ的。『SAW4』の悪口をのたまいつつ、『ファイナル・デスティネーション』みたいね! なーんて台詞を言わせてみたり、それら中堅どころのジャンル映画の名を挙げながら、敢えて80年代スラッシャーの装いを見せるという、よそ様の作品をばりばりに意識した上でのメタ。他にも大量に名作ホラーの名を列挙したり、ホラーオタクは死なないんだ!→殺す。ゲイは死なないはずだけど!→殺す。という、予断を許さない殺人は、主人公シドニー(ネーヴ・キャンベルの続投!)の主人公ゆえの身の安全を担保するものではなく、最後の最後の最後まで観客を翻弄する。大体が無茶ら苦茶らなこじつけであるからして、今回犯人を当てる、フーダニットは不可能に近いのだが、その真犯人ですらもメタにメタを重ねて挙句が結局シリーズ通しての安牌に落ち着いてしまったというところもまた良し。

     とは言い条、時間は流れる、時代は変わる、この不可逆性に殉ずるかのように、世代的なガジェットも持ち込まれておって、殺人のネット中継やケータイ電話によるSNSなんかはその最たるもの。にも関わらず、肝心要のスラッシュ・シーンはといえばナイフでざっくり、ナイフでぐっさり、といったアナログ極まりない手法。ここら辺にウェス・クレイヴン逡巡と決断があったようにも思えるのだが、メタをメタたらしめるには変に屈託することなくして、真正面から魅せてくれようとしたのではなかろうか。だとしたらこのナイフでざっくり、ナイフでぐっさりは、ホラーファンに対する10年越しの福音である。

     真犯人のしょうむないしょうむない動機も何のその、冒頭から「今さら続編!?」という観客の気持ちをキャラクターに代弁させるやり口や、オリジナルを改悪すんな、馬鹿野郎。といったエモーショナルが本作の、ひいてはスラッシュ映画の払暁っぽくもあり、庶人である乃公などはホラー映画の地肩の強さを再確認すると同時に、丹田の辺りに楽しさを感じてならんのである。そうした意味で本作はシャイニーであり後光に彩られており、ついでに言うとオリジナルキャストの3人の老け具合も気にならんくなるのである。例え20年後に『スクリーム5』が公開されたとしても俺は観るね。たは。


    元記事

    元記事181024p


     ゴールデンウィーク最終日の渋谷スクランブル交差点に“貞子”の集団が登場、一時、パニック状態になった。

     これは『リング』シリーズの完全最新作、映画『貞子3D』のプロモーションの一つ。「大増殖祭」と銘を打ったこのイベントでは、これまでケロロ軍曹とのコラボ、プロ野球の始球式など、世間をにぎわせてきた。そして、その最後のお騒がせイベントとして、50人以上の貞子が渋谷の街頭に出現する街頭ジャックイベントが実施された。

     突如現れた大量の貞子の姿に、渋谷の街はパニック。悲鳴を上げ、思わず後ずさる通行人やその姿に泣き叫ぶ子供たち。しかし、怖いもの見たさか、貞子たちに近寄る勇気ある人々も。そんな勇気ある人々へは、なんと貞子から呪いの手紙をプレゼント。本作の公開につき、暗い井戸の中からはい出してきてはさまざまなプロモーションに励んできた貞子。その様子に「かわいい!」「頑張って!」など、意外にも多くの方々から応援を受けてきた彼女は、ここでも意気揚々と呪いのつまった手紙を配り、しっかりと本作の恐ろしさをPRしていた。

     貞子からの手紙には「意外とナイス・バディ」「呪演女優賞はもらった…」などといったお茶目な内容が。中にはベビーカーに乗った赤ちゃんが貞子から手紙を受け取る姿も見られ、手紙をもらった人達は、大はしゃぎの様子でした。

     さらに、渋谷などの都心を中心に巨大な貞子人形をのせた“メガ貞子”なるトレーラーも登場。今回の渋谷ジャックを皮切りに、各所都内を走行して呪いを拡散していく予定だ。

     映画『貞子3D』は、5月12日(土) 全国ロードショー!!
    最も怖いジャパニーズホラーランキング(動画 予告)

    mono130301_pho01


    小栗旬と岡田将生。見栄えバッチリのふたりが、日本人を代表する宇宙飛行士として登場してくれたら、そりゃあ、カッコ良いよなぁ。と、ミーハー心の芽生えを、まずは抑え込んで……。

    『宇宙兄弟』が映画になった。また、人気コミックが原作??と、正直、軽い失望感に襲われもしたが、日本のコミックには面白いネタが詰まっているのも、また事実。累計発行部数750万部を突破している原作コミックを映画化したいと思うのは、製作サイドにとっては自然な流れだろう。とはいえ、本作の場合、原作は17巻を発刊した今なお連載中。つまり、未完のストーリーをひとつの作品に仕上げたワケである。

    熱烈なファンには頷けないところも多々あるかもしれない。だが、「膨大な原作の素材を、非常に上手く料理した作品」というのが、筆者の印象だ。本作は、原作そのままのセリフやエピソードを盛り込みながらも、“あるひとつのテーマ”に絞り込むためには多くを削ぐのも止む無し判断し、キャラクターやエピソードを潔くカット。映画版として、きっちりと再構築させている。

    さて、映画版はテーマをひとつに集約させた。あるひと組の兄弟の物語として、だ。いつも一緒だった兄と弟。まだ幼かった日のこと、ふたりは偶然、UFOを目撃する。そして「2人で一緒に宇宙に行こう!」と約束を交わした。それから19年後、ツンツン頭がトレードマークの弟ヒビトは見事に宇宙飛行士となり、間もなく月へと旅立とうとしていた。一方、天然パーマの兄ムッタは、弟のことを悪く言われて上司に頭突き。会社をクビになってしまう。そんな時、ムッタのもとに宇宙航空研究開発機構(JAXA)から宇宙飛行士選抜試験の書類選考通過の知らせが届く。それはヒビトが応募していたものだった。

    ここから月へと旅立つ弟と、宇宙飛行士になるべく試験に挑む兄との物語が、平行して描かれていく。

    コミックが映画になる場合、最も気になるのがキャスティング。小栗&岡田の兄弟コンビは、なかなかのムッタ&ヒビトぶりを披露している。特に、キャラクターを完全に消化してみせたのが小栗。筆者は特別、小栗のファンというワケではない。だが、本作の小栗は、かなりイイ。

    弟のことを一番に想い、同時に優秀な弟に対するひけ目を感じ続けているムッタ。自身にも他にない素晴らしい才能が秘められていることに気づいていないムッタ。少々情けない三十路男なのだが、小栗は、彼を非常に親しみやすく、愛すべきキャラクターとして演じている。何より、ただひとりで画面に映し出されてたときの支配力がスゴイ。その表情ひとつで、観客を惹きつける魅力を持っていることに、気づかされる。

    兄弟の物語が軸になっていると述べた本作だが、実は小栗と岡田の共演シーンは10分ほど。それにも拘わらず、ふたりの間にはきちんと兄弟としての血が通っている。ちなみに、こちらも重要となってくる、子ども時代のムッタとヒビト。この子役が、ちゃ~んと小栗と岡田にリンクしているのもスバラシイ。時代の見せ方や、月面での事故後の処理など、物足りなさを感じる部分もあるが、ラストは身を任せ、心地良い気分で劇場を後にしてほしい。

    『宇宙兄弟』は5月5日よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国東宝系にて公開される。(文:望月ふみ/ライター)





    http://news.livedoor.com/topics/detail/6530115/








    images55555




    元SDN48の大堀恵が初主演を務める映画『口裂け女 リターンズ』の制作が発表された。大堀は、口裂け女と戦ううちに自らも口裂け女となってしまう大学院生・愛理を演じる。


     都市伝説として広まり、これまで数々のドラマや映画に登場してきた口裂け女。大きなマスクをして、「わたし、きれい?」と尋ね、「きれい」と答えると、「これでも?」とマスクを外して裂けた口をあらわにするというが、今回の映画では口裂け女と出会った女性も口裂け女となり、口裂け女対口裂け女の戦いが勃発するというこれまでとは少し趣の異なる作品だ。


     出演は、大堀のほか、里久鳴祐果、小澤真利奈、山下まみ、杉本凌士、加瀬信行、花秋奈津。口裂け女を生き神と称してまつる村を、何も知らずに訪れた大学院生の愛理(大堀)ら4人の口裂け女との戦いが描かれる。(編集部・島村幸恵)


    映画『口裂け女 リターンズ』は2012年夏公開予定


    元記事

    194822










    テレマエ・ロマエ 公式サイト



    映画「テルマエ・ロマエ」が公開初日を迎え28日、“古代ローマ人”役の阿部寛(47)、北村一輝(42)、宍戸開(45)、市村正親(63)と、“平たい顔族(日本人)”役の上戸彩(26)、竹内力(48)、笹野高史(63)らが都内の劇場で舞台あいさつを行った。

     職を失った古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウス(阿部)が、現代日本の銭湯にタイムスリップしたことをきっかけに名声を高めていくコメディー。

     “ローマ人”役の面々は“濃い顔”と言われるのが嫌で嫌で仕方がない様子だったが、市村は「(撮影前は)こんな薄いしょうゆ顔で(ローマ人役が)務まるのかなと思っておりましたが、(ロケ地の)ローマに行って阿部ちゃんとか、一輝とか、開さんの顔を見てみると、僕もこっちの“部族”なんだなあと感じました」としみじみ実感。

     なぜか“平たい顔族”にキャスティングされた竹内は「“古代ローマ人”の方々はローマに撮影に行きましたが、私は行っておりません。劇中では行ったことになっておりますが、現代ローマには行けなかったので、『パート2』ができた時には“現代ローマ人”の役でもいいから、先生、連れて行ってください」と原作者のヤマザキマリさん(45)にお願いした。

     北村はこの日が、本作のプロモーションイベントに初参加となる。
     “ローマ人”4人衆に竹内を加えた5人によって「濃い顔NO.1決定戦」が行われ、観客の拍手が一番多かった北村が1位に選ばれた。
     「こんだけ拍手をもらって微妙な気分というのもあまりない経験ですが、僕の中では市村さんが一番“濃い”と思っていますし、阿部さんの“眼圧(がんあつ=目力)”もすごいですよ」と必死に訴える北村を横目に、阿部は「20年間、ソース顔と言われて苦しんできましたが、やっとすっきりしました」と満面に笑みをたたえた。

    日テレNEWSより
















    196212

    中谷美紀が「人」「猫」そして「擬音」まで、6役以上、全役の声優を務めているテレビアニメ「くるねこ」が28日より公開される映画『貞子3D』とコラボレーションしたマナー特報が制作されたことが明らかになった。「貞ね子」と題されたこのマナーCMは、角川シネマ新宿、角川シネマ有楽町にて上映中で、28日より全国のワーナーマイカルシネマズ「シネマンズショー」、シネプレックスほかにて上映される予定。

     
    5匹の猫と飼い主の日常をコミカルに描いたテレビアニメ「くるねこ」。マナーCMでは、5匹の猫と飼い主の初めての映画館での物語が描かれる。劇場で自由気ままにやりたい放題の猫たちに飼い主があきれて注意していると……? 公開された画像には、「貞ね子」であろう猫(!?)が5匹の猫たちをトレードマークの長い髪で押さえ込んでいる姿が描かれており、コミカルでちょっと怖い(!?)「貞ね子」の世界観をほうふつさせている。

     
    石原さとみ、瀬戸康史、山本裕典らが出演した映画『貞子3D』は呪いの動画をめぐる心霊現象を、これまで映画『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』などラブコメディーを得意としてきた英勉監督が描いた作品。先日は東京ドームで始球式を行うなど大活躍中の貞子は、「ハローキティ」「ケロロ軍曹」ともコラボレーションを果たしており、「くるねこ」とのコラボレーションは第3弾ということになる。(編集部・島村幸恵)

    映画『貞子3D』は4月28日より全国公開
    オリジナル劇場マナーCM「貞ね子」は角川シネマ新宿、角川シネマ有楽町にて上映中、28日より全国のワーナーマイカルシネマズ「シネマンズショー」、シネプレックスほかにて上映

    元記事



    貞子始球式 youtube動画記事


    最も怖いジャパニーズホラーランキング!まとめ


    imagesCA7MWZ4H
     [シネマトゥデイ映画ニュース] ホラーキャラクターの代名詞である「貞子」が、4月25日に行われる北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズの始球式に登場することが明らかになった。貞子が始球式に登場するのは、もちろん日本プロ野球史上初の出来事だ。


    貞子が3Dになるということで話題の映画『貞子3D』。その公開に合わせて3次元の貞子が始球式を行うことになった。どういったビジュアルで登場するのかはもちろん、どんな球を投げるのかに注目だ。

     日本で最も有名なホラーキャラクターとして、その呪いの存在がよく知られている貞子だけに、対峙(たいじ)したバッターにいかなる不幸が降りかかるかも不安材料の一つ。もちろん、その姿を目にしてしまうことになる観客もただではいられない……かもしれない。

     映画『貞子3D』は、ハリウッドリメイクもされた人気ホラーシリーズ第4作。これまではテレビの画面から飛び出して恐怖を振りまいてきた貞子が、今回は動画投稿サイトを通して出現する。出演は石原さとみ、瀬戸康史など。

    映画『貞子3D』は5月12日より全国公開


    元記事


    YouTube再生回数20000000回を超えた「グレイヴ・エンカウンターズ」

    ん~

    洋画ホラーをみてもあまり怖く感じないのは私だけなのか

    CG使ってて絵的には迫力あっていいけど
    怖いっていうよりビックリだけっていうか

    もっとゾクゾクおぞましい鳥肌感が欲しいんだけどなあ

    ホラーと戦争映画に限っていえば洋画より邦画ですね

    私は、ですけどね

    感情移入しにくいからかも

    DVDレンタル始まったらでいいかな、うん




    6/1(金) 全国ロードショー


    にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへCoRichブログランキング



       貞子3D~解禁動画 




    携帯→http://www.youtube.com/watch?v=sBHz29MzPsw&sns=em

    懐かしいですね


    「リング」が公開されたとき、映画館で見ましたよ


    貞子がテレビから出てくるなんて思いもしてなかったから、恐怖で思わず逃げようとしたことを覚えてます


    あの頃はまだ純情だったのね..きっと


    「貞子3D」 動画みたけどニコニコとか出てきてたりしてちょっとリアルでおもしろそう


    そういえば前に実際ニコニコで自殺実況してた人いたなぁ


    普通に見てたけどいい気分はしませんよね


    今回は3Dだから一回目は前より怖いかもしれないから、時間があったから見に生きましょ

    304da26c.jpg

    人気ブログランキングへ






    このページのトップヘ