気になるニュース

    1:2014/04/15(火)11:31:46 ID:

    パトカー追跡事故:バイク街路樹に衝突、中2重傷 茨城 - 毎日新聞
    http://sp.mainichi.jp/select/news/20140415k0000e040173000c.html

    《記者のまとめ》
    中2
    ノーヘル
    無免許
    原付
    縁石
    街路樹
    ハネ萬
    えー、これ以上のコメントは要らんとは思いますが…
    14日午後五時頃、茨城県土浦市で、
    近所から、ガキが原付に乗り出しそう、との通報を受けて検索中のパトカーが、
    ガキを発見して追跡。
    あえなく転倒。
    「追跡行為は適正だった」
    とのコメントまでテンプレ通り。

    詳細は読むまでもありませんがソースまでどうぞ。
    ツイッター@opensorenari


    元スレ:http://www.uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397529106/
    【ノーヘル中2男子(無免許)、パトカーに追われ縁石→街路樹のコンボ…なお重症の模様】の続きを読む

    1:2014/04/14(月)21:56:34 ID:

    STAP細胞の論文問題で、捏造・改ざんなど研究不正の指摘を受けている
    理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)に対し、外部の学術研究者から複数の“ヘッドハンティング”の誘いが入っていることが14日、分かった。

    代理人の三木秀夫弁護士によると、理研と研究不正問題で意見対立している小保方氏に対し、研究資金・設備などの提供を申し出て「うちで研究をやらないか」との誘いだという。

    勧誘の主は科学者や、別ジャンルの学者もいるという。

    小保方氏は9日の会見で「私に研究者としての道が残されているなら」とSTAP細胞の研究続行を強く希望し「研究を前に進めてくれる人がいるなら協力していきたい」と語っていた。

    STAP細胞の作製が立証されれば世界的発見となるだけに、外部学者も今回の“停滞劇”を静観してはいられないようだ。
    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/04/14/0006863720.shtml

    【【STAP細胞】 「うちで研究をやらないか」・・・小保方氏に、外部の学術研究者から複数の“ヘッドハンティング”の誘い】の続きを読む

    1:2014/04/12(土)11:45:18 ID:

     【ニューヨーク共同】米インターネット検索大手グーグルは10日、カメラやインターネット機能を備えた眼鏡型端末「グーグル・グラス」のテスト版を1日限定で米国内の成人向けに販売すると発表した。
     これまで開発者などに向けて先行販売していたが、対象を一般消費者にも拡大、今後の開発に役立つ意見を募集する。価格は1500ドル(約15万円)。販売開始は米東部時間の15日午前9時で、オンラインで注文を受け付ける。
    米国内の配送先住所が必要。グーグルは「数量限定」としている。
    http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-2317434/
    http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20140411/Kyodo_BR_MN2014041101001962.html
    【グーグル・グラスを米で限定販売 眼鏡型端末、価格は15万円】の続きを読む

    1:2014/04/13(日)14:38:28 ID:

    愛犬が難病になってしまったら、どうすればよいのか。獣医療の世界が劇的に進化するなか、3月19日に発売された『犬の名医さん100人データブック』(小学館)編集部の協力のもと、犬の心臓外科の名医と最新治療を紹介しよう。

     住環境などの影響で、欧米と比べると日本で飼われている犬の割合は、圧倒的に小型犬が多い。当然ながら、小さくなるほど外科手術の難易度は上がる。

     先天性心疾患の動脈管開存症、肺動脈狭窄症の矯正手術を日本で初めて成功させ、後天性疾患である僧帽弁閉鎖不全症の小型犬への形成術を世界で初めて成功させたのが、茶屋ヶ坂動物病院の金本勇院長である。

    「僧帽弁閉鎖不全症は、心臓の弁を支えている腱索というヒモ状のものがだんだん伸びてきて、ある日ぷつんと切れて、突然、呼吸困難を起こしたりします。高齢の小型犬に多く、特に10歳くらいからものすごく多くなってきますね。いま、ワンちゃんの心臓病で一番多いのがこの病気です」(金本氏。以下「」内同)

     2002年に消費者金融『アイフル』のCMに出演したチワワ“くぅ~ちゃん”の大流行を覚えている人は多いだろう。

    「実はそのとき飼われた子たちが10歳ぐらいになるものですから、今チワワにこの病気が非常に多いんです。キャバリア、シーズーといった犬種にも多い。親がこの病気で亡くなっていると遺伝する可能性が高くなります」

     発症前の兆候としては、咳が出ることがあげられる。

    「咳っていうと呼吸器のほうの病気を疑いますけど、心臓から来る咳もあるんです。風邪や肺炎と間違えられることもよくありますね」

     内科的治療で改善がみられない場合は、心臓の病気を疑うことも必要というわけだ。手術には人間の子供用の人工心肺が使われ、1~2週間の入院が必要となる。

    「費用は100万円としていますが、人工心肺の実費で30万円。麻酔代と手術代と術後管理を含めますから、足が出るんです。大変ですよ(笑い)」

     採算度外視で診療にあたる名医のもとには、遠方から愛犬を連れてくる飼い主も多い。
    http://m.news-postseven.com/archives/20140413_250429.html

    【「アイフル」のCMに出演したチワワの大流行から10年、心臓病のチワワが増えている】の続きを読む

    1:2014/04/12(土)23:16:24 ID:

    小保方氏が9日に開いた記者会見が思わぬ反響を呼んでいる。

    代理人の三木秀夫弁護士(58)によると、涙ながらに「研究を続けていきたい」と訴えた小保方氏にファンレターが殺到。
    激励の電話も相次いでいるという。

    三木氏の事務所には1週間前から1日1~2通の手紙が届いていたが、9日の会見後には、電話やファクスが20件以上寄せられた。

    手紙は、「ファンレターみたいな感じで累計40~50通」(三木氏)で、「かわいそうだ」「僕でよかったら力になります」などの激励が大半。
    男女比は半々だという。小保方氏は手紙に目を通しているもようで、会見から一夜明けた10日には三木氏に「ありがとうございました」と電話を入れたという。

    ソース
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140411/dms140411015-n1.htm

    元スレ:http://www.uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397312184/
    【小保方晴子さんにファンレター殺到 「僕でよかったら力になります」】の続きを読む

    1:2014/04/12(土)17:39:03 ID:

    【4月11日 AFP】ハエは身の危険を感じたとき、まるで戦闘機のように体を左右に傾けてローリングしながら飛行するが、
    この動きは文字通り「まばたきよりも速い」との研究論文が、10日の米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。

    ?論文は、ハエが感覚の特殊な組み合わせを頼りにして、ハエたたきで打たれるのを回避する助けとしている可能性があると述べている。

    ?米ワシントン大学(University of Washington)などの研究チームは、ハイスピードカメラ3台を用いて、
    ハエが目前に迫る衝突をどのように回避するかを分析した。

    ?ハエは通常、1秒間に約200回羽ばたきをしているが、危険が迫った場合は羽ばたき1回で方向転換し、飛び去ることができるという。

    ?ワシントン大のマイケル・ディッキンソン(Michael Dickinson)教授(生物学)は「われわれは、ハエが100分の1秒足らずで進路を変えることを発見した。
    これは、人間のまばたきの50倍の速さで、これまで考えられていたよりも高速だ」と話す。

    ?同教授によると、ゴマの種ほどの大きさのカスリショウジョウバエ(学名:Drosophila hydei)は、捕食動物に囲まれた環境を
    生き抜く助けになる、超高速度で対応できる視覚系を持っているという。

    ?ディッキンソン教授は「このハエの脳は、ごく短い時間で非常に高度な計算を実行し、危険因子の場所、最善の回避策を厳密に判別しており、
    側面、正面あるいは背面から差し迫る危機に対し、それぞれ異なった対応をすることができる」と説明する。

    「脳が塩の粒ほどの大きさしかないハエは、ネズミなどの自分よりずっと体が大きい動物とほぼ同等の複雑な行動レパートリーを持っている」
    (c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3012340
    【ハエたたきから身をかわすハエの動きを解明、米研究】の続きを読む

    1:2014/04/12(土)18:37:16 ID:
     札幌市中央区のJR札幌駅とススキノを結ぶ目抜き通りの道道で12日午前9時半ごろ、乗用車が爆発音とともに突然炎上した。火は約40分後に消し止められ、エンジン故障が原因とみられるが、北海道警が警戒線を張り、周辺は一時騒然となった。けが人はいない。

     道警によると、車を運転していたのは50代の男性会社員。「運転中にエンジントラブルを示す警告音が鳴った。道路脇に停車した後、フロントから黒煙が上がった」と話しているという。

     近くのビルで仕事をしていた30代の清掃作業員の女性は「『ボンッ』という爆発音が3回して、急に燃え上がったので驚いた」と話していた。


    記事抜粋
    全文を読む
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140412/dst14041214580002-n1.htm

    【札幌中心部で車両炎上 故障、爆発音で一時騒然】の続きを読む

    1:2014/04/12(土)11:01:56 ID:
    「あれっ、あの人にソックリだ」。小保方さんの会見を見てこんな感想を抱いた向きもいるだろう。

     あの人とはタレントの酒井法子(43)のこと。2009年8月に覚醒剤取締法違反で逮捕され、9月に保釈された。
    酒井は保釈と同時に謝罪会見を開いたが、9日の小保方さんはそのときの酒井によく似ていたのだ。

    女性芸能ライターがこう言う。「のりピーの会見は謝罪の王道と呼べるものです。
    地味に見える紺色の洋服を着て、白いハンカチで目の涙を拭う。
    これはテレビの視聴者の同情を呼ぶのに効果があります。
    小保方さんはのりピーの会見を参考に衣装とハンカチを選んだのではないか。
    小保方さんの顔はナチュラルに見えるけど、実は30分以上かけたバッチリメーク。
    しかも頬紅で顔にシャドーをうまく入れているため、憔悴で頬がこけたように見える。
    化粧の仕方も、のりピーの謝罪会見のときとウリふたつです」

     小保方さんの髪形は一見ナチュラルのようだが、よく見ると毛先をカールしているし、前髪はボリューム感がある。
    「あまりみすぼらしい姿だと、“罪悪感で容姿に気をつかう余裕がない”と判断されるため、
    髪はしっかりセットしたのだと思われます。
    前髪の形は笑っちゃうほどのりピーに似ていますね」(前出の女性ライター)

     小保方さん、もしかして会見も……。

    http://gendai.net/articles/view/geino/149382
    【小保方さん、「涙の会見」にもコピペ疑惑 酒井法子さんにそっくりと話題に】の続きを読む

    1:2014/04/11(金)18:36:22 ID:

    ロケットランチャー砲弾4発もあった「山口組系武器庫」…極心連合会傘下、日本刀も

     昨年9月、大阪市生野区のマンションのトランクルームが暴力団の武器庫として使用され、
    ダイナマイトや大量の銃器が見つかった事件で、
    ほかにもロケットランチャーの砲弾4発や日本刀などを押収していたことが11日、
    大阪府警への取材で分かった。砲弾を発射する装置は見つかっていないという。

    (中略)

    ロケットランチャーは携帯型の重火器で、戦車やヘリコプターなどへの攻撃に使われる。
    福岡県警が平成24年6月、特定危険指定暴力団工藤会関係者が契約していた北九州市内の倉庫を捜索した際、
    砲弾が装填(そうてん)された状態で押収された例がある。

     生野区の武器庫からは、これまで拳銃7丁と実弾約600発、ダイナマイト21本が見つかっていた。

    http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140411/waf14041113520019-n1.htm
    【ロケットランチャー砲弾4発もあった「山口組系武器庫」…極心連合会傘下、日本刀も】の続きを読む

    1:2014/04/11(金)19:52:29 ID:

    罪を犯した少年に科す刑の上限を引き上げる改正少年法が11日、成立した。

    刑が軽すぎると訴えてきた被害者遺族からは「一歩前進」と評価する声が上がる。

    一方で、非行少年の立ち直り支援に携わる関係者は、「厳罰化」が進むことを警戒している。

    (一部抜粋 全文はソースで)


    [2014/04/11 19:46]

    ソース:毎日新聞
    http://mainichi.jp/select/news/20140412k0000m040044000c.html
    【少年法改正…「一歩前進」の評価の一方厳罰化に懸念も】の続きを読む

    このページのトップヘ