ゲーム


    images222222
    「個人でも購入可能、セガの「トイレ・ゲーム」」の写真・リンク付きの記事はこちら


    男性用小便器に取り付けるセガのゲーム機『トイレッツ』が個人向けに発売されたことが、トイレッツの『Twitter』公式フィードで明らかになった。

    『engadget日本版』の記事によると、装置は本体価格が14万円からで、ゲームソフトは1本1万円。オプションの10円硬貨用ボックスは2万5,000円。小便器は別途用意する必要がある。

    トイレッツをプレイするには、便器の内側に設置されたセンサーに向かって放尿する。このセンサーによって測定された放尿の量と圧力を入力としてヴィデオゲームを制御するわけだ。ゲームは、目の高さに取り付けられた画面に表示される。

    ゲームには、おしっこでコーヒーの缶を満たす鼻から牛乳を噴き出して相手を倒す暴風で女の子のスカートをめくるなどのコンテンツがある。どのゲームも1分未満で終了し、その後にスポンサーの宣伝を入れることができる。



    この常識破りのゲーム機は、昨年冬にセガが東京の数カ所でテストを実施(日本語版記事)して注目を集めた。それ以来、このゲーム機は日本各地の店舗に設置されてきた。

    トイレッツの公式サイトには、このゲームが事業主にさまざまな利益をもたらしたという評価が掲載されている。たとえば、トイレの汚れが少なくなった、トイレッツで宣伝した商品の売り上げが2倍になった、客の滞在時間が長くなって全体的な売り上げが伸びたなどが報告されている。

    TEXT BY DANIEL FEIT
    TRANSLATION BY ガリレオ -平井眞弓

    元記事

    img_299894_3640484_2


    カプコンは、PS3/Xbox360ソフト『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』の最新情報を公開しました。

    『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』は、「ラクーンシティ」を舞台とした「サバイバルシューター」です。これまでの『バイオハザード』シリーズとは異なるスピード感溢れるTPSとなっており、マルチプレイモードでは最大8人(4vs4)によるオンライン対戦が可能です。

    「U.S.S.」と「SPEC OPS」対決、そして第三勢力となる「クリーチャー」の存在。本作では壮絶な三つ巴の戦いが展開します。この状況下で、より戦略性を高める『バイオハザード』らしい特徴的なゲームシステムを把握しておきましょう。

    ■ブラッドフレンジー -出血-
    一定のダメージを受けると出血状態となり、血の匂いに飢えたゾンビが群れを成して襲ってきます。その習性を利用して敵部隊の出血を狙い、ゾンビに襲わせるなどの活用も可能です。

    ■インフェクション -感染-
    ゾンビに噛まれることなどが原因で「t-ウィルス」に感染することがあります。感染が進むと操作不能なゾンビへと化して見方を襲うこともあるようです。ゾンビ化の前に抗ウィルススプレーなどで治療を施しましょう。

    ■CQCからの特殊アクション
    CQC(Close Quarter Combat)は、全方位への近距離格闘攻撃です。即死攻撃「ブルータルキル」や、ゾンビを銃撃から防ぐ盾とできる「ゾンビシールド」など様々なアクションへ繋げて発展させることができます。

    ・ブルータルキル
    近接格闘攻撃で相手が体勢を崩した際に、タイミング良くボタンを押すことで「ブルータルキル」が発動。アビリティ
    ゲージ満タン時はキャラクター特有の「ブルータルキル」を発動させることも可能です。

    ・ゾンビシールド
    近接格闘攻撃でゾンビが体勢を崩した際に、そのまま特定のボタンを押し続けるとゾンビを掴まえて盾にすることがで
    きます。前方の敵の攻撃から身を守るのに効果的です。また、この状態からハンドガン射撃を行ったり、ゾンビを蹴り出したりできるほか、そのままゾンビにとどめを刺すことも可能です。

    ・ハンドガンキル
    近接格闘攻撃で敵兵士や敵プレイヤーが体勢を崩した際、特定のボタン操作で相手を拘束し、銃でとどめを刺すことができます。

    ■特殊操作
    ・カバー
    マップ上に放置されている車やダストボックスに近づくと、その陰に身をひそめ遮へい物として利用し、敵の銃撃や爆発を防ぐことができます。また、カバー状態から武器や手榴弾で壁越しに攻撃することも可能です。

    特殊操作はこの他にも、クリーチャーに襲われた際などに有効な四方にダイブする「ダイビング」、ハンドガンを構えて自動照準による敵への射撃が可能となる「ディレクショナルファイア」、瞬時に振り向くことができる「クイックターン」などが存在します。

    ゲームシステムや特殊操作を覚えていくことが、生き残りをかけたサバイバルに打ち勝つポイントとなりそうです。

    『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』は4月26日発売予定。価格は通常版が6,990円(税込)、「LIMITED EDITION」は9,490円(税込)です。

    (C)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.




    元記事


    このページのトップヘ