アメリカ

    matt


    アメリカの小学生たちがみせたある行動がいま世界中に感動を与え、多くの人が涙している。


    動画「Boy Inspires Kids – Kids Inspire Us All (Amazing Finish)」は、オハイオ州のとある小学校で行われた陸上競技大会の一場面を撮影したものだ。そこには、「最後まで諦めない強い意志」と「熱い友情」が捉えられており、人種や性別、障害を越えた感動的なシーンが映されている。


    動画を撮影したのは、脳性麻痺を患うマット君(11)のお母さん。400メートル走に出場する我が子の姿を撮り続けた。


    合図と同時に走者が一斉にスタート。マット君も自分のペースで走り出す。一番手の生徒が二週目に入り、マット君を抜き去ったあたりで体育教師のブレイン先生がマット君に近づき声をかける。彼の身体に問題がないことを確認するためだ。手助けはしない。


    次々と他の生徒に追い抜かれながらも、マット君も自分のペースで走り続け二週目へ。決して足を止めることはない。すると誰ともなく彼のもとへと歩み寄り、手拍子とともに「レッツゴー、マット! レッツゴー!」の掛け声でマット君を励ましだした。


    大人が指示したのではなく、生徒たちの自発的な行動により始まったマット君への応援は、気付いてみれば大勢のクラスメートによる大行進となった。みんなの声援に励まされてマット君も懸命に走る。

    クラスメートたちの応援は最後まで止むことなく、マット君がゴールすると拍手と声援でその場にいる全員がひとつになった。人種も性別も障害も関係ない。そこには、ひとりのために一体となる友情とそれに応えて諦めない強い意志があった。


    このわずか5分ほどの動画は世界中の人々の心を揺さぶり、大きな反響を呼んだ。動画には次のようなコメントが寄せられている。
     
    「53歳の大人がこの動画を観て泣いたよ。なんて素晴らしい子どもたちなんだ。これが私の愛するアメリカの姿だ」
    「こんなにも感動的なものを見たことがない。泣いた」
    「この世の中も捨てたもんじゃない。動画を公開してくれてありがとう」
    「本当に素晴らしい。涙なしには観られない」
    「クラスメートたちも素晴らしいし、マット君をサポートし続ける先生も素晴らしい」
    「久々にこんなに泣いた。学校のニュースといえばいじめに関するものが多かったけど、これを観て今の子どもたちにもまだ希望が持てると感じた」
    「この動画は世界中に広めて、もっと多くの人に観てもらうべき」
     
    また、マット君本人はこの時のことについて「みんながあんなに応援してくれるなんて、ビックリしたけどすごく励まされた」と語っている。彼の強い意志とクラスメートの熱い友情から生まれた感動の瞬間に、あなたも心打たれることだろう。
    参照元:YouTube MidwestCurrans、Mail Online(英文)




      http://news.livedoor.com/article/detail/6634267/

    120608_2210~01

    【生活保護問題】次長課長.河本準一まとめ


    7日、河本準一の母親が生活保護を受給していた問題が米国紙「The Wall Street Journal」で取り上げられ、ネット掲示板で話題を呼んでいる。

    記事によると、日本の国会で政府の消費増税法案や財政抑制策が協議されるなかで、河本の生活保護の問題が判明し、国民の神経を逆なですることになったと述べている。また、日本の不十分な年金支給や終身雇用制の衰退のため、貧困層が拡大している一方で、日本の伝統的な家族の支援システムは崩壊しつつあると指摘。この一件で同制度の専門家や、各メディアの投稿者が激しく議論していると結んでいる。

    この内容に対してネット掲示板では「夢の全米デビューおめでとう」「そんな簡単に生活保護がもらえるのかと、外国人が殺到するぞ」「もう国会に呼べよ。こいつに責任とってもらわないと国としての面子が丸つぶれだ」とバッシングが相次いだほか、「生活保護の受給資格は世界基準で厳しくしてもらいたい」と制度の改善を求める声も見られた。 http://news.livedoor.com/topics/detail/6640503/



    Welfare Payments Spur Japan Debate

    TOKYO—When the mother of a successful comedian was discovered to have collected welfare payments for many years, a heated debate broke out in Japan about who should support the growing ranks of the poor when both the government and families are struggling to make ends meet.

    [JWELFARE.photo]Kyodo/Newscom

    Junichi Komoto

    The image of Junichi Komoto apologizing in front of TV cameras for allowing his mother to stay on welfare captured national attention—for the complex emotions it stirred and for how long his head was bowed: 15 seconds.

    The 37-year-old comedian was criticized by talk-show hosts and politicians for not providing sufficiently for his own mother despite his financial success. He once boasted paying ¥1.9 million (about $24,000) for a pair of watches and talked about his binge drinking at an exclusive Tokyo club.

    But the story of Mrs. Komoto—a single mother who raised Mr. Komoto and his sister selling fish at a supermarket until she became ill—reminded people of the hardship so many Japanese now face as its once robust middle-class struggles. Mr. Komoto made just ¥100,000 a month as a young comedian when his mother first went on the dole in the late 1990s.

    "I'd like to apologize deeply to the taxpayers who helped my mom for so long," Mr. Komoto said in nationally televised news conference last month. His case came to light after a magazine article about an unnamed comedian in April started a search.

    He admitted his mother collected welfare payments for 15 years, until April, and offered to pay back what he felt he should have provided in financial support once his income began to grow in recent years. Mr. Komoto didn't break any law; close family members with means are asked to help those in need, but the government has no legal authority to enforce such payments.

    The issue touched a nerve, however, coming as the parliament debates a government proposal to raise taxes and curb Japan's mammoth borrowing—while attempting to strengthen the social-safety net with higher pension and welfare payments.

    Japan—with the world's largest outstanding sovereign-debt load, exceeding twice the size of the economy—has long lived beyond its means. Coming a few weeks before the government's end-June deadline for passing the package, the Komoto flap has put a human face on the nettlesome fight over just who should bear the burden of cleaning up the country's books.

    Conservative politicians have portrayed the Komoto incident as exposing what they call glaring loopholes in the welfare system and the need to raise the bar for receiving payments. They have said the incident shows that Japan needs to rebuild traditional family virtues where people willingly supported elderly parents and relatives in need.

    That, in turn, set off a roar of protest from economists and social workers, who said the media, and politicians with agendas, have turned the unique case of an individual family into a national hysteria. A national alliance of welfare advocacy groups say cases like this are fairly rare and are estimated to be just 0.4% of all payments.

    Many argue that the ranks of the poor are growing in Japan because of the insufficient pension coverage for the poor elderly and the erosion of the lifetime employment system that in the past ensured job security and solid pay. Many of the newly poor are living in destitution—too ashamed to ask for help.

    Meanwhile, the traditional family support system is disintegrating as generations are less likely to live under the same roof, and depend less and less on each other.

    The prolonged economic slump that has exacerbated Japan's fiscal problems also has trapped younger workers in temporary jobs with meager pay. Last year, the number of recipients of the government's basic welfare payments—known as the livelihood-support program—exceeded two million for the first time since the 1950s, after nearly doubling over the past decade. The government's budget for the program is at a record ¥3.7 trillion this year, accounting for nearly 4% of the overall national budget.

    "If we keep allowing this kind of wrongdoing to persist, the cost of the program will soon exceed ¥5 trillion. There is no way we can overlook this," said Satsuki Katayama, an opposition lawmaker who requested the welfare ministry investigate Mr. Komoto's case. In a television interview, Ms. Katayama, a former Finance Ministry official, said the projected sum is equivalent to a two-percentage-point increase in the national sales tax—an unpopular tax the government is now struggling to raise.

    Critics like Ms. Katayama say the livelihood-support program must be revised to reflect changes in the society in recent decades. The program's payments are too generous, they say, given the declines in worker pay in recent years. A typical family of three on welfare with a young child in Tokyo receive ¥175,170 a month. Someone working for the minimum wage for eight hours a day, 25 days a months, makes ¥167,400.

    Pressed by opposition lawmakers in parliament,Yoko Komiyama, minister of welfare, health and labor, has said she would consider reducing welfare payments. Japan's welfare payments are roughly at the same level as in the U.S., but well below those of Europe, according to the Organization for Economic Cooperation and Development. For 2007, the latest data available, Japan spent 1.3% of its gross domestic product to support needy families, compared with 1.2% for the U.S., 3.7% for France and 2.7% for Germany.

    The abrupt attack on the welfare system triggered by the comedian's incident met with loud protest from welfare experts and people writing to newspapers and in the blogosphere.

    "When they can't fix the problems with the social security and the employment system, we need to have a safety net to capture the poor," said Tadashi Yamamoto, professor of social security at Ritsumeikan University in Kyoto. "Without it, people would simply go homeless or starve to death."

    Write to Yuka Hayashi at yuka.hayashi@wsj.com


     http://online.wsj.com/article/SB10001424052702303296604577449731690922766.html?mod=WSJASIA_hpp_MIDDLETopNews

    Screen-shot-2012-05-29-at-4_20_35-AM

     【緊急】マイアミの人食いゾンビ事件、リアルバイオハザードの前兆か!米軍がゾンビ兵団養成、イルミナティの細菌兵器「人食いバクテリア」が猛威を奮う!


    米フロリダ(Florida)州マイアミ(Miami)で、全裸の男が別の全裸男性の顔を食いちぎってむさぼり
    食うという異様な事件があり、現在、警察が捜査を進めている。男は警察官に射殺されたが、顔を食
    べられた男性は重体だという。

     猟奇的事件が起きたのは26日。マイアミ近郊のマッカーサーコーズウェイ(MacArthur Causeway)
    を通行した車を運転していた人々が、おぞましい現場を目撃し、警察に通報した。

     現場を目撃したラリー・ベガ(Larry Vega)さんは、地元ラジオ局に「(男に)止めろと叫んだが、もう1
    人の男性を食べるのを止めなかった」と語った。ベガさんによると現場は血の海で、ホラー映画のワン
    シーンのようだったという。

     現場にかけつけた警察官らが男に近づき、男性の顔を食べることを止めるようにいったが、男は被害
    者男性の顔にかみ付いては食べ続けた。被害者はホームレスの男性とみられる。

    「あいつは顔をあげて、口の中に人肉をほおばったまま、うなり声をあげたんだ」(ベガさん)

     地元紙マイアミ・ヘラルド(Miami Herald)によると、警察官が男に向けて発砲。銃弾は男に命中した
    が、それでも男は被害者男性の顔を食べ続けたため、警察はさらに男に銃弾を浴びせ、最終的に男は
    息絶えたという。

     テレビが放映した映像には、大の字に並んで横たわった2人の男が映っており、被害者とみられる男
    性は血まみれだ。ほとんど意識はなく、顔の75%が食いちぎられていた。

     警察では、男が強力な新型LSD(幻覚作用のある薬物)を過剰摂取していたのではないかとみている。
    (c)AFP

    http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2880826/9019985?ctm_campaign=txt_topics

    【米】 全裸男、ホームレスの顔を食いちぎりむさぼり食う・・全裸男は射殺 ホームレスは顔の大半を食いちぎられ重傷
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1338306052/

    http://hogehogesokuhou.ldblog.jp/archives/51918054.html



    im
    時に飼い主が注ぐ愛情に応えるべく、献身的な行動を見せてくれる犬。米国ではいま、1匹の犬が身を挺して飼い主の命を救った事故が報道され、大きな話題を呼んでいる。先日の夜中、飼い主と犬は出先から徒歩で自宅へ向かっていた。すると、侵入した線路上で突如飼い主が意識を失う事態が発生。直後に貨物列車が接近し、危険を察知した犬は飼い主を線路外へ引っ張るように懸命の救助活動を行った結果、飼い主はけがもなく無事助かったものの、犬は右前脚を切断する大けがを負ったという。

    米放送局ABCや米放送局ABC系列WCVB-TVなどによると、この事故は5月3日の夜遅くにマサチューセッツ州シャーリーを走る線路上で起きた。事故に遭遇した貨物列車の運転士によると、列車が現場に接近したとき、線路上に倒れている女性と、彼女を必死に線路外へ引っ張ろうとしている犬の存在を確認したという。運転士はすぐに急ブレーキをかけたが間に合わず、接触音を聞いたため女性のもとへと急行。すると女性は無傷で無事だったそうだが、助けようとしていた犬は右前脚を轢かれ、大けがを負ってしまった。

    現場で倒れていたのは、犬の飼い主で54歳の女性クリスティーン・スペインさん。彼女はこの日、友人宅へ出かけた帰りに線路へ侵入し、連れていたメスのピットブル犬リリー(8歳)と一緒に家に向かっていた。ところが酒を飲んで酔っ払っていた彼女は、現場で突然意識を失い卒倒。それに気付いたリリーが、列車から彼女を救おうと、必死の行動に出た。

    リリーがスペインさんと出会ったのは、いまから3年前のこと。ボストンの警察官をしている彼女の息子、デイビッド・ランテインさんが「アルコール中毒の母にとって良い治療になる」と、飼い主がいなかったリリーを引き取ったことがきっかけだった。彼女も、彼が「溺愛する」と表現するほどリリーを可愛がっていたそうで、飼い出してからは息子の目論見通りに飲酒量も減少。リリーにとってもスペインさんにとっても、お互いに素晴らしい関係を築ける最高のパートナーとなった。

    事故を受けて、ランテインさんが運ばれた動物病院へと駆けつけると、大けがを負ったリリーは「美しい目で」大丈夫と知らせるように心配する彼を見つめ、尻尾を振ったという。しかしこのときのリリーは右前脚を切断しただけでなく、骨盤骨折や内臓を損傷する重傷を負っていた状態で、それでも気丈に振る舞う愛犬に、彼は「私たちはリリーを救ったけど、彼女は母の命を救ってくれた」と感謝の気持ちでいっぱいになったそうだ。

    ただし、倒れた直接の原因は不明ながらも、現場に駆け付けた際には酒に酔った状態だったというスペインさんの不注意が、事故を招く大きな一因になったことは否めない。実際、彼女は「アルコールに関係する罪には問われなかった」ものの、線路侵入や動物虐待の容疑で事故翌日に起訴された。そんな反省も込めた感謝の気持ちもあってか、助けられた彼女は事故後、ランテインさんと共に家を掃除して、「大好きなおもちゃ」も用意してリリーの帰りを待ち侘びているという。

    リリーの勇気ある救出行動を伝える事故報道は、米メディアでも広く取り上げられ、多くの人々に感動をもたらしている。リリーが運び込まれた動物保護センターのサイトでは、事故の話と共に手術費用の寄付を求めるページを開設したところ、すでに世界中から「7万6,000ドル(約600万円)」ものお金が集まったという。現在は順調に回復し、「5月12日昼頃に退院」したと伝えられているリリー。これからはスペインさんにも充分助けてもらいながら、再び仲良く幸せな時間を過ごしてもらいたい。


     http://news.livedoor.com/article/detail/6555675/

    このページのトップヘ