オウム真理教

    210996
    ひかりの輪代表役員の上祐史浩氏。
    17年前、サリン事件を起こした組織の
    一員だった彼が見た、現代日本の姿とは?


    1995年3月20日、世界でも類を見ない無差別大量殺人テロ「地下鉄サリン事件」が発生した。日本中を恐怖と不安に陥れた事件の首謀者、オウム真理教・麻原彰晃(本名=松本智津夫)は、死刑囚として獄中にある。そして、最後の逃亡犯となった高橋克也も、去る6月15日に逮捕された。


    今、呼び起こされる17年前の記憶。それに呼応するかのようにメディアに戻ってきた男が、元オウム真理教外報部長、現ひかりの輪代表役員の上祐史浩(じょうゆう・ふみひろ)氏だ。

    6月16日に放送された『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ)に出演した際には、賛否両論を含め、大きな反響を呼んだ。


    さらに7月2日発売の『週刊プレイボーイ』にも登場。オウム問題を扱った著書『黄泉の犬』(文藝春秋)がある、写真家で文筆家の藤原新也氏を聞き手に、2時間の予定を大幅に超える4時間半にも及ぶロングインタビューを受けている。


    ひかりの輪、オウム入信のきっかけ、麻原彰晃という人間。ひとつひとつの事柄に、じっくりと言葉を交わす両者。そして話は、現在の日本へと及んだ。


    「3・11以降、国家そのものに対して、普通の家庭の人が信じられないと言っている。でも、例えばオウムが出た頃というのは、普通の人はやっぱり国家を信じていたよ」

    日々高まる、国家に対する不信感という問題を語る藤原氏に対し、上祐氏は熱く応える。すべての言葉に耳を傾けることは到底できないが、これが彼の偽らざる声だ。


    ***

    自分が思うのは、もっと何か大きなことが起こったら、国民は初めて「やるしかない」と精神が統一されて変わるだろうけど、3・11現象だけで変われるかというと、わからない。「これほどデモをやってるのに再稼働が止められない、政治が変わらない」という不満も聞きますが、それは、それぐらいしか変えようと思ってないということなのでは。本当に変わるのは維新の志士のように皆が必死になるときではないでしょうか。


     サリン作って、炭疽菌(たんそきん)作って、自分たちも死ぬ思いをして、死ぬ恐怖を抱えて革命しようと思った妄想で狂ってる人間たちから見ると、「なんだよ、まだデモしかやってないんでしょう」って。「それで変われるわけないじゃん」って。もともとデモぐらいの努力で変えられるものだったら、オウムも選挙で勝ってたろうし。


     だから、少なくとも犠牲を覚悟して、「経済なんかどうでもいい。環境が第一だ!」「失業してもいい。オレたちはそれで自殺はしない。だから野田首相ぜひ止めてください」って言えば、野田首相も止めるでしょう。


     だから、「どうしたら今の政治が、国が、変われるのか」という話を聞くと、私は、「本当に皆、変わりたいのかな」と違和感を覚えるのです。そしてもし、その本音が、長い地道な努力の積み重ねではなく、誰かに委ねて楽に変わりたいということならば、それはオウムのように危険だなと。


    (取材・文/頓所直人、撮影/グレート ザ・歌舞伎町)

    ■週刊プレイボーイ29号「上祐史浩 咆哮搏撃の4時間半 前編」より


    提供:週プレNEWS


    【コメント】


    old_comberさん

    アゴラブックスの愚者も上祐も理解力が子供並みだ。脱原発デモは「手段」ではなく「目的」。何かが変わるとかいった目的が別にあるのではなく、民衆の意思を伝えるための方法。新聞などにもあるだろう、読者の声ってのが。それで社会が変わるとは誰も思ってはいない。表現することに意味がある。こんな無駄なことを発表すると、自分の無知をひけらかすだけだ。

  • sou_shiunさん

    霞ヶ関で毎日行えば、効果はあったかもしれないね。秋葉原などの大量殺人でもそうだが、貧乏人が貧乏人に危害を加えているだけで、政治や経済にまつわる人は安全地帯に居るからね。

  • tomoyakun7さん

    テロ組織のスポークスマンを出しちゃだめだろ!!モラルも糞もねえwww

  • comp_maniaさん

    こいつがオウム事件の時にどれだけ詭弁で世の中に迷惑をかけたか思い出せよ。表に出していい人間じゃないだろ。

  • apupu_pududadudaさん

    犯罪者集団にいつまで こんな生意気な発言させてんの? コイツら犯罪者集団の言ってる事が正論な訳ないじゃん。

  • p04309さん

    今現存している政治家に日本を託せる人物がいない… ハシシタに唯一可能性はありはするものの外国人参政権を推進しているところが信用に値しない… 日本人は皆平和ボケしていて本気で改革できる人がいないのが実情だ!! こいつは嫌いだが言ってる事は正論だろう…

  • abreakinthecloudsさん

    正論だな。方向性は間違ってたとはいえ、この人たちも必死だったんだよなあ。

  • apupu_pududadudaさん

    なんでコイツをメディアは取り上げてんだ? オウムを知らない若い世代には下手したらヒーローに映りかねんだろ。テレビは視聴率さえ上がれば、何やっても良いと思ってる… 本当に馬鹿やろうだな。 この分だと、また大きなテロ事件が起きても不思議じゃない…

  • evoluteさん

    だからサリンをばら撒いたんだね? すごいね・・・基地害だわ。

  • np130073さん

     デモだけじゃ腐った権力を倒せないと直接武力攻撃を唱えたのが新左翼で、放っとく筈も無くスパイずぶずぶで追い詰められ、頭・人望の有るのが居なくなって体育会になってリンチ自壊したのが連合赤軍。 横目で見てて謀略・テロで騙し乍権力奪取、何せ、神の等しい教祖様がする事なんだから上手く行く、と瞑想ラリラリで突っ走ったのがオウム。騙す事に躊躇無い分宗教の方が悪辣だね、一般民衆としては。

  • kono218さん

    過去の教訓を生かし、極一部少数派の 過激な発言、行動、工作は、全て無視しましょう!

  • technobrakeさん

    松本サリン事件では部屋を閉め切ってクーラーをつけてた人が助かって、省エネで窓を開けて寝てた人は犠牲者になった。そんなオウムがこの件でモノをいうな。

  • ready_to_die_360さん

    反対にせよ賛成にせよ何処まで組み立て覚悟しているかですが、こう言う議論を中枢がしてそれを公表すればいいんだ、理解した上での世論は覚悟の証明になるし、道理として成立する、賛否どちらにせよ組み立てと覚悟なくして日本の夜明けは来ないだろうし、たとえ日本の文明が衰退しても幸せに生きる術はあるだろうからな。(´・ω・)y-~ つうか何故にいまジョウユウ?

  • arayan_xさん

    正論だと思うが、こんな事を言うと「覚悟を見せてやる」なんてバカが・・。バカに正論は逆効果かと。

  • petsounds8さん

    私は脱原発だが、国民は今まで原発を容認してきた責任をとる必要があると思う。ゆるやかに変えていくしかないし、その間に起きた事故は国民全体が背負う必要がある。政治に無関心だった人達はこれを機に関心を持つべきだと思う。

  • link_door_speshaelさん

    ああ言えば上祐、こう言えば上祐。(Google変換で今でも出る)

  • golgo2009さん

    元犯罪者だったわけだが、これは正論だな。原発をとめると失業者が増えるのは間違いない。経済を犠牲にして死者が出るか、原発事故を恐れるかの選択だ。

  • n_oshimaさん

    確かに、仕事がなくなったり、エアコンが使えなくなったりしてまで、原発止めてほしいとは思わないもんね。再生エネルギーで電気代上がるのもいやだし。



  •  オウム真理教による地下鉄サリン事件で警視庁に殺人容疑などで逮捕された高橋克也容疑者(54)。「オウム最後の手配犯」の逃走劇が思いがけない波紋を広げている。潜伏先から発見された「呪術本」の注目度が急上昇しているのだ。書店には問い合わせが殺到し品切れが続出。有名格闘家も愛読したというその中身は-。


     東京大田区蒲田の漫画喫茶で17年におよぶ逃走に終止符を打った高橋容疑者。今月4日、潜伏先の建設会社(川崎市)の社員寮から姿を消し、15日に捕まるまで、1000万円の懸賞金がかかっていたこともあって世間の高い関心を集めた。それと同時に話題になったのが、同容疑者が潜伏先に忘れ形見のように残していった「呪術本」だ。


     捜査関係者によると、タイトルは『呪術の体験』と『呪術と夢見』(ともに二見書房)で、同容疑者の逃亡の間、テレビのワイドショーなどで高橋容疑者が読んだ本として紹介され、書店に注文が相次ぐようになった。一体、どんな内容なのか。



     「作者は、米国の文化人類学者のカルロス・カスタネダ氏で、ヤキ・インディアンのドン・ファン・マトゥスから受けたという呪術師になるための教えをまとめた連作シリーズです。1968年刊行の1作目『呪術師と私』は、70年代のニューエイジブームを生み出すなどベストセラーとなった。精神世界に関する本の中では、名著に数えられているものです」


     こう語るのは、カスタネダ氏に詳しく、その研究本『カルロス・カスタネダ』(ちくま学芸文庫)の著書がある宗教学者の島田裕巳氏。


     元格闘家でタレントの須藤元気氏(34)も過去、自身の著書で「影響を受けた」として取り上げ、話題になった。


     「今回はその時以来の反響」(書店関係者)だそうで、都内大手書店の売り場担当者は「先週あたりから問い合わせが相次いでいます。有名なシリーズなので常備している店舗が多いのですが、高橋容疑者が読んでいた2冊を始め、一部商品には品切れになるものも出ています」と話す。


     逃亡時に教祖、麻原彰晃死刑囚=本名・松本智津夫(57)=の著作数十冊を持ち出すなど、いまだ教団への信仰心を強く残す高橋容疑者。


     島田氏によると、先の2冊には、同容疑者の興味をかき立てるような記述があちこちに散見されるという。


     「師匠(=インディアンのマトゥス)と弟子だった作者のカスタネダ氏との関係は、そのまま麻原死刑囚と高橋容疑者との関係性に通じる。薬物によるイニシエーション(儀式)や、超能力に関する記述もオウムの教えを彷彿とさせる。解脱するため、修行に明け暮れた彼にとって、本に書かれた世界はリアリティーのあるものだったのかもしれない。麻原死刑囚の本を持ってはいたようだが、新しい本が手に入らないため、代用として読んでいたとも考えられる」(島田氏)


     最後の手配犯は呪術本の中に何を見たのか。

    calros1


     http://news.livedoor.com/article/detail/6669477/

    PN2012061501001451_-_-_CI0003

    オウム真理教信者で、地下鉄サリン事件に実行犯の送迎役として関わった高橋克也容疑者。所持品に松本智津夫死刑囚(麻原彰晃)と写った写真や、「マハーヤーナ・スートラ」「イニシエーション」などの本などを持っており、「蓮華座」を行なっている事から、まだ洗脳はとけていないとされています。




     オウム真理教元信者、高橋克也容疑者(54)とみられる男が東京都大田区西蒲田の漫画喫茶で身柄確保されたのを受け、現場周辺の漫画喫茶店の従業員らは「まさかこんなところに」「怖かった」と声をそろえた。


     同区の漫画喫茶の女性従業員は「横浜や川崎にいると思っていた。まさか大田区にいたとは…」と驚いた様子。他店の男性従業員も「報道を見て犯人がこんなところにいたのかと思い、怖くなった」と話した。


     同区の複数の漫画喫茶によると、高橋容疑者の逃亡報道があった直後に、警視庁の捜査員が訪れ、「この顔に似た客が来たら、通報をお願いします」と、高橋容疑者の顔写真を置いていったという。


     別の漫画喫茶の男性従業員は「漫画喫茶が高橋容疑者の身柄確保に貢献できたのなら、うれしく思う」と話した 


     http://news.livedoor.com/article/detail/6660687/

    高橋克也容疑者か 男の身柄を確保


    地下鉄サリン事件などで特別手配されていたオウム真理教の高橋克也容疑者とみられる男が、東京・大田区にある漫画喫茶の近くで捜査員に身柄を確保されました。
    本人は自分が高橋克也だと認めているということで、警視庁は確認できしだい、殺人などの疑いで逮捕する方針です。

    蒲田警察署で事情聴取

    警視庁は、高橋克也容疑者とみられる男から蒲田警察署で事情を聴いているということで、このあと、身柄を警視庁に移すことにしています。

    高橋克也容疑者の足取り

    地下鉄サリン事件などに関わったとして殺人などの疑いで特別手配されていた高橋克也容疑者(54)のこれまでの足取りをまとめました。
    高橋容疑者は、菊地直子容疑者らと共に平成8年の11月ごろ、埼玉県所沢市のマンションに潜伏していましたが、捜査員がマンションに踏み込む直前に逃亡し行方が分からなくなっていました。
    それから15年余りが経過した今月3日、菊地容疑者が逮捕されたことをきっかけに、その後の足取りが分かってきました。
    高橋容疑者は神奈川県の新横浜や川崎のホテルを菊地容疑者と転々として逃亡生活を続けたということです。
    そして、平成9年の春ごろに川崎市内のマンションに住んだあと平成13年の夏に川崎市幸区のアパートに移り、菊地容疑者と偽名を名乗って一緒に住んでいたということです。
    菊地容疑者は平成19年の春にこのアパートを離れましたが、高橋容疑者はそのまま生活を続け去年の10月に川崎市内の建設会社の社員寮に移り住んだということです。
    そして、菊地容疑者が逮捕された翌日の今月4日の午後、「親族が危篤なので1週間休ませてほしい」と上司などに電話をかけていました。
    同じ日の午後には会社近くの信用金庫で238万円余りを引き出したあとショッピングセンターでキャリーバッグを購入し会社の事務所などに立ち寄ったあと行方が分からなくなっていました。




     NHKニュース

    PN2012060401003373_-_-_CI0003
    1995年当時(左)と逮捕直前の菊地直子容疑者


     警視庁は4日、オウム真理教元信者菊地直子容疑者(40)の全身が写った写真を公開した。

    菊地容疑者は特別手配中の高橋克也容疑者(54)と同居していたことがあると供述しており、高橋容疑者に関する情報を広く集めるためとしている。

    警視庁は「これまでの手配写真と実際のイメージが異なっており、公開は社会的利益を図る上で相当だ」と説明した。公開したのは、逮捕直前の全身写真。

    関連記事

    高橋克也容疑者と6年前まで一緒に逃走か 菊地容疑者逮捕

    オウム菊地容疑者逮捕…地下鉄サリン逃亡17年

    菊地容疑者の逃亡生活 所沢で高橋容疑者らと潜伏、市川では林死刑囚と…


    オウム菊地容疑者をかくまった容疑で男を逮捕

    家賃3万円、質素な生活 介護サービス月収13万円 菊地容疑者逮捕


    元記事 http://news.livedoor.com/article/detail/6625645/

    5az_bor


     元オウム真理教幹部、菊地直子容疑者(40)=殺人、殺人未遂容疑で逮捕=を匿ったとして逮捕された高橋寛人容疑者(41)が警視庁の調べに対し、「6年前に川崎市内のアパートで、菊地容疑者と特別手配者の高橋克也容疑者(54)が一緒にいるのを見た」と供述していることが4日、捜査関係者への取材で分かった。


     捜査員がこのアパートを確認したところ、高橋克也容疑者はいなかったが、警視庁は、菊地容疑者と高橋克也容疑者が最近まで一緒に逃亡生活を送っていたこと可能性が高いとみて、裏付けを進めている。


     捜査関係者によると、菊地容疑者と高橋寛人容疑者は平成17年ごろ、横浜市内の勤務先で知り合い、18年ごろから同居を始めた。高橋寛人容疑者は同居するため、菊地容疑者の引っ越しの手伝いで、川崎市内のアパートを訪問したという。


     高橋克也容疑者は最後の特別手配者で、8年11月中旬ごろまで、埼玉県所沢市内の賃貸マンションに元信者4人と潜伏していたことが確認されたが、その後は菊地容疑者と一緒に逃走し、足取りは途絶えていた。

    関連記事
    菊地容疑者の顔写真公開 情報収集のため、警視庁

    オウム菊地容疑者逮捕…地下鉄サリン逃亡17年

    菊地容疑者の逃亡生活 所沢で高橋容疑者らと潜伏、市川では林死刑囚と…


    オウム菊地容疑者をかくまった容疑で男を逮捕

    家賃3万円、質素な生活 介護サービス月収13万円 菊地容疑者逮捕

     http://news.livedoor.com/article/detail/6624340/

    このページのトップヘ