オリエンタルラジオ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    imagesCA1WHV6U
    【生活保護問題】次長課長.河本準一まとめ


     生活保護の不正受給疑惑で次長課長・河本準一が5月25日に開いた「謝罪会見」で、騒動は“一件落着”に向かうはずだった。ところが沈静化を図ろうとした河本をよそに、事態はエスカレートした。

    〈勧善懲悪。俺は嫌い。いじめられてる奴の話を少しは聞けよ〉


     河本とはNSC(吉本興業の養成所)の同期だった「ブラックマヨネーズ」の吉田敬は、河本の謝罪会見後にツイッターでこうつぶやき、それを読んだ人物が〈河本が奪い続けた1億円のせいで命奪われた人もおんねん〉と批判すると、


    〈このての人って、なぜこんな物言いしかできひんのやろ。でもおかげで普通の人に感謝できる。ありがとう、食物連鎖の一番下の人♪頑張れよ、食物連鎖の一番下の人!〉


     と、半ばブチ切れたかのように反論のツイートを載せた。この「食物連鎖の一番下の人」という表現が「生活保護の受給者」とも解釈され、ネット上では吉田への大批判が巻き起こったのだ。


     同様に、河本と親しい「オリエンタルラジオ」藤森慎吾は〈笑わせてくれればいいです!〉とツイートし、事務所の先輩である千原せいじはテレビ番組で「河本は福祉事務所と話してやっているから何も問題ない」と、河本を擁護する発言をしたことで反感を買った。


     何とかして河本をかばいたいという彼らの心情は理解できなくもないが、危機管理コンサルタントの田中辰巳氏はこう語る。


    「仲間を守りたいなら、世間以上に厳しく“河本のバカヤロー”と叱るのが正解でした。そうすれば河本さんに怒りを抱いている人々も“身内からこれだけ制裁を受けているのだから許してやろう”という気になる。ところが、芸人目線での擁護や“法律違反をしたわけではない”という理屈を語れば、逆に河本さんへの批判は増幅する。


     河本さん自身も千原さんも“法的な問題はない”と強調していましたが、世間の“怒りポイント”を履き違えていた。それが騒動を拡大させた最大の理由でしょう」


    「河本問題」の本質は、「法的、あるいは社会的な善悪」ではない。河本の「もらえるものはもらっておけばいい」ともとれる考え方への反発だろう。


    ※週刊ポスト2012年6月15日号

     http://news.livedoor.com/article/detail/6622638/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    images  nnnn

    河本準一 生活保護不正受給まとめ


    25日、母親の生活保護受給について謝罪会見を行ったお笑いコンビ「次長課長」の河本準一が、翌日ツイッター上でも改めて謝罪した。

    その発言を受け、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾が河本へ激励のコメントを送ったが、それを一般ユーザーが批判し、藤森もこれに応戦したため、ネット掲示板で大きな話題となった。

    発端は藤森が河本の謝罪に対して「笑わせてくれればいいです!」と激励のツイートをしたことに始まる。このコメントを見た一般ユーザーが「(河本の母親が生活保護受給していたことは)立派な詐欺なのによくこういうこと言えるね芸人って」とツイッター上で批判したが、藤森は「芸人全般に対する侮辱ですかー?謝罪はしたけど詐欺ではないでしょ。自分の発言に責任を持った方がうぃーねー!」と反論。

    さらに別のユーザーから「身勝手で無責任な事ほざくな。お前も社会人なら世の中に対する責任あるだろ」と指摘されると、「少なくともあなたよりは社会人としての自覚はあります。こういう公の場であなたのような乱暴で幼稚な言葉使いはしないからー」と返している。

    他にも、藤森は「ちょっとなにいってるかわかりましぇーーん!」「はいさようならー!ブロックー!」など、一般ユーザーに対して煽るような口調で返信したため、一連のやり取りが掲示板やツイッター上で広がると、ネットユーザーからは「藤森も黙ってりゃいいのに…なんでみんな自分からコメントしたがるのかね 」「芸人同士で擁護しあって、自分が不祥事起こしたときに擁護してもらおうという算段か」などと批判的な意見が相次いだが、中には「吉本芸人が先輩を批判できるわけないだろ」「芸人ってくくりで侮辱されたのがむかついたんだろうな」「ツイッターでもキャラ保ってるのは凄い」といった発言も見られた。
    河本準一 生活保護不正受給まとめ

     http://news.livedoor.com/article/detail/6601493/

    このページのトップヘ