スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ym_20120515-773583-1-N_thum120

    「すごく悔しい。まだショックで受け止められない」と呆然としていた。お笑いのしずちゃん・山崎静代(33)は、ボクシングの女子アマ世界選手権3回戦でドイツの選手に破れた。1年にわたった五輪挑戦はきのう15日(2012年5月)に終わった。

    「勝負って一瞬で終わってしまうんだなって思います」

    相手のシュトローマイヤー選手(30)はサウスポーだ。しずちゃんには初体験だった。サウスポーは左がいきなり飛んでくる。はじめ互角に打ち合っていたが、左を顔面に食らってダウンをとられた。これで明らかに動揺した。自分のペースをつかめないまま、もう1度ダウン。さらに3度目でレフェリー・ストップ(RSC) の敗戦が決まった。

    呆然と立ち尽くすしずちゃんは、リングを降りたところで「あれだけやってきたものが…、勝負ってそういうもんなんだな。一瞬で終わってしまうものなんだなってあらためて思います」。場外に出てからも、「仕方ないですね。途中で止められてしまって、自分のボクシングができる前に終わってしまいました。応援してくれたのに、結果を出せずに申しわけないです」。今後について聞かれると、「まだわかりません」と力なく答えた。

    司会の加藤浩次「残念でしたね」

    キャスターのテリー伊藤「もっとやらせたかったね」

    具志堅用高「左ストレートもらって下がっちゃったね」

    スタジオには、元世界チャンピオンの具志堅用高、しずちゃんの相方・南海キャンディーズの山里亮太がいた。山ちゃんは「いやあ、悔しかった。いい夢見れた。自分の相方がオリンピックに立つかも、というね。メールは打ったんだが、ショックなのかまだ返ってこない」

    具志堅は「2回戦はいい闘いしてたが、きのうはいきなりサウスポーでしたから、左ストレートを先にもらっちゃった。それで後ろへ下がっちゃった」とプロの目で分析した。

    加藤「エッ、もう止めるのという感じがするんですが」

    具志堅「アマチュアは早いんです」

    テリー「サウスポーはどこが難しいんですか」

    具志堅「普段から練習しないから」

    サウスポーの選手は少ないから、右ききの選手は戸惑う。逆に、相手はいつも右ききとやっている。だから左へ回り込みながら闘うのだが、しずちゃんははじめこそ回り込んでいたが、1発食らってからは下がっちゃった。具志堅は「経験が少ないから」だという。

    加藤「でも、2年ちょっとのしずちゃんが世界選手権で1回勝つってすごいことですよね」

    具志堅「世界選手権に出るだけでも大変なんですよ」

    山ちゃん「がんばったよりも、そこに立っただけでもね」

    加藤「しかも勝ってる」

    とはいえ、結果は結果。きのうの時点で、残るアジア人選手は2人になって、しずちゃんの五輪の目は消えた。残るはアジア大陸推薦枠での可能性だが、これも難しいだろうという。

    このあとしずちゃんがどうするか。戻ってからじっくり考えることになるのだろう。具志堅は「いちどボクシングやると、やめられない」と いっていたが…。

     http://news.livedoor.com/article/detail/6563852/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    mana120505-f-ns300

     
    こどもの日の今日、阪神-巨人8回戦の始球式に人気子役の芦田愛菜(7)が登場した。

     ピンク色の阪神のユニフォームを着た愛菜ちゃんは「(初めての始球式で)緊張しました!お客さんもたくさんいて、広くてとってもドキドキしました!」と始球式を終えても元気いっぱい。「ちゃんと飛ぶか心配だった」という投球はバッテリー間の半分より前で投球を行ったが、ホームベースまでは届かなかった。
     
     選手や監督もみんな見ていたことについて「ありがとうございます!よかったです!」とうれしそうに話した。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    貞子始球式 youtube動画記事


    最も怖いジャパニーズホラーランキング!まとめ


    imagesCA7MWZ4H
     [シネマトゥデイ映画ニュース] ホラーキャラクターの代名詞である「貞子」が、4月25日に行われる北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズの始球式に登場することが明らかになった。貞子が始球式に登場するのは、もちろん日本プロ野球史上初の出来事だ。


    貞子が3Dになるということで話題の映画『貞子3D』。その公開に合わせて3次元の貞子が始球式を行うことになった。どういったビジュアルで登場するのかはもちろん、どんな球を投げるのかに注目だ。

     日本で最も有名なホラーキャラクターとして、その呪いの存在がよく知られている貞子だけに、対峙(たいじ)したバッターにいかなる不幸が降りかかるかも不安材料の一つ。もちろん、その姿を目にしてしまうことになる観客もただではいられない……かもしれない。

     映画『貞子3D』は、ハリウッドリメイクもされた人気ホラーシリーズ第4作。これまではテレビの画面から飛び出して恐怖を振りまいてきた貞子が、今回は動画投稿サイトを通して出現する。出演は石原さとみ、瀬戸康史など。

    映画『貞子3D』は5月12日より全国公開


    元記事

    このページのトップヘ