タモリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ATARU6

    ドラマ『ATARU』がついに最終回を迎えた。女刑事の蛯名舞子(栗山千明)の母親が車の中で焼死した真相。チョコザイ(中居正広)はこれからどうするのか。そんな見どころの詰まった最終話の終盤に登場して空気を変えたのが、とんでもない大物タレントだった。録画してまだ見ていない方の為にもストーリーの詳細には触れないが、サプライズゲストの件はネタバレするのでご了承願いたい。

    人気ドラマ『ATARU』の最終回は、6月24日に15分拡大枠で放送された。

    チョコザイの活躍で舞子の母親、真理子(奥貫薫)が15年前に亡くなった真相が明らかとなった。彼女が死亡した日に訪れる予定だった宝石店の店主が、刑事たちと蛯名家の家族やチョコザイがそろう警察署に自らやってきたのだ。

    刑事に案内されて「気になることがある」と現れたその宝石店の店主が、タモリだったのである。前情報ではほとんど流れておらず、タモリの登場に驚いた視聴者は数知れないだろう。

    タモリ演じる店主は、真理子が亡くなった日に取りに来る予定だった指輪を持参。その注文した時の彼女の真意を話すと、舞子や弟の昇(玉森裕太)が母の心を知って号泣した。刑事一同がもらい泣きする中で、目を真っ赤にした沢俊一刑事(北村一輝)に宝石店の店主が話しかけた。

    店主(タモリ)は申し訳なさそうに、小声で沢刑事に「あの、帰ってもいいかな?」と尋ねたのだ。「いいとも」と沢刑事が答えると、彼は腰をかがめながら去ったのである。宝石店の店主を見事に演じながらも、その存在感で場の空気を盛り上げることはタモリだから成せることだろう。

    タモリといえば、2007年に公開された映画『HERO』では森田一義名義で大物政治家役を演じて話題となった。同作は木村拓哉主演であり、今回の『ATARU』といいタモリとSMAPメンバーの作品は相性が良いようだ。

    それにしてもドラマ『ATARU』は、最後の最後まで見応えのある展開だった。チョコザイ(ATARU)が最後に「また見てチョ」と意思表示したが、できれば第2弾を期待したい名作である。
    (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

    提供:Techinsight Japan


    TBSドラマ「ATARU」 の まとめ




     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    G20120618003493950_thum
    「笑っていいとも!」で
    胸中を語ったHKT48の
    指原莉乃

     ◇指原莉乃 HKT48移籍

     AKB48からHKT48へ移籍した指原莉乃(19)が18日、フジテレビのレギュラー番組「笑っていいとも!」(月~金曜正午)に生出演した。

     番組冒頭で司会を務めるタモリ(66)から「指原は博多行くの?」と聞かれると笑いながら「そうなんです。引っ越さなきゃいけないんですよ博多に」と明るい表情。

     HKT48メンバーともすでに初対面を果たしたという。「これからはHKT48として、いいともにも出させていただきます」と宣言すると拍手が起こり、「通います!週1回こっちに来るという形になりますけど」と吹っ切れた様子だった。
    スポニチアネックス

    AKB48→HKT48へ 指原莉乃スキャンダル.まとめ



    【関連記事】
    有吉「指原の竜平会の受け入れ画策」
    さしこ HKT移籍発表後初の握手会でファンに感謝

    【音声動画】指原莉乃が涙のHKT48電撃移籍、“元カレ”暴露報道を受け謝罪も。
    「エッチしたのに…」指原莉乃AKB48加入後の肉食情事発覚で脱退か!?
    AKB48指原莉乃、HKT48への移籍が決定
    【音声動画】さしこHKT電撃移籍にメンバー呆然 大島優子「まじ?」


     総選挙.関連記事 PV(アクセス数)ランキングベスト10 【BBA.R調べ】
    【AKB48】第4回選抜総選挙 まとめ
    【第4回AKB総選挙】4位大躍進のさしこ、脱ヘタレ宣言「弱音吐かない」



     http://news.livedoor.com/article/detail/6668283/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    a0280212_1612649

     最近の有吉さん まとめ

    伝説のロックバンド、元オアシスのノエル・ギャラガーが『ミュージックステーション』に出演した。しかしその後、自身のブログに司会のタモリや共演したAKB48について痛烈な批判を綴っていた。

    元オアシスのノエル・ギャラガーが、オアシスとして来日公演以来14年ぶりとなる日本武道館でのライブを行った。その来日の合い間、音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に生出演し、新曲を披露した。この日の『Mステ』には、AKB48らが共演。いつもはお騒がせキャラで有名なノエルだが、この日は「日本大好き」とコメントするなど、終始ご機嫌で出演していたかのように見えた。しかしその後、なんと自身のブログ『The Official Noel Gallagher Website』に、『Mステ』出演についての痛烈な批判を綴っていたのだ。

    ノエルは『Mステ』に対して「クソだし狂ってる」と記し、なぜこの番組が日本で支持されているのか理解できないと酷評した。また、共演したAKB48については「大量生産されたような13歳から15歳の子供」と辛辣な言葉で罵倒。司会のタモリについても「すかしたジジイでちょうどジェームズ・ボンドの敵役みたいな奴」とこき下ろし、最後には「なぜ自分がここにいるのか神のみぞ知る」と綴っていた。

    一方、日本の毒舌代表・有吉弘行は、この『Mステ』収録時にテレビ朝日にいたことをラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で明かしている。有吉は、ノエルについて“曲”ではなく“性格が悪いところが好き”と語り、もともとファンだったようでその日もノエルに会えないかと局内をウロウロしたほどだった。しかし後日、ノエルが綴ったタモリへの批判を知ると「そんなに嫌なら、途中で帰れ! クソバカヤロウ」と、ニコニコ最後まで出演していたノエルに、さすがの有吉も怒り心頭の様子だった。

    世界一、口の悪いノエルに、日本の毒舌王・有吉も尊敬するタモリの悪口を聞き、さすがに黙っていられなかったようだ。

    (TechinsightJapan編集部 佐々木直まる)


     http://news.livedoor.com/topics/detail/6601900/

    このページのトップヘ