ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    86d3a227-cf2b-4764-8d1c-ec6d576476c2_n


     7月3日、新ドラマ『GTO』(フジテレビ系)が鳴り物入りでスタートした。正式に制作発表される以前から、主演の鬼塚英吉役に内定していた赤西仁が降板するなど、内情がスッパ抜かれ、よくも悪くも話題となっていた同作。高い注目を得られたようで、初回視聴率は平均15.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)という好数字を弾き出した。

     だが、1998年に反町隆史主演で放送されたドラマのリメイクとあって、当時のファンには物足りない内容だったことは否めない。初回のストーリーも、98年版とほぼ相違ないもので目新しさがないだけでなく、出演者の演技力の低さも目に余った。

    「EXILEのパフォーマーであるAKIRAに主演は荷が重かったのでは? 外見は鬼塚風ではあるもののセリフの棒読みがひどく、学芸会レベル。決して反町の演技力が高かったとは言いませんが、当時の反町は高視聴率ドラマを連発していて、一部で“反町神話”とも言われていました。98年版にはいまだに強い思い入れのあるファンが多いため、今回のリメイク作品はそれを知らない中高生などの若年層にしか受け入れられないのでは。それともうひとつ、生徒役のキャスティングには各芸能プロダクションの思惑が色濃くにじみ出ており、興ざめですね」(テレビ誌ライター)

     今回の配役を見てみると、98年版でメインの生徒となった教師イジメの首謀者・相沢みやび(98年版は中村愛美、以下同)に研音イチ押しの川口春奈、村井国雄(池内博之)と菊池善人(窪塚洋介)はそれぞれジャニーズJr.、気弱なイジメられっ子の吉川のぼる(小栗旬)には『家政婦のミタ』(日本テレビ系)でアスダ家の長男を演じたスターダストプロモーションの中川大志が配されている。また、美人モデルとして話題にされることの多い西内まりや、本田翼も生徒役で出演中だ。

     だが生徒役の新人俳優たちの演技力などたかが知れている。窪塚や池内、小栗は今でこそ演技派俳優に成長したが、当時から上手な演技ができたわけではない。何より旧作と新作では、脚本の違いが大きい。98年の『GTO』脚本を執筆した遊川和彦は、『十年愛』(フジテレビ系)、『魔女の条件』(TBS系)、『女王の教室』(日本テレビ系)と各局でヒットドラマを手掛け、昨年はドラマ不況が騒がれる中で大金星となった『家政婦のミタ』を制作したヒットメーカー。旧作の脚本が秀逸だったせいか、リメイク版は「名シーンの焼き直し」に終始してしまっている。

     ただの焼き直しに何の意味もないことは、前田敦子主演でリメイクされた『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』(フジテレビ系)が証明済みだ。『GTO』制作発表で、AKIRAは「どなたがやっても魅力的な作品」と話したが、そううまくはいかないだろう。二回目以降、興味本位でチャンネルを合わせた視聴者が離れ、一桁台に急降下してしまう可能性も否めない。現時点では前作に忠実な内容で進行していくようで、この先のストーリーをすでに知っている視聴者はますます視聴意欲を失ってしまうだろう。単純なリメイクではなく、独自路線のまったく新しい『GTO』を構築してほしいものだが……。
    (文=鬼流院生姜)

    ※イメージ画像:関西テレビ『GTO』公式HPより


     http://news.livedoor.com/article/detail/6725992/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ataru
     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    oth12060205040005-p1

     女優山口智子(47)が、阿部寛(47)が主演する10月スタートのフジテレビ系ドラマ(火曜午後10時、タイトル未定)に出演することが1日、分かった。山口は、単発ドラマの04年「向田邦子の恋文」には出演したが、連続ドラマの出演は、96年のフジテレビ系「ロング・バケーション」以来16年ぶり。今回は初共演となる阿部の妻を演じる。脚本と監督を映画「ワンダフルライフ」「誰も知らない」の是枝裕和監督が務める。是枝監督が連ドラを手掛けるのは初めて。


     山口はあらすじなど読み、「面白い。早く見たいと思いました。夢と希望があふれる作品が大好きなので」と、出演を決めた理由を説明した。阿部の共演を「年を重ねるほどに新鮮な魅力を放つ阿部さんの大きさ、優しさ、温かさに飛び込んで行きたいです」と喜び」、阿部は「(山口は)自然体で力の抜けたすてきな人。僕もすごく新鮮な気持ちで共演させてもらえることがうれしいです」とコメントした。


     脚本家の先輩、倉本聡氏の「前略おふくろ様」や山田太一氏や向田邦子さんのドラマ作品が好きで、よく見ていたという是枝監督は「ワクワクしています」と、連ドラ初チャレンジに意欲的。山口と仕事できることを「お互い“向田邦子好き”なので、好みを反映できたらいい」と前向きにとらえ、阿部については「二枚目半」と表現。「この半をどう表現していくのか…そのさじ加減が難しく、面白いところ」と自らの課題をあげた。


     物語は是枝監督の書き下ろしのオリジナル。40代のサラリーマンが、親や妻子の巻き起こす家庭の問題や仕事の問題など、さまざまな局面で板挟みになりながら懸命に奮闘する姿をユーモラスに温かく、時にほろ苦く描く。

     [2012年6月2日6時46分 紙面から]

     http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120602-960937.html

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    三毛猫ホームズの推理
      三毛猫ホームズの怪談


    赤川次郎は私が本にハマったきっかけになった作家さん

    今まで何回もドラマ化、映画化されているけど

    その度に毎回いつも思う なぜ安っぽく作るのか・・・

    今回の三毛猫ホームズにしても設定からしておかしいし 兄弟3人になってるし、マツコさんもイミフだし、ホームズだって三毛猫は三毛猫でも高級そうなスコティッシュフォールドになってるし

     モデルになった赤川さんの猫のミーコもきっとビックリしてますよ

     相葉くんのムチャぶり企画なんかよりドラマがもうムチャぶりだっつ~の

     でもそこはさすがジャニーズドラマ 初回視聴率15.9%だそうで今後も気になります

     私も見ますよ?

     だって相葉くん好きですから(笑)

    原作も小説好きな方にはオススメです

     赤川さんの本は入り込んで読んじゃえば2時間くらいで読んじゃえるしね

    個人的には三毛猫ホームズシリーズの中では 三毛猫ホームズの怪談 が一番好きでした 



     
    にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへCoRichブログランキング

    このページのトップヘ