ニッポン放送

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    岡村隆史、日テレ・ドラマ批判に苦言「お門違い。批判のターゲットに。テレビ終わった」

    岡村隆史、日テレ・ドラマ批判に苦言「お門違い。批判のターゲットに。テレビ終わった」

    写真拡大


     今クール(1~3月期)の連続テレビドラマで、児童養護施設で親と離れて暮らす子供たちを描く『明日、ママがいない』(日本テレビ系)をめぐり、赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」を設置している慈恵病院(熊本市)が「児童養護施設の子供たちへの差別を助長する」との理由で、同局に放送中止を求め、さらに全国児童養護施設協議会や全国里親会も相次いで同様の抗議文を同局に送付。これらを受け同局は、「子供たちの視点から『愛情とは何か』をいうことを描く趣旨のもと、子供たちを愛する思いも真摯(しんし)に描いていきたいと思っております」との声明とともに番組の継続を発表し、波紋を呼んでいる。


     この一連の騒動について、お笑いタレント・岡村隆史(ナインティナイン)は、1月24日1:00~放送のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演し、同ドラマへの批判に対し苦言を呈した。


     まず岡村は、同ドラマが各方面から批判を受けていることについて、「(テレビ番組では)なんにもできへんようになる。また(視聴者が)ちょっと気に食わないと、また(番組が)中止になって、ニュースになって。そんなのばっかり」「テレビは終わった」などと困惑した様子を見せた。


     続けて、「お芝居ですから」と同ドラマがあくまでフィクションであることを強調し、一部で主演の子役女優・芦田愛菜に対し「可愛そう」と同情を寄せる声が上がっていることについても、「違う。すごいお芝居をして、逆に褒めてあげるべき。お門違い、ドラマだから」と違和感を示した。


     また、前出の慈恵病院が22日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に審議を求める申立書を送付したことについても触れ、「ドラマの現場もナーバスになって、こんなん(=BPOへの審議要請)入れたら自主規制してしまう。BP0がどんな判断するかわからんけど、『審議する』って言ったら、現場は委縮するに決まってる」と懸念を表した。


     加えて、同ドラマを実際に観たという岡村は、「(施設の子供たちを)応援したくなる。良いドラマだと思ったりする」との感想を漏らし、「(ドラマの評価は)最後まで観てからじゃあかんの?」と、同ドラマが放送途中で批判されていることへの不満を口にした。


     番組内ではこのほかにも、岡村は「ついにくるとこまできた」「何かしら(批判の)ターゲットにされる。怖いわ、いやになってきた」などとしきりに困惑の声を漏らし、相方の矢部浩之が「スタッフも出演者さんも、一生懸命につくってる」「(同ドラマを)楽しみにしている人もいる」と岡村の意見に同調するシーンも見られた。


     岡村は以前、自身がレギュラー出演するテレビ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)内の演出に対し、放送後にネット上で批判の声が寄せられた事態を受け、『オールナイトニッポン』内で、「ボケですやんか。それをなんかチクチク」「これからは、テレビ画面に『バラエティー番組でコントやってます』って、出さなあかんのかな」などと疑問を投げたこともあった。加えて、昨年には、テレビ番組『FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!』(同)内の一コーナーとして放送された『めちゃ×2~』の内容が、BPOの審議の対象にもなった。


     そんな岡村は常日頃より、テレビ局が外部からの批判やクレームにより萎縮し、番組のコンテンツが面白くなくなっていくという懸念を口にしているが、今回の『オールナイトニッポン』での発言から、同ドラマをめぐる一連の騒動がテレビ番組の制作現場に与える影響について、岡村が強い懸念を抱いている様子がうかがえる。


     1月15日に放送された同ドラマの第1話内では、赤ちゃんポストに預けられたという設定の子役に「ポスト」というあだ名がつけられたり、施設長が「お前たちはペットショップの犬と同じだ」という言葉を子役たちに浴びせたり、子役たちを平手打ちにするなどのシーンも見られた。この放送を受け、翌16日に慈恵病院は記者会見を開き、蓮田健・産婦人科部長は「施設の現状を知る視聴者は少ない。フィクションと言っても誤解されかねない」「同じ立場の子どもが聞いたらどれだけ傷つくか」などと、同ドラマを批判。日本テレビに放送中止と謝罪を求めた。さらに20日には、約600施設が加盟する全国児童養護施設協議会と全国里親会も、同局に抗議文を送付したが、現時点で同局は番組継続を表明しており、波紋を呼んでいる。


     また、同ドラマ第1話の平均視聴率は14.0%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)であったが、22日放送の第2話では13.5%(同)へ低下した。脚本監修は、過去に『高校教師』(TBS系)や『家なき子』(日本テレビ系)などを手掛けた人気脚本家・野島伸司氏が担当している。
    (文=編集部)


    ビジネスジャーナル
    http://news.livedoor.com/article/detail/8462180/

     日本テレビ【明日ママがいない】への波紋 まとめ


    愛菜学(まなまな) 芦田愛菜ちゃんに学ぶ「なんで?」の魔法 「マルモのおきて」 DVD-BOXさよならぼくたちのようちえん [DVD]

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「つかでございます」の挨拶でお馴染み、ニッポン放送(LF)とフジテレビの元アナウンサー、塚越孝さん(57)が26日、勤務先のフジテレビ内の男子トイレで首つり自殺をしていたことが分かった。現場には「ご迷惑をかけて申し訳ありません」などと書かれた遺書が残されていたという。


    「温厚な人柄ですが、会議ではシニア採用のOBを怒鳴りつけたりする一面もあった。仕事熱心な人でした」(フジ社員)


     日大芸術学部卒業後、1977年にニッポン放送に入社。「オールナイトニッポン」や「朝からたいへん!つかちゃんです」といった人気番組のパーソナリティーとして活躍していたが、06年4月、フジのアナウンス室に転籍する。昨年6月からはクリエイティブ事業営業部プロデューサーを務めていた。


    「02年、横浜市長に転出した中田宏の後継として神奈川8区から出馬すると報じられ、ミソがついた。政治色がつくと仕事にマイナスですからね。その後、ホリエモンのニッポン放送買収騒動に伴うグループ再編で、仕事のできないお荷物社員と50代以上の高給取り社員がフジテレビ送りとなった。これだけ大規模なリストラは後にも先にも一度きり。塚越さんも放出組のひとりでした」(ニッポン放送社員)


     古巣を追い出されたアナウンサーたちは、新たな職場で肩身の狭い思いをしていたという。

    「『年だけど、新入社員の塚越です』なんて自虐的に挨拶していましたね。当時のアナウンス室は飽和状態だったし、いくら経験が豊富とはいえ、ラジオとテレビは別物。慣れない環境で仕事にも恵まれない。塚越さんも地上波での出番はほとんどありませんでした。心の病を患った男性アナもいましたね。現在、LF出身のアナウンサーで活躍しているのは、『Mr.サンデー』のナレーションを担当する松元真一郎アナぐらいです」(フジ社員)


     昨年、同事業部に異動となったが、「アナウンサーを辞めたくない」と上層部に掛け合っていたという。

    「LFに残ったままなら、今ごろは管理職。“現役引退”の諦めもついたでしょう。まさかの人事で苦しい日々を過ごした上に、現場を離れることに抵抗があったのではないでしょうか」(前出のフジ社員)


     数年前、新聞のコラムで〈最後は居酒屋のオヤジになりたい〉とつづっていた。ホリエモンがいなければ違った人生を送っていたかもしれない。


    (日刊ゲンダイ2012年6月28日掲載)



    提供:ゲンダイネット


     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    無題aaa
    6日に行われた「AKB選抜総選挙」で
    4位に大躍進した指原莉乃がまさかのHKT移籍へ 
    (C)ORICON DD inc.

     人気アイドルグループ・AKB48の指原莉乃が、福岡・博多を拠点に活動する姉妹グループ・HKT48に移籍することが決まった。総合プロデューサーの秋元康氏が、15日深夜に生出演したニッポン放送『AKB48のオールナイトニッポン』(毎週金・深1:00~)で発表した。一部週刊誌が報じた過去の交際報道の釈明のために登場した指原に向け、「指原はHKT48に移籍します。できるだけ早く博多に引っ越して、博多に住んで、博多で活動してもらいます」と完全移籍を伝えた。

    【写真】平均年齢が最も若いHKT48メンバーソロショット

     番組序盤に登場した前田敦子と入れ替わりで登場した指原は、いきなり涙声で「中身に関しては事実じゃないこともたくさんありましたが、その人とお友達だったことは本当です」と一部内容を認め、「さっきブログのコメントを読ませていただいて本当に心苦しくなりました。皆さんすみませんでした」と謝罪。弁明を聞いた秋元氏は指原の気持ちを汲みながらも「どういう形であれ、応援してくださる皆さんに誤解される行動をとったのは間違いない」とし、「君は明日から、HKTの指原莉乃です」と言い渡すと、指原は声を振り絞って「はい」と答えた。

     総選挙4位に躍進した次世代を担う指原の驚愕人事にメンバーもぼう然。前田敦子との電話中に秋元氏からの電話を受けた大島優子は、派生ユニット・Not yetのメンバーでもある指原の移籍を知らされ「うそでしょ?」と絶句。秋元氏が「Not yetの活動も大変になるよね」と問いかけると「えーまじ? え…そうなんだ…」と最後まで半信半疑の様子だった。

     指原のことを心配して番組を聴いていたという篠田麻里子は秋元氏のケータイに直接メール。「博多(移籍)はビックリしました。でも秋元さんの愛情も感じました。心配させてしまったことは事実なので、その分、今以上にさしこを応援してよかったと思ってもらえるように頑張ってもらいたいです」と秋元氏がその内容を読みあげた。

     番組のエンディングで秋元氏は、リスナーから寄せられた「左遷」というコメントに対し「指原への応援の意味を込めたもので左遷ではない」ときっぱり否定。昨年11月に劇場デビューしたばかりで、CDデビューもしていない若きHKT48に「指原が学んだことを伝えてほしい。指原が博多に行って盛り上げて、リセットして頑張ってほしいよね」とエールを送ると、一緒に番組を進行し、衝撃の人事を目の当たりにした峯岸みなみは「ガチすぎて、私が一番ビックリしていますよ」と驚きを隠しきれなかった。

    【関連記事】
    AKB48→HKT48へ 指原莉乃スキャンダル.まとめ

     総選挙.関連記事 PV(アクセス数)ランキングベスト10 【BBA.R調べ】
    【AKB48】第4回選抜総選挙 まとめ
    【第4回AKB総選挙】4位大躍進のさしこ、脱ヘタレ宣言「弱音吐かない」




      http://news.livedoor.com/article/detail/6663563/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    20120606-00000365-oric-000-0-view

    生放送中に秋元康氏が"処分"を発表

    16日、週刊誌報道が話題になっていたAKB48の指原莉乃さんが、ニッポン放送「オールナイトニッポン」に出演、騒動をファンに謝罪した。これを受けて、同じく出演していた総合プロデューサーの秋元康氏から、明日からのHKT48移籍が発表された。

    指原さんは、週刊誌の内容について、涙ながらに「事実じゃないこともあったが、友達だったことは事実」とし、「ご飯が食べられなくて、食べて吐いてのくり返し、リハでは過呼吸になり、事情を知らないメンバーに心配をかけました。」「ブログのコメントがこわくて見られなかったが、先ほど初めて見ました」「皆さんからのコメントに胸が苦しくなりました。」と述べた。

    「辞めることも考えた」という指原さんに、週刊誌発売後、初めて面会したという秋元氏からは、「福岡に引っ越すように」と、HKT48移籍が即座に言い渡された。

    また、秋元氏は「イエローカード1枚目」「他のメンバーにはそういうことは無いよな」と語りかけ、コーナーの最後には、指原さんも明るく「頑張ります」と締めくくった。番組の最後に秋元氏は、「左遷でもなんでもない。新しいグループには指導者を送り込まなければいけない」とも述べた。

    この発表を受けて、放送を聞いていたAKB48の篠田麻里子さん、石田晴香さんらは、Twitter、Google +上で驚きの声を上げている。

    AKB48→HKT48へ 指原莉乃スキャンダル.まとめ


    【関連記事】
    【音声動画】指原莉乃が涙のHKT48電撃移籍、“元カレ”暴露報道を受け謝罪も。
    【音声動画】さしこHKT電撃移籍にメンバー呆然 大島優子「まじ?」
    「エッチしたのに…」指原莉乃AKB48加入後の肉食情事発覚で脱退か!?


     総選挙.関連記事 PV(アクセス数)ランキングベスト10 【BBA.R調べ】
    【AKB48】第4回選抜総選挙 まとめ
    【第4回AKB総選挙】4位大躍進のさしこ、脱ヘタレ宣言「弱音吐かない」


      http://news.livedoor.com/article/detail/6663465/

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    news_thumb_120531ariyoshi


    6月14日(木)に「有吉弘行のオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送)が放送されることがわかった。

    コンビ時代の1997年6月に「猿岩石のオールナイトニッポン」を一夜限りで担当したこともある有吉。ピンとしては今回初めてオールナイトニッポンでパーソナリティを務める。


    番組では、今年2012年上半期の芸能やスポーツの話題について回想。また有吉がニッポン放送の“勝手に編成局長”として、同局で現在放送中の番組について“一石を投じる”企画も実施される予定だ。


    そのほかラジオらしく、リスナーの悩みにガチンコで向き合う電話人生相談も。果たしてどんな放送になるのか、オールナイトニッポンならではの有吉の喋りをぜひお楽しみに。


    有吉弘行のオールナイトニッポンGOLD


    ニッポン放送 2012年6月14日(木) 22:00 ~ 23:50
    全国18局ネット
    出演:有吉弘行
    メールアドレス:ariyoshi@allnightnippon.comで投稿受付中


    最近の有吉さん まとめ

    このページのトップヘ