ヘルタースケルター

    aa557ffcbabd100aff2758d94b758bff
     

    images0000
    『ヘルタースケルター』岡崎京子(祥伝社)


     7月公開の注目は、『ヘルタースケルター』だろう。最高傑作ともいわれる岡崎京子のマンガを原作に、監督は蜷川実花、主演の沢尻エリカは5年ぶりの銀幕復帰でヌードを披露──。作品の注目度だけでなく、大麻常用疑惑を発端にニュースが絶えないエリカ様。話題性は十分だ。


     マスコミ試写は大混雑で、上映中は、演出の一環なのか、盗撮防止との説明のもと、スクリーンの両サイドでガードマンが見張る異様な光景だった。興行収入は2ケタ(10億円)はいく、というのが周囲の関係者の声だ。
     
     注目の「沢尻はどれだけ脱ぐのか」については、期待を裏切っていない。開始早々バストトップをさらし、恋人役の窪塚洋介との濃密な濡れ場シーンで惹きつける。プロデューサー役の哀川翔や、マネージャーの彼氏役・綾野剛とのセックスシーンもある。不安定で奔放なトップスター・りりこは、沢尻の素行ともリンクしフィクションを超えてくるよう。極彩色の蜷川ワールドも全開で、宣伝文句「映画というより事件!」の言葉通りだ。

     引っかかったのは、同時代性が薄いこと。りりこは“消費される存在”として苦しむのだが、今のアイドル、例えばAKB48のメンバーはそんなことは百も承知でしのぎを削っている。「どうせ私たちは欲望処理装置」と言ってのける後輩モデル(水原希子)こそ、現代感覚のような気がした。10 ~ 20代の観客はどう観るのか気になる(そもそも観に行かないかな)。

    文=平山ゆりの/日経エンタテインメント!
    (ダ・ヴィンチ8月号「出版ニュースクリップ」より)


     

    提供:ダ・ヴィンチ


    ■関連記事
    【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】




    Menscyzo_10917_s


     14日に映画『ヘルタースケルター』の公開を控えるも、いまだ主演女優・沢尻エリカの行方はようとして知れない。5日に東京都内で行われた試写会も欠席し、登壇した蜷川実花監督は「今日エリカと電話で話したんですが、『行かれなくてごめんね』と『14日の初日舞台あいさつに向けて体調を整える』と言っていました」と明かした。試写会では沢尻からの手紙も読み上げられ、「今日は、この場にいれなくって本当にごめんなさい」「エリカはいっぱい悩んだけど、いっぱい伝えたい気持ちがあります」「早くみんなに会えるように公開に向け気持ちを立て直して頑張ります」と心境を綴っていた。しかし、その手紙すら本人が書いたものかどうか定かでないという。

    「あえて沢尻本人が書いたもののように幼稚な文体に仕上げていましたけど、彼女を匿うスタッフがそれらしく書いたのでは、と記者の間でもっぱらです。直筆サインもありませんしね。わざわざ手紙をスクリーンに大写しにしていましたが、なんの意味もない。大体、その日に沢尻が来るのか来ないのかも、ほとんどのスタッフは直前までわからずに現場は混乱していたんですよ。PRをまったくせず、これほど迷惑をかけておいて、しれっと14日に登場されても……」(スポーツ紙記者)

     渦中の沢尻は、海外逃亡したとのウワサも流れたが、現在は都内の自宅マンションにいるという。特に療養生活を送っているワケでもなく、ごく普通に遊び歩いているようだ。発売中の「FLASH」(光文社)が、彼女の姿を激写している。

     同誌によれば、試写会前日の4日午後4時、沢尻は自宅マンション近くの路上にいた。まず驚くべきはその容貌の変身ぶりだ。映画撮影時は重そうなロングヘアだった髪をバッサリショートに切り、サイドは大胆に刈り上げ。色も金髪だ。ダメージデニムにスニーカー、迷彩柄のタンクトップの上にライダース風のベストを羽織り、クラッチバッグを片手に持っている。通行人も彼女が沢尻とは気づかず「ハデなねーちゃんがいるな」という反応だったという。彼女はタクシーに乗り込み出かけて行った。

     そして再びタクシーで帰宅したのは、試写会当日の5日、深夜3時20分。女友達を連れて上機嫌な様子だったという。だが「FLASH」記者の突撃に表情は一変。「ファックユー!」とつぶやき、マンションのガラス扉を力任せに閉め、中に入っていった沢尻は、「明日の試写会にどうして出席しないんですか?」という問いに「来んなよ! うるせーな!」とヒステリックな罵声を浴びせた。

     4月下旬にも「女性自身」(同)の直撃に「うるせぇ! ウゼーんだよ!」と叫びながら逃走したという沢尻。マスコミの相手など、もううんざりなのだろう。それにしても、ここまで邪険な扱いをしてしまっては、いくら公の場でしおらしい姿を演出してもイメージ回復には結びつかないと思うが……。

    「体調不良で休養と言いながら、派手に遊び歩いているのでは、これまで彼女を庇っていたスタッフも愛想を尽かしますよ。反省の色を見せたあの手紙は一体なんだったんだってね。それに彼女は離婚問題がまだ決着していないうえ、新たに大麻愛好家疑惑もつきまとっており、イメージは最悪。彼女を引き取ったエイベックス松浦勝人社長も手を焼いているようですね。ようやく女優復帰したと思ったらこの有様ですから、次の仕事も決まらない。厄介なお荷物案件になってしまいそうです」(業界関係者)

     このままでは、14日の舞台挨拶登壇も厳しそうな沢尻。いっそ芸能界から身を引くのもひとつの選択肢ではないだろうか。

    ※イメージ画像:沢尻エリカ

    提供:メンズサイゾー

     
    ■関連記事
    【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】








    mqdefault



    ヘルタースケルター 監督:蜷川実花 主演:沢尻エリカ

    大森南朋 寺島しのぶ/綾野剛 水森希子 新井浩文
    鈴木杏(友情出演)/寺島進/哀川翔/窪塚洋介(友情出演)/原田美枝子
                桃井かおり



    トップモデルとして芸能界の頂点に君臨し、人々を魅了するりりこには、


    その美貌は全身整形によってもたらされたものという、究極の秘密があった。



    誰にも言えないその秘密を抱えながら、底なしの欲望渦巻く世界…


    素性不明の人気モデル・りりこは、実は、


    全身を作り変えるほど危険な美容整形手術を施しているという重大な秘密を抱えていた。



    りりこは、その美貌でトップアイドルになっていくが、手術の激甚な後遺症に心身共に蝕まれていく。



    映画公式サイト http://hs-movie.com/index.html
    原作公式サイト  http://www.shodensha.co.jp/helter_skelter/
    劇場情報 6/1 http://hs-movie.com/theater.html


    ■関連記事
     【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】



    a619d_97_N0043832_l
    熱演の裏には沢尻の知られざる思いが…… -
    (C) 2012 映画『ヘルタースケルター』製作委員会



     女優・沢尻エリカ主演の映画『ヘルタースケルター』で、沢尻の素顔がのぞけるメイキング映像が公開された。クランクアップ後のインタビューで撮影を振り返った沢尻は、スタッフへの感謝の思いを口にした場面で感極まり、声を詰まらせ、目に涙を浮かべた。


     2分強のメイキング映像には、全身整形で誰もがうらやむ美しさを手に入れた主人公のトップスター、りりこに成りきった沢尻が、濃いメイクに露出度の高い派手な衣装を身に着け、ドスのきいた低い声で残酷なセリフを言う姿や、蜷川実花監督とのオフショットなども収録されている。


     超ミニ丈のヒョウ柄ワンピース姿で、幻覚に惑わされ、髪を振り乱し泣き叫ぶりりこをとらえたシーンでは、緊迫した空気の中で演技する沢尻の存在感が抜群だが、「カット」の声が掛かった後、「皆さん本当に今日はご迷惑お掛けしました。明日もよろしくお願いします」とスタッフに深々と頭を下げる沢尻。


     また、大雨の中で魂の叫びを爆発させるという、りりこの心情を切り取った重要なシーンでクランクアップを迎えた様子も収められており、蜷川監督と主演女優・沢尻が、思いを共有するかのように長く抱擁し合う場面も。そして、沢尻は花束を手に「イエ~イ! 打ち上げも飲むぞー!」と元気いっぱいに笑顔をはじけさせたが、撮影を振り返り「りりこが落ちていくと自分も落ちていく感じだった」などと役の気持ちにどんどんシンクロしていったことを告白。


     「支えてくれるスタッフがなんて温かいんだろう」と現場スタッフへの感謝を口にした瞬間、ふと込み上げた熱い思いからか、声がかすれた沢尻。「それは絶対芝居にも出ていると思うから」と涙声で約5年ぶりの映画復帰作に確固たる自信をのぞかせた。なお、Yahoo!映画で公開されている約7分版のメイキング映像は、掲載2日間で100万回再生を突破。Yahoo!映画史上初の盛り上がりを見せている。


     体調不良を理由に映画のPR活動休止を5月15日に発表した沢尻は、今月5日に蜷川実花監督をはじめ、共演の大森南朋、綾野剛、水原希子、新井浩文が出席したジャパンプレミアイベントも欠席。その際、沢尻からの謝罪メッセージが会場スクリーンに大きく映し出されたが、映画初日となる14日の舞台あいさつでは復活した姿を見せるのか、注目されている。(編集部・小松芙未)


    映画『ヘルタースケルター』は7月14日より丸の内ピカデリーほかで全国公開

    ヘルタースケルター.メイキング映像

    提供:シネマトゥデイ




    ■関連記事
     【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】





    m_news12070513_218958
    沢尻エリカからの謝罪文が公開された「ヘルタースケルター」のジャパンプレミア




    5日、沢尻エリカが蜷川実花監督とタッグを組んだ主演作「ヘルタースケルター」のジャパンプレミアが都内で開催され、出演者の大森南朋、綾野剛、水原希子、新井浩文と蜷川監督が参加した。

    【関連写真】沢尻エリカが「毎日楽しく撮影しています」と語っていた、「ヘルタースケルター」撮影現場会の様子

    この日は出席の予定だった沢尻だったが、前日夕方に急遽欠席が決定。またもや様々な反響を呼ぶことになったが、登壇者たちからはいたって前向きなコメントが続いた。

    まずは、蜷川監督の現場について聞かれた大森。「監督は非常にちゃんとされていますが、強烈な女優が集まっていたので、その辺が強烈というか…、頼むよ!」と、言葉に詰まるといきなり新井にバトンタッチ。「なおさんはほとんど絡んでないじゃないですか? 僕なんか(沢尻、桃井かおり、寺島しのぶ)3人と絡みましたから。すごく気を使うから、希子ちゃんと撮る時はとても楽しかったです」と、思わず本音も飛び出した。

    2人のやりとりを聞いていた綾野も、「ただでさえ、先輩方が気を使うと言っているのに。僕は初日が性的描写のシーンで、ずいぶんサディスティックなスケジュールだなと思いましたが…まぁ全部ショッキングですから」と、苦笑した。沢尻のライバルを演じた水原は、「(自分が演じた)こずえちゃんは私と同じモデルなので、自分の仕事の現場に映画のカメラが入ってきた感覚でした。監督には普段の希子らしくいけと言われたので、なるべくナチュラルに見えるように頑張りました」と振り返った。

    続けて沢尻からの手紙がスクリーンで公開され、この日の欠席を謝罪。今日も沢尻と電話で話したという蜷川監督は、「(公開初日の)14日に向けて(体調を)整え、(舞台挨拶の)劇場で会えるのを待っています」と沢尻のメッセージを伝えると共に、「今日、やっと皆さんに見ていただき、ここからこの映画は始まります。ぜひ宣伝してください!」とPRした。

    映画「ヘルタースケルター」は、7月14日(土)丸の内ピカデリー他全国ロードショー

     

    提供:ハリウッドチャンネル

    20120701-00000038-bark-000-0-view
     


    試写の段階から超満員、7月14日に全国公開となる映画『へルタースケルター』。主演の沢尻エリカの体当たりな演技と過激な演出、そして蜷川ワールド全開の映像美がすごい、というのはすでにいろんなところで噂となっているが、この作品で使用されている音楽もまたすごいと噂らしい。

    というのも、本作の音楽は80年代に戸川純らとともに「ゲルニカ」として活動した上野耕路が監督を務めている。上野といえば坂本龍一とともに数々の映画音楽に携わってきた男。映画『へルタースケルター』という作品世界に負けることなく、時にドラマティックに、時に緊迫感を持って、ストリングスを中心とした数々の楽曲で音の面から作品に華を添えている。

    主人公“りりこ”の心情にトリップするような錯覚すら覚えるこの楽曲群を収録したサウンドトラックCDは、7月11日に発売。ラストには今作のテーマソングとなっている浜崎あゆみの代表曲「evolution」も収録されている。

    提供:BARKS


     【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】






    mokuji09-37b


     【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】




     【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】







    217358l


     5年ぶりの主演映画『へルタースケルター』の公開を今月14日に控えた沢尻エリカに、不穏なウワサが駆けめぐっている。

     沢尻が体調不良により休養を発表したのは5月15日のこと。劇中で演じた全身整形のトップアイドル「りりこ」の役柄が抜けず、心身のバランスを崩したことが原因と報じられた。その際、マネジメントを担当するエイベックスは「国内にて療養中」と説明していたが、直後に「週刊文春」(文藝春秋)が沢尻の“大麻中毒疑惑”を報道。2009年9月に前所属事務所「スターダストプロモーション」を“クビ”になった本当の理由は、大麻の常用だったと衝撃スクープしたのだ。

    「同誌には解雇通知書も掲載されており、インパクトは十分。ただ、解雇通知書に隠れて見落としがちですが、文春が言いたかったのは、いまだに沢尻さんの常習グセが治っておらず、今回の休養発表の裏にも大麻常用疑惑があるということですよ」(ワイドショー関係者)

     そんな中、あるウワサが業界を駆けめぐっている。

     某スポーツ紙デスクは「国内で療養中といわれている沢尻さんが、実は現在、海外にいるって話なんです。真偽のほどは不明ですが、Twitterでは、ヨーロッパ方面で彼女を見たというつぶやきや、沢尻さんとおぼしき女性のうしろ姿の写真もアップされている。フランスに記者を飛ばした社があるという話も耳にしました」と明かす。

     万が一、それが事実なら「薬物疑惑を恐れ海外に逃亡した」というシナリオも成立するが……。

    「そういえば、文春の大麻報道の前後で警察当局がある有名人を薬物絡みの案件で内偵していると聞きました。てっきり、その時は薬物絡みで逮捕(処分保留)された酒井法子の元夫・高相祐一かと思っていたのですがね」(警察担当記者)

     すべてが杞憂に終わることを祈りたい。


    提供:日刊サイゾー


    【関連記事】

     【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】
    沢尻エリカ 主演映画「ヘルタースケルター」予告編が解禁(YouTube 動画)
    沢尻エリカ、わずか半年でまた休業w
    沢尻エリカ、美脚全開!むっちり太ももがセクシー!「パルコ」新CMに登場
    欲望だけが真実、“全身整形”りりこ=沢尻エリカの素顔とは







    f72c6efa399566f62882436c8cebd85e
    (C)2012映画『ヘルタースケルター』製作委員会 写真一覧(4件)

     2003年に発売され「第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した岡崎京子の同名マンガを原作に、沢尻エリカがバストトップを披露した過激なセックスシーンなどでも話題を呼んでいる映画『ヘルタ―スケルター』。公開2ヵ月前に予告編が解禁となった矢先、体調不良を理由に沢尻のPR活動休止が発表され、5日に開催されるジャパン・プレミアに姿を見せるか注目が集まる中、いよいよ14日より最高のショーが幕を開ける。

    美貌・若さ・演技力のすべてを兼ね備えた唯一人の女優

     沢尻演じる“りりこ”は、美・名声・金・愛の欲にまみれた芸能界の頂点で光り輝くトップスターだ。トップの座を脅かす後輩モデル・吉川こずえ(水原希子)や、狙っていた御曹司・南部貴男(窪塚洋介)に突如現れた婚約相手など、自分にとって邪魔な存在に危害を加えようとする様は、まさに“悪女”そのもの。身近なマネージャーに当たり散らし、周囲を寄せ付けずに孤独を抱え、破滅への道を辿っていく姿は痛々しい限りだが、りりこは決して悪一色に染まり切っている訳ではない。温もりに包まれた花畑で妹相手に本音を漏らしたり、「仕事を辞めたい」と無邪気な子供のように泣き叫ぶシーンでは、“目ん玉と爪と髪と耳とアソコ以外は全部つくりもの”な全身整形の外見と反して、内に秘めた心優しい素顔を覗かせる。

     実に5年ぶりとなる復帰作で、破滅への道を辿るりりこ役を全身全霊で演じ切った沢尻。彼女を起用した監督の蜷川実花が「沢尻エリカは、りりこそのものでした」と語るように、栄光から一転してマスコミのバッシングに晒されるりりこの姿は、現実世界の沢尻自身とも重なって見える。沢尻エリカの真実の姿とは一体…? 彼女の代表作とともに、その素顔に迫る。

     沢尻がブレイクするきっかけとなったのは、2005年に公開された映画『パッチギ!』(監督:井筒和幸)だ。1968年の京都を舞台に、朝鮮高校に通うヒロインのキョンジャを演じ、自分に思いを寄せる日本人学生・康介(塩谷瞬)と交友を深める。キョンジャと康介は、南北に分断された朝鮮半島を歌った「イムジン河」を通じて距離を縮め、二人を取り巻く家族や学校にも波紋を広げていく。歴史的な過去から反日感情を抱く周囲に戸惑いながらも、自分の想いを貫こうとする可憐なキョンジャを演じた沢尻は、数々の映画賞で新人賞を総ナメにした。

     一部では孤高な女王のごとく「エリカ様」とも呼称される沢尻だが、2006年5月に公開された映画『間宮兄弟』(監督:森田芳光)で演じたヒロイン・本間直美を観れば、その印象もまた違ってくるだろう。レンタルビデオ店でアルバイトをする大学生の直美は、客の一人である間宮明信(佐々木蔵之介)からカレーパーティに誘われ、必要以上に警戒することもなく兄弟の家を訪れる。野球に夢中な彼氏に不満を感じる一方で、マニアックな趣味をもつ間宮兄弟の温かい人柄に触れ、一緒になってモノポリーを楽しむ直美。天真爛漫な妹・夕美(北川景子)と比べて控え目ながらも、その真っ直ぐで心優しい姿には、男性のみならず同性からも支持を集めるに違いない。

    笑わせないで かわいいだけなんて嫌。 私はそんな女じゃない

     その後7月より放送されたドラマ『タイヨウのうた』では、同時期に公開された同名映画でアーティストのYUIが演じたストリート・ミュージシャン雨音薫役を演じ、役名のKaoru Amaneで歌手デビュー。ドラマ挿入歌として使用されたシングル「タイヨウのうた」はオリコン・ランキングで2週連続1位を獲得し、女性歌手のデビュー作として最高の初動売り上げを記録した。続く、2007年にERIKAとしてリリースしたシングル「FREE」もオリコン1位を獲得し、女性歌手でデビューから2作連続の1位獲得は、薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」「探偵物語」以来、24年振りの快挙となった。同作に収録される「Time to go home」では、本人がどうしても入れたかった言葉で締め括られている。

    役者になるために生まれて来た人ですね。彼女が画面の中で笑ったり泣いたりすると、シナリオが喜ぶんですよ。

     2007年に公開された映画『クローズド・ノート』を最後に、女優としての活動を休止していた彼女だったが、今年2月よりBeeTVにて配信開始となったドラマ『L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語』で4年半振りに女優復帰。“本当にイイ女とは?”をテーマに、仕事をバリバリこなしキレイでカッコいいが恋愛に関しては純情で奥手な女性“絵瑠(エル)”と、純情で明るく可愛らしいが恋愛に関しては積極的で小悪魔タイプな女性“絵夢(エム)”を一人二役で演じ分けた。

     監督・脚本を務めた寒竹ゆりは、今後の沢尻について「これからもっと色んな役を演じて欲しいなと思います。エリカはコメディがすごく向いてると思う瞬間がありまして、変なことをやらせると、水を得た魚のようにすごく嬉しそうにやるんですよ。普段は三枚目なので、面白いと思います。」と意外な素顔を伝えた。沢尻は『ヘルタ―スケルター』を撮り終えて「とにかく実感したのは、やっぱり現場が好きだということ。お芝居の現場に戻って来れたことが一番大きかったですし、これが私の生き甲斐なんだなって感じたんです。」と心の内を明かしている。

     『ヘルタ―スケルター』公開を前に、女優・沢尻エリカの生き様を学ぶなら、国内外の映画からドラマ、アニメ、音楽、BeeTVまで約5,000タイトル以上が定額525円で見放題の「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」がオススメ。スマートフォンで、自宅でも外出先でも、観たいときに動画と出会う、新しいケータイライフがあなたを待っている。

    提供:MOVIE ENTER




    【関連記事】

     【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】
    沢尻エリカ 主演映画「ヘルタースケルター」予告編が解禁(YouTube 動画)
    沢尻エリカ、わずか半年でまた休業w
    沢尻エリカ、美脚全開!むっちり太ももがセクシー!「パルコ」新CMに登場
    国内療養はウソ!? 「大麻中毒報道」の沢尻エリカに“海外逃亡”の怪情報!




     

    このページのトップヘ