加藤あい

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    cinematoday_N0043444_0-small

     [シネマトゥデイ映画ニュース] 映画『アナザー Another』の完成報告会見が27日、東京・六本木のニコファーレで行われ、不思議な少女を演じた橋本愛が、「羞恥心を持ち合わせていない」と告白、共演した加藤あいは、極度の怖がりの一面を明かした。この日はそのほか、山崎賢人、袴田吉彦らも出席。フォトセッションでは、『貞子3D』から貞子まで登場した。


     本作について橋本は「撮っている間はわからなかったんですが、(完成してみたら)すごく怖くて面白い作品」と紹介。共演した加藤あいはホラーが大の苦手とのことで、「まさかホラー映画に出演するとは思わなかった。引き受けて良いかどうか迷ったのですが、怖さだけじゃない作品と聞いて一大決心しました」と出演を決めるまでの心境を語った。


     撮影では携帯電話も通じない三重県の山奥で5日間の合宿状態となることもあったというが、橋本にとっては楽しい経験だったようで、「何の邪念もなく一つの作品に集中できるのは楽しかった。怪奇現象がなかったのはつまらなかったですね」と明るい表情。


     また報道陣から、恐怖体験や恥ずかしい体験について聞かれると、極度に怖がりの加藤は「ロケで地方に行くと、一人でお風呂に入れないのでマネージャに一緒に入ってもらったりしています。何でもないことでも心霊体験に思えちゃいます」と苦労話を披露。


     一方で「羞恥心を持ち合わせていないんです」と告白した橋本は、「道路の真ん中でダンスを踊ったり大声で歌ったり、友達に『恥ずかしいからやめて』って言われちゃうんです」と過去の経験を語る。すると古澤健監督からも「お弁当を食べながら大声で歌っていたね。そういう子なんだって思ったよ」と言われ、橋本も「無意識に歌っちゃうんです」と認めた。


     同作品は綾辻行人の小説「Another」が原作。中学校を舞台に不思議な少女、見崎鳴(橋本愛)の存在をめぐり、次々に不吉な出来事が起こり死者が増えていく学園ホラー。(取材・文:県田勢)

    映画『アナザー Another』は8月4日全国公開



    最も怖いジャパニーズホラー映画ランキングTOP10!他ホラー映画NEWS



     http://www.cinematoday.jp/page/N0043444

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    20120619-00000029-flix-000-3-view


     人気シリーズの劇場版第4弾となる、『BRAVE HEARTS 海猿』の完成披露試写会が東京国際フォーラムにて行われ、伊藤英明、加藤あいらが声を詰まらせ、涙をぬぐいながら、映画の完成を報告した。4,000人の観客を前に、伊藤、加藤のほか、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎、羽住英一郎監督が登壇したこの日の舞台あいさつは、8年の歴史を感じさせる感動的なものとなった。


     ファンにもみくちゃにされながら壇上に立った伊藤は、ファンの大声援に感無量の様子で、「皆さんに支えられて、ここまで来ました。今回、皆さんの温かい声援を受けて間違いなく成功するだろうという気持ちになりました」と客席に向かって感謝の言葉を送った。さらに「これだけ愛される作品にめぐり合い、演じさせてもらって、演じ切れたことに感動しています」と主演の仙崎大輔を演じ切った喜びを伝えると、多くのファンの後押しを感じ取った様子の伊藤は、思わず声を詰まらせ、涙を隠すように後ろを向いた。そんな伊藤の姿に、隣に立つ妻・環菜役の加藤あいも、もらい泣き。止まらぬ涙を、何度も手で拭った。


     シリーズを通してメガホンを取ってきた羽住監督は、劇場版第4弾となる本作について、「一番熱い海猿ができた!」と自信たっぷり。「皆さんに愛されたおかげ!」とファンヘの感謝の言葉でこの日のイベントを締めくくった。


     本作のタイトルの「BRAVE HEARTS」に込められたのは、「どんな困難な壁も、多くの人が集まって勇気ある一歩を踏み出せば、きっと乗り越えられる」という思い。スペシャリスト集団“特殊救難隊”隊員にステージアップした仙崎大輔が、原作の中で最大の海難事故である“ジャンボジェット機の緊急海上着水”に挑み、そんな思いを、今夏、映像を通して届ける。(福住佐知子)


    映画『BRAVE HEARTS 海猿』は7月13日より全国公開





    シネマトゥデイ

    このページのトップヘ