動画

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション 
    SCREAM 4
    2011/アメリカ R15+ 監督:ウェス・クレイヴン 主演:ネーヴ・キャンベル
     支那蕎麦を食するのはいいのだが、1日ほど時間を置くと、また支那蕎麦を食したくなる。で、支那蕎麦を食し、また1日ほど時間を置くと、阿呆なのか、これまた支那蕎麦を食したくなるのである。
     これは油中毒に由来する反復で、何度も同じ店に、同じ時間帯に行く辺り、ワガがワガをトレースする完璧なる反復なりけりと堂に入っておると、何度も何度もちゅるちゅると麺を食らい、ずびずばと汁を啜るワガをどこか冷めた目で見ておるワガも存在するのであって、そんな高位のワガの視点、これをメタ視点、ちゅうん、ですか。こうしたものを拗らせると、支那蕎麦を食するだけに留まらず、何をするにも自分が阿呆のように思えてきて、人生の暗渠を行くが如き気持ちになり、胸には虚無が広がり、あらゆるものが相対化・無力化されて何をしてもちくとも楽しくなく、わあ、と絶叫すると発作的にビルの屋上から身を投げた、なんて末路は嫌だな。僕は嫌だな。
     ところがメタとハサミは使い様、なんてことを申して、反復行為のうちに頭上に生じてくるメタ視点を、こう、上手いこと、クイッとやると、勢い増して米鬼撃滅、何となくはくはくしたものになって、反復行為にメタ視点を添えて提示する、なんてこともできるのであって、色々な映画がそれをやっちゃ大受けし、それをやっちゃ白けられ、味噌と糞の分別がつき辛くなったので御座るよ。

     で、まあ、たぶん、糞ではなくて味噌の方だとは思うが、『スクリーム』シリーズは映画内映画、ホラーの法則を逆手に取る、などの小細工を散々に弄した挙句、メタ視点をシリーズに施療することに成功し、3作も出たのち10年も経って4作目を出すなど、視点がより高次へ高次へと高まり、メタ、メタメタ、メタメタメタとメタタタタなことになっておる。そんな高次元を女子高生の下履きでも覗き込むかのように下から見上げてみたのだが、はは、これは陳腐な視点しか持ち合わせぬ下郎の独り言でございますが、どことなーく、何となーく、原点回帰って言うかさ、リブートしたいんちゃうけ? と思わせるような安心感・安定感があったのだね。

     映画内映画『スタブ』も7作目まで公開されており、もうネタ切れだからタイムスリップの要素まで取り入れちゃったよなんて会話で人を煙に巻いた矢先から、つるるるるるっ、つるるるるるっ、なんつて電話が鳴って、「お前の好きなホラー映画はなんだ?」と例のメッセージが聞こえてくる。あんた誰よ、いたずらはやめなさいよ、と定番のレスポンスを返していたら、ゴーストフェイスがだっだーんと出現、ふんふん言って犠牲者を刺し殺し、ウッズボローの連続殺人事件がまた始まりました、という導入部分からして、1~3作目に続く反復なのだが、実はもうかなりメタ的。『SAW4』の悪口をのたまいつつ、『ファイナル・デスティネーション』みたいね! なーんて台詞を言わせてみたり、それら中堅どころのジャンル映画の名を挙げながら、敢えて80年代スラッシャーの装いを見せるという、よそ様の作品をばりばりに意識した上でのメタ。他にも大量に名作ホラーの名を列挙したり、ホラーオタクは死なないんだ!→殺す。ゲイは死なないはずだけど!→殺す。という、予断を許さない殺人は、主人公シドニー(ネーヴ・キャンベルの続投!)の主人公ゆえの身の安全を担保するものではなく、最後の最後の最後まで観客を翻弄する。大体が無茶ら苦茶らなこじつけであるからして、今回犯人を当てる、フーダニットは不可能に近いのだが、その真犯人ですらもメタにメタを重ねて挙句が結局シリーズ通しての安牌に落ち着いてしまったというところもまた良し。

     とは言い条、時間は流れる、時代は変わる、この不可逆性に殉ずるかのように、世代的なガジェットも持ち込まれておって、殺人のネット中継やケータイ電話によるSNSなんかはその最たるもの。にも関わらず、肝心要のスラッシュ・シーンはといえばナイフでざっくり、ナイフでぐっさり、といったアナログ極まりない手法。ここら辺にウェス・クレイヴン逡巡と決断があったようにも思えるのだが、メタをメタたらしめるには変に屈託することなくして、真正面から魅せてくれようとしたのではなかろうか。だとしたらこのナイフでざっくり、ナイフでぐっさりは、ホラーファンに対する10年越しの福音である。

     真犯人のしょうむないしょうむない動機も何のその、冒頭から「今さら続編!?」という観客の気持ちをキャラクターに代弁させるやり口や、オリジナルを改悪すんな、馬鹿野郎。といったエモーショナルが本作の、ひいてはスラッシュ映画の払暁っぽくもあり、庶人である乃公などはホラー映画の地肩の強さを再確認すると同時に、丹田の辺りに楽しさを感じてならんのである。そうした意味で本作はシャイニーであり後光に彩られており、ついでに言うとオリジナルキャストの3人の老け具合も気にならんくなるのである。例え20年後に『スクリーム5』が公開されたとしても俺は観るね。たは。


    元記事

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    mana120505-f-ns300

     
    こどもの日の今日、阪神-巨人8回戦の始球式に人気子役の芦田愛菜(7)が登場した。

     ピンク色の阪神のユニフォームを着た愛菜ちゃんは「(初めての始球式で)緊張しました!お客さんもたくさんいて、広くてとってもドキドキしました!」と始球式を終えても元気いっぱい。「ちゃんと飛ぶか心配だった」という投球はバッテリー間の半分より前で投球を行ったが、ホームベースまでは届かなかった。
     
     選手や監督もみんな見ていたことについて「ありがとうございます!よかったです!」とうれしそうに話した。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    Deus-Ex-3




    私たちの生活をよりエキサイティングなものにしてくれる最新テクノロジー。そのなかでも「サイボーグ」は特にワクワクさせられるが、その分野で未来を提起する新技術が登場し、現在注目を集めている。


    新しい技術とは、眼球を失った目にビデオカメラを入れるというもので、トロント出身のドキュメンタリー映像作家ロブ・スペンスさんが実際にそのカメラをどう使うのかをやって見せてくれた。


    彼は5歳のころ事故で視力を失っており、5年前に眼球を取り除いた。そしてスペンスさんは『Deus Ex: Human Revolution』という2027年のサイボーグ世界を描いた話題のゲームを作った会社から、「その世界は今の技術をもってしてどのくらい先のものなのか実際に試してくれないか」とお願いされて、今回のビデオカメラ試用にいたった。


    この目に入れるビデオカメラは、脳とつないでいるわけでもなく、使用者の視力を元に戻すものでもない。そこから見える映像を携帯式のスクリーンに映すというもので、ターミネーターのような赤のLEDライトを使ったものもある。こういった最新技術について、スペンスさんは次のように語っている。


    「みなさんは自ら自分の腕を切って、機械の腕と取り替えることなんてありえないと言います。しかしテクノロジーが進化していけば、そういうことも十分に起こり得ます。将来きっと、より性能のいい機械の腕や目と取り替えるという選択肢が出てきますよ」


    未来のサイボーグ人間を思わせる今回のスーパーテクノロジー。今後、自分の足で歩けなくなったお年寄りにサイボーグの足を、真夜中でも闘えるように兵士にサイボーグの目をというように、人間の機械化が当たり前のものになってくるのかもしれない。

    (文=田代大一朗)

    参照元:Daily Mail(英文), Youtube/NewsEnterprise1



    http://news.livedoor.com/article/detail/5821087/


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    mono130301_pho01


    小栗旬と岡田将生。見栄えバッチリのふたりが、日本人を代表する宇宙飛行士として登場してくれたら、そりゃあ、カッコ良いよなぁ。と、ミーハー心の芽生えを、まずは抑え込んで……。

    『宇宙兄弟』が映画になった。また、人気コミックが原作??と、正直、軽い失望感に襲われもしたが、日本のコミックには面白いネタが詰まっているのも、また事実。累計発行部数750万部を突破している原作コミックを映画化したいと思うのは、製作サイドにとっては自然な流れだろう。とはいえ、本作の場合、原作は17巻を発刊した今なお連載中。つまり、未完のストーリーをひとつの作品に仕上げたワケである。

    熱烈なファンには頷けないところも多々あるかもしれない。だが、「膨大な原作の素材を、非常に上手く料理した作品」というのが、筆者の印象だ。本作は、原作そのままのセリフやエピソードを盛り込みながらも、“あるひとつのテーマ”に絞り込むためには多くを削ぐのも止む無し判断し、キャラクターやエピソードを潔くカット。映画版として、きっちりと再構築させている。

    さて、映画版はテーマをひとつに集約させた。あるひと組の兄弟の物語として、だ。いつも一緒だった兄と弟。まだ幼かった日のこと、ふたりは偶然、UFOを目撃する。そして「2人で一緒に宇宙に行こう!」と約束を交わした。それから19年後、ツンツン頭がトレードマークの弟ヒビトは見事に宇宙飛行士となり、間もなく月へと旅立とうとしていた。一方、天然パーマの兄ムッタは、弟のことを悪く言われて上司に頭突き。会社をクビになってしまう。そんな時、ムッタのもとに宇宙航空研究開発機構(JAXA)から宇宙飛行士選抜試験の書類選考通過の知らせが届く。それはヒビトが応募していたものだった。

    ここから月へと旅立つ弟と、宇宙飛行士になるべく試験に挑む兄との物語が、平行して描かれていく。

    コミックが映画になる場合、最も気になるのがキャスティング。小栗&岡田の兄弟コンビは、なかなかのムッタ&ヒビトぶりを披露している。特に、キャラクターを完全に消化してみせたのが小栗。筆者は特別、小栗のファンというワケではない。だが、本作の小栗は、かなりイイ。

    弟のことを一番に想い、同時に優秀な弟に対するひけ目を感じ続けているムッタ。自身にも他にない素晴らしい才能が秘められていることに気づいていないムッタ。少々情けない三十路男なのだが、小栗は、彼を非常に親しみやすく、愛すべきキャラクターとして演じている。何より、ただひとりで画面に映し出されてたときの支配力がスゴイ。その表情ひとつで、観客を惹きつける魅力を持っていることに、気づかされる。

    兄弟の物語が軸になっていると述べた本作だが、実は小栗と岡田の共演シーンは10分ほど。それにも拘わらず、ふたりの間にはきちんと兄弟としての血が通っている。ちなみに、こちらも重要となってくる、子ども時代のムッタとヒビト。この子役が、ちゃ~んと小栗と岡田にリンクしているのもスバラシイ。時代の見せ方や、月面での事故後の処理など、物足りなさを感じる部分もあるが、ラストは身を任せ、心地良い気分で劇場を後にしてほしい。

    『宇宙兄弟』は5月5日よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国東宝系にて公開される。(文:望月ふみ/ライター)





    http://news.livedoor.com/topics/detail/6530115/







      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2012年5月2日(水) 12時30分
    『コール オブ デューティ ブラックオプス2』のファーストトレイラーが正式披露!

    『コール オブ デューティ ブラックオプス2』のファーストトレイラーが正式披露!

    『Call of Duty: Black Ops 2』の画像
    『Call of Duty: Black Ops 2』
    『Call of Duty: Black Ops 2』の画像
    『Call of Duty: Black Ops 2』
    『Call of Duty: Black Ops 2』の画像
    『Call of Duty: Black Ops 2』

    昨夜から一挙に情報が飛び出し、近未来を舞台にしていることが明らかになったTreyarch開発のシリーズ最新作『コール オブ デューティ ブラックオプス2』。そのファーストトレイラーが予告通り本日遂に正式披露されました。



    詳細はおってお伝えしますが、トレイラー中で時代設定が2025年であることが確認できます。


    元記事

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    テレマエ・ロマエ 公式サイト



    映画「テルマエ・ロマエ」が公開初日を迎え28日、“古代ローマ人”役の阿部寛(47)、北村一輝(42)、宍戸開(45)、市村正親(63)と、“平たい顔族(日本人)”役の上戸彩(26)、竹内力(48)、笹野高史(63)らが都内の劇場で舞台あいさつを行った。

     職を失った古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウス(阿部)が、現代日本の銭湯にタイムスリップしたことをきっかけに名声を高めていくコメディー。

     “ローマ人”役の面々は“濃い顔”と言われるのが嫌で嫌で仕方がない様子だったが、市村は「(撮影前は)こんな薄いしょうゆ顔で(ローマ人役が)務まるのかなと思っておりましたが、(ロケ地の)ローマに行って阿部ちゃんとか、一輝とか、開さんの顔を見てみると、僕もこっちの“部族”なんだなあと感じました」としみじみ実感。

     なぜか“平たい顔族”にキャスティングされた竹内は「“古代ローマ人”の方々はローマに撮影に行きましたが、私は行っておりません。劇中では行ったことになっておりますが、現代ローマには行けなかったので、『パート2』ができた時には“現代ローマ人”の役でもいいから、先生、連れて行ってください」と原作者のヤマザキマリさん(45)にお願いした。

     北村はこの日が、本作のプロモーションイベントに初参加となる。
     “ローマ人”4人衆に竹内を加えた5人によって「濃い顔NO.1決定戦」が行われ、観客の拍手が一番多かった北村が1位に選ばれた。
     「こんだけ拍手をもらって微妙な気分というのもあまりない経験ですが、僕の中では市村さんが一番“濃い”と思っていますし、阿部さんの“眼圧(がんあつ=目力)”もすごいですよ」と必死に訴える北村を横目に、阿部は「20年間、ソース顔と言われて苦しんできましたが、やっとすっきりしました」と満面に笑みをたたえた。

    日テレNEWSより
















      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    03-01



    「Schick×ヱヴァンゲリヲン オリジナルムービー」ということで「ゲンドウの決断」「ミサトの胸中」「始動」の3本がYouTubeで公開されました。

    2012年4月25日「シック×ヱヴァンゲリヲン キャンペーン」特設サイトオープン!
    http://extr.b-ch.com/cgi-bin/eva_news/official/news_det.cgi?news_c=11194

    Schick × ヱヴァンゲリヲンキャンペーン(よく見ると小さく「第1装甲」と書いてあり、下の方に行けば行くほど「第2装甲」「第3装甲」というようにして突き破れるようになっている)
    http://www.schick-jp.com/eva/top.html

    これが問題のムービー。

    「ゲンドウの決断」 Schick×ヱヴァンゲリヲン オリジナルムービー - YouTube


    ゲンドウの決断


    「シンジ」


    「私はひげを剃ろうと思う」



    「その方が、皆も喜ぶ」


    「言うことはないのか。後戻りはできないぞ」


    「いいな、私は剃るぞ!」


    2本目がコレ。

    「ミサトの胸中」 Schick×ヱヴァンゲリヲン オリジナルムービー - YouTube


    ミサトの胸中


    「碇指令、どうしちゃったっていうの……」



    「突然、さっぱりヒゲを剃って……」


    「それに……」


    「あいつまですっきりしちゃって……」


    「男どもは一体、何考えちゃってるんだか……」


    「急に色気づいちゃって……」


    「……なんか好きになっちゃいそうなんだけどぉ!!」



    そしてラストは予告っぽい感じ。

    「始動」 Schick×ヱヴァンゲリヲン オリジナルムービー - YouTube


    始動


    「突然発表されたシックとヱヴァンゲリヲンのコラボレーション」


    「この意外な組み合わせが意味するものは一体何か」


    「爽快さを求めシックのシェーバーを手にしたゲンドウと加持、様々な想いが彼らの心中に去来する」



    「そして数量限定で投下される個性豊かなオリジナルぷちえう゛ぁフィギュアたち」








    「最高のリフレッシュを目指すキャンペーンはさわやかに、頂点へと駆け上がっていく」




    「Schick×ヱヴァンゲリヲンキャンペーン、さぁ、お店へ急いで!」



    なお、店頭でのキャンペーン第1弾の限定製品として「『レイ』 ホルダースタンドセット」も登場するそうです。




    記事全文へ

    元記事


    【関連まとめ】

    ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」予告編ムービー&公開日は2012年11月17日【関連記事まとめ】




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    元記事20120425-00000013-eiga-000-2-thumbシュールすぎる貞子さん


     映画『貞子3D』に登場するジャパニーズホラー最恐のヒロイン・貞子が25日、東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズ戦の始球式に登場した。おなじみの白い衣装で登板した貞子のボールは、見事ノーバウンドでキャッチャーミットに収まった。

     場内アナウンスで「5月12日より公開される映画『貞子3D』より貞子さんです」と紹介された貞子は、白い衣装にグローブ、スパイクシューズをはいて登場。どよめきと歓声の中、ゆっくりとマウンドへ。ボールを手にキャッチャーのサインに2~3度首を振った後、マウンドから数歩距離をつめて投球。投げ終えると共にバタリと倒れこみ、最後はスタッフに支えられる、少しかわいい一面を見せながら退場した。

     貞子の始球式登板はもちろん史上初。日本ハムのオフィシャルサイトでは「Jホラーブームの火付け役となりハリウッドリメイクもされた「リング」の名物キャラクター・貞子さん(年齢不詳)」と紹介されていた。

     本作は大ヒットを記録したホラー映画『リング』シリーズ第4弾。シリーズ初の3D作品となり、テレビの画面から飛び出し恐怖を振りまいてきた貞子が、動画投稿サイト、スマホ、街頭ビジョンなどあらゆるところから飛び出し、新たな恐怖をふりまく。主演はホラー映画初主演となる石原さとみ。(取材・文:中村好伸)

    映画『貞子3D』は5月12日より全国公開


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    42b10276.jpg

    すっかり人気者になったしおちゃん


    I am MARUのまるちゃんも超える勢いです


    帰宅してこんなふうにお迎えしてもらってたら外出したくなくなりますよ


    しおちゃんが可愛いのはもちろんだけど、この主の声に癒されるのは私だけでしょうか


    親バカ丸出しとはいえ、しおちゃんに語りかける優しい口調、きっと愛情あふれる暖かい人なんでしょうね


    私には一生縁がなさそうだわ


    しゃべってない、主が親バカだから聞こえるだけ、
    などといろんな意見もあるでしょうけど「おかえり~」だけははっきりと理解してしおちゃんは話してると私は思っています


    ずっとお留守番していて主が帰ってきてくれてホントに嬉しいんでしょうね!


       心の声…(うちのたみふるだって「ママ大スキ!っていうんだからね///)




    にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
    にほんブログ村
    人気ブログランキングへCoRichブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このページのトップヘ