東京都現代美術館

    3495




    7月10日より原宿にある「EVANGELION STORE TOKYO-01」で、庵野秀明総監督が“館長”を務める「特撮博物館」連動企画として、庵野総監督と特撮の関係を探るアイテムを紹介する。
    「EVANGELION STORE TOKYO-01」の1階展示スペースと2階ギャラリースペースの両方を使い、庵野総監督による新劇場版「序」と「破」の背景原図などの描かれたレイアウトや設定(複製)を展示する。また、実写作品の衣装・美術素材など立体物など庵野総監督秘蔵の品や、ヱヴァンゲリヲンで使用された作画参考用模型などが実物展示される。

    開催期間は、2012年7月10日より、8月末日まで約2か月間実施。このイベント限定企画として、関連商品2000円以上の購入者には、庵野総監督のヱヴァンゲリヲンレイアウトのポストカードがプレゼントされる。

    今回の企画は、同じ7月10日より東京都現代美術館(東京・清澄白河)で開催される企画展「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」との連動企画だ。
    企画展の“館長”を務める『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』総監督・庵野秀明が、「エヴァンゲリオンの原点は、ウルトラマンと巨神兵。」のキャッチコピーを掲げる。数々の映画・TVで活躍したミニチュアやデザイン画など約500点を一堂に集めて展示した、日本の特撮の魅力に迫った企画展となっている。

    また企画・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、スタジオジブリ最新特撮短編映画『巨神兵東京に現わる』も初公開する。アニメファンのみならず、特撮ファンも注目する展示内容となっている。
    [岡野萌子]

    EVANGELION STORE TOKYO-01
    http://www.evastore.jp/real/index.html
    営業時間: 10:00〜19:00
    所在地: 東京都渋谷区神宮前1丁目8-23
    TEL: 03-5474-3310 begin_of_the_skype_highlighting 03-5474-3310 end_of_the_skype_highlighting

    [ギャラリースペース]
    庵野秀明プロフィール紹介(DAICONFILMからの実写経験も含めた履歴)
    新劇場版「序」と「破」から、総監督庵野秀明自身の描いたレイアウトや設定(複製)を展示
    庵野秀明インタビュー紹介(「ヱヴァンゲリヲン新劇場版全記録全集」より抜粋)
    [1階展示スペース]
    庵野秀明総監督秘蔵の品(実写作品の衣装・美術素材など立体物)
    ヱヴァンゲリヲンで使用された作画参考用模型の実物展示など

    関連書籍を販売
    特撮展の特製グッズの販売
    関連書籍や関連グッズをお買い求めの方に特典(レイアウトポストカード)プレゼント
    《animeanime》

    576687294

     最新作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の完成が待たれる庵野秀明が5月10日、東京・六本木のニコファーレで行われた「館長 庵野秀明 特撮博物館 -ミニチュアで見る昭和平成の技-」(7月開催)の発表会見に、樋口真嗣監督、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーとともに出席。会見の様子は「ニコニコ生放送」で中継され、約8000人のネット観客が見守った。


    日本のお家芸ともいえる“ミニチュア特撮”の魅力を多角的に紹介する展覧会。ミニチュア特撮の熱狂的なファンで、「エヴァ」シリーズ製作にも多大な影響を受けたという庵野が“博物館館長”として、その魅力を後世に伝えるために企画した。会見では、同展覧会で庵野が企画、“博物館副館長”である樋口監督がメガホンをとるスタジオジブリ最新短編映画「巨神兵東京に現わる」が特別上映されることも発表された。

    巨神兵は宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」に登場し、庵野が手がけたキャラクターとしても知られる存在。「せっかくなら展示だけではなく、映像も見たいよね」という鈴木氏の一言で、今回の短編映画製作が始動したといい「ちょうどジブリで会議していたから、僕と庵野で宮さん(宮崎監督)に挨拶に行った」(鈴木氏)。庵野は「『うん、いいよ』って即答でしたよね。ただ、ナウシカは出すなって言われました(笑)」と“条件付き”の承諾だったと振り返る。“実写版”巨神兵の造形デザインを手がけるのは、日本が世界に誇るフィギュア造形作家の竹谷隆之だ。

    メガホンをとる樋口監督によれば、上映時間は「5分以上、10分未満。今は、その間を行ったり来たりしている」。自身もミニチュア特撮の大ファンであり、「やっぱりミニチュアで作るのは楽しいですよ。それに今回は展示を使って、どうやって(映像を)作ったのかも見てもらえる」と興奮気味だ。もちろんCGは一切使用せず「今の時代、ミニチュア特撮をやるのは、それはそれで大変。映像の作り手として、こうした手法もあると再提示できれば」と企画の意義を語った。


    展覧会では、怪獣映画、SF映画、戦争映画、さらにヒーローが活躍するテレビ番組などで使用された貴重なミニチュアやデザイン画など約500点を一堂に展示。また、「特撮美術倉庫」や「ミニチュアステージ」など、映画製作現場をイメージしたスペースを作り、ミニチュア特撮の魅力に迫る。庵野“館長”は「僕らが子どもの頃に夢中になった特撮映像をもう一度再発見し、ミニチュアや技術を文化遺産として後世に残したいという気持ちがある。今やらないと二度とできないし、これが最後のチャンス」と熱弁。今後は、ミニチュアの保存や常設的な展示が理想だといい「その願いの第一歩にしたい」と抱負を語った。


    「館長 庵野秀明 特撮博物館 -ミニチュアで見る昭和平成の技-」は7月10日から10月8日まで東京都現代美術館で開催される。公式HP http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/

    http://eiga.com/news/20120510/10/


    【関連まとめ】

    ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」予告編ムービー&公開日は2012年11月17日【関連記事まとめ】



    このページのトップヘ