橋下徹

     大阪在住の彫師H氏を直撃すると、ボソっと呟いた。

    「商売あがったりですわ」


     物議を醸す大阪職員の入れ墨問題――大阪市の調査では、110人の職員が「入れた」と回答したが、H氏はこれまで5人の職員に入れ墨を彫ってきたという。

    「入れ墨を見せて脅していたなら言語道断でしょうが、個人の趣味として人に見せないよう気を使っている人間まで処分対象にするのはやり過ぎですよ」


     H氏が職員らに彫ったのはいずれも和彫りだ。龍などのデザインを背中や足首、腕などに入れているという。

    「勘違いしないでほしいですが、仕事ぶりはまじめです。例えば清掃局のゴミ回収をやっている子は人数も削減されつつあるので重労働。仕事も終わったら泥だらけになる。職場には風呂もシャワーもあるんですが、『入れ墨を知らない他の人が驚くから』と絶対に風呂を使わない。入れ墨は、気合いが入っている子じゃないと彫れませんからね」


     入れ墨職員にも言い分がある。次に紹介するのはH氏の元に集まってきた声だ。


    「自衛隊、警察官のように採用の可否に関して条文があるならわかる。しかし、大阪市にはそれがなかったから自分は就職した」


    「橋下市長は自分が茶髪を黒く染めたことを引き合いに出して消せばいいという。でも、いくらかかるのかわかっているのか」


     H氏によれば入れ墨を消すには入れる時の10倍の費用がかかる。背中一面の場合、数百万は下らない。

     また、ある職員は、こう憤ったという。


    「大阪改革のパフォーマンスの一環なら直ちにやめてほしい」


    ※週刊ポスト2012年6月8日号

    【関連記事】
    入れ墨職員が73人いる大阪市環境局の不祥事がひどすぎる―殺人から麻薬の運び屋まで
    http://blog.livedoor.jp/nukonukonachi/archives/6223641.html

    なぜか一定の局に"入れ墨"が集中 大阪市の橋下徹市長が行った市職員の「入れ墨調査」

    http://blog.livedoor.jp/nukonukonachi/archives/6223815.html

    元記事http://news.livedoor.com/article/detail/6600376/



    大阪市の橋下徹市長が行った市職員の「入れ墨調査」の結果がきのう16日(2012年5月)にまとまり、110人が「あり」と答えていた。橋下「100人を超えるとは組織として異常だと思う。公務員ではありえない。ここまで開放的な組織は聞いたことがない」として、処分や配置転換を検討している。

    橋下「不適格な職員をどんどん免職にする」

    調査は教職員をのぞく全職員3万3000人に行なわれ、110人のうち98人は腕など目に触れるところにあった。職場別では、ゴミ収集などの環境局が73人、バス、地下鉄などの交通局が15人、建設局が7人だった。

    事の発端は2月で、児童福祉施設の職員が入れ墨を見せて児童を脅していたことが発覚したこと。問題を重視した市長は「不適格な職員をどんどん免職にする。懲戒免職はダメでも、分限免職はありうる。人事の配置転換で対処する」と明言していた。分限免職は、本人に責任がなくても、公務員としての適性を欠くと判断されたら免職になるもので、これに市教委が「全員調査はプライバシーの侵害になる」と反対したため教職員は除外された。

    問題は処分だ。「スッキリ!!」が大阪と東京で街の声を聞いたところ、橋下の方針を「支持 する」「支持しない」は、大阪では13対13、 東京・新橋では15対10、 渋谷では13対12と、ほぼ半々だった。

    しかし、入れ墨だけで公務員の適性を欠くといえるのかどうか。分限免職となると、「行き過ぎた処分になる」という専門家もいる。弁護士の本村健太郎は明快だった。「それだけで免職にすると、裁判になったら大阪市が負ける可能性が高い。個人のファッションだから、髪の毛の色と同じ。一律に禁止はできない。あとは業務に差し障りがあるかどうか。合理的な範囲でのみ認められるか ら、人目に触れる場合の配置転換がギリギリだ」

    司会の加藤浩次「児童福祉施設で威嚇したという…」

    本村「まったく別。入れ墨ではなく、脅したことが問題」

    なぜか環境局と交通局に集中

    キャスターのテリー伊藤はちょっと違う見方だった。「110人のうち環境局が73人、 交通局が15人いる。橋下さんの中に、なんでここだけで88人もいるんだというのがあると思う。つるんで仕事しないでいるんじゃないかという思いがあるんじゃないか。その空気を解体したいんだと思う」

    おおたわ史絵(内科医)は「日本ではまだ入れ墨に市民権はない。見えるところにやるのは、見せたいということ。反社会的な印象で見られるのを覚悟しないといけない。それを安定的な公務員と両方手に入れようというのは無理がある」という。

    テリー「入れ墨よりも仕事をしてないというのが先だと思う。環境局の73人は多すぎる。そうしたものを一掃したいというのが目的でしょう」

    日本中探しても、これほどの入れ墨者がいる自治体はないだろう。だが、10年、20年経ったらどうか。「なんてバカなことをやってたんだ」というようになるのかもしれない。

    【関連記事】
    入れ墨職員が73人いる大阪市環境局の不祥事がひどすぎる―殺人から麻薬の運び屋まで
    http://blog.livedoor.jp/nukonukonachi/archives/6223641.html

    元記事  http://news.livedoor.com/topics/detail/6567873/


    大阪市は11日、橋下徹市政の財政再建策の骨格となる市政改革プランの素案を公表した。市改革プロジェクトチーム(PT)が4月にまとめた平成24~26年度の事業見直し試案に、各担当部局の意見などを反映させた内容で、一部の事業廃止を撤回するなどして、カット額は試案の3年間で約548億円から、約488億円に圧縮。一方、朝鮮学校や中華学校への補助廃止などを新たに盛り込んだ。今後、市民からの意見公募などを経たうえで修正を加えて成案をまとめ、7月の市議会に提出する今年度の本格予算案に反映させる。


     素案では、3年後の大阪都移行を見越して、試案で現在の34施設から9施設に縮小するとした市内24区の区民センターについて、市民への影響などを懸念する部局側の要望を取り入れる形で、一転して全館存続することとした。


     また、高齢者支援施設「老人憩いの家」の運営助成は全廃から半額カットに、留守家庭児童の支援事業も、補助金廃止を撤回。青少年野外活動施設も、全3施設の廃止から1施設は存続させることとした。


     70歳以上の市民が市営交通を無制限で無料利用できる「敬老パス事業」の見直しについては、公明党市議団から橋下市長に示された対案を受け入れる形で、試案で提示した3案に、新たに2案を加えて5案から検討する形となった。


     一方、大阪市音楽団(市音)の市直営方式の廃止や、市営プールの削減、新婚家賃補助の廃止などは試案の内容を踏襲。大阪フィルハーモニー協会や文楽協会など各種団体への運営補助も、試案通り25%カットを維持した。


     補助金の削減に関しては、3年間で8億2500万円分を新たに追加。朝鮮学校や中華学校に対する補助(年2750万円)のほか、市内の私立学校への補助(年2650万円)、私立保育園連盟の運営補助(年1470万円)などを打ち切ることとした。ただし、素案通りに改革が実行されても、削減策が本格化するのは来年度以降で、今年度のカット額は計34億円にとどまる見通しだ

     http://news.livedoor.com/article/detail/6548669/

    このページのトップヘ