河本準一

    1:2014/04/09(水)12:49:47 ID:

     一昨年に親族の生活保護不正受給問題で、レギュラー番組が一挙に減った次長課長の河本準一だが、ここにきてバラエティの表舞台に再浮上しつつある。

    「昨年は河本のブレイクのきっかけになった『人志松本のすべらない話』にも復帰。テレビ東京の『河本準一のイラっとくる韓国語講座』でも短期ながら復活しています」

     だが、当の河本にとって生活保護問題は、いまだトラウマになっているのは間違いないようだ。

     芸能関係者が語る。

    「この前、三軒茶屋にある『T』という焼肉屋で、『次長課長』の河本を見ました。一緒にいたのはケンドーコバヤシと知らない芸人の計4人だった。たまたまその日、同席していたのが厚生労働省の関係者。店が狭いこともあって、周囲にも会話が筒抜けだったので、酒も入り興が乗ると、職場の話もちらほら。そこで『厚生労働省』というワードを出すたびに、背後にいた河本の背中がピクッと動いてましたよ(笑)。生活保護は厚生労働省が管轄省庁なので、それで過剰に反応してしまったんでしょうね」

     メンタル面の回復までは、もう少し時間がかかるのかもしれない。

    http://www.asagei.com/21993

     【生活保護問題】 次長課長 河本準一まとめ
    【次長課長の河本準一がいまだにひきずる「生活保護トラブル」の余波】の続きを読む


    imagescc

    • 次課長の河本は、一昨年に母親の生活保護不正受給問題でバッシングを浴びた
    • 2年が経った今も、河本の出演番組には厳しい声が届くという
    • 番組で他の芸人を批判する河本に、ちゃんちゃらおかしいと吐き捨てる関係者も


    次長課長の河本準一、いまだに消えない厳しい視線…


     「次長課長の河本準一(38)が、5日放送のバラエティ番組で、本気で殴りたくなるほどイラつく芸人について語っていたんですが、ちゃんちゃらおかしかったですね」


     こう話すのは芸能プロ関係者。河本というと、2012年に、母親の生活保護不正受給問題で世間を騒がせ、バッシングを受けた。


     「イラつくのは芸人のソラシド水口で、理由は『大阪から東京に出て来る一ヶ月前から標準語になった』『歩くスピードが早くなり、“これが東京のスピードだ”と言う』『深夜にサングラスをかけ自転車にぶつかる』など。生活保護不正受給問題に比べたら、なんてことない話ですよ」(前出・芸能プロ関係者)

     不正受給問題から2年経った今でも、河本が出演した番組には「なぜ、あんな奴を出すんだ」「テレビで見たくない」などの厳しい声が届くと言うのはあるテレビ関係者。


     「騒動以降、出演番組も減って、焦る気もちはわかりますが、出演番組はちゃんと選ぶべきですね」


    ZAKZAK(夕刊フジ)
    【生活保護問題】次長課長 河本準一まとめ


    元記事
    http://news.livedoor.com/article/detail/8545499/

    撃論 第六号 (OAK MOOK 436)
    松尾スズキのやさしい野蛮人入門(1) あなたの心の中にも野蛮人はいる。 (カドカワ・ミニッツブック)



    母が受給した生活保護費の一部を返還した河本準一
    母が受給した生活保護費の一部を返還した河本準一
    Photo By スポニチ


     母親の生活保護受給が問題となっていたお笑いコンビ「次長課長」の河本準一(37)が受給していた生活保護費の一部を福祉事務所側に返還したと26日、所属の吉本興業を通じて発表した。

     母親は岡山県在住。河本は福祉事務所側から提示された金額を20日に払い終えたという。金額は明らかにしていないが、数百万円とみられる。河本は「皆さまのお叱りをしっかり受け止め、一層の努力で、お世話になった岡山の皆さまや、ご迷惑をおかけした皆さまに恩返しし、親孝行もしていきたい」とコメントした。

     一連の受給問題を追及してきた自民党の片山さつき参院議員は「衆院通過した社会保障と税の一体改革関連法案に生活保護見直し条項を盛り込めたように、制度の穴に一石を投じる契機になった。今後、適正受給を進めていくことが重要。河本さんの返金自体に特別な感想はないが、ご自身の発言を実行して返金した行動はご立派と思う」と話した。

     http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/27/kiji/K20120627003550560.html

    【生活保護問題】次長課長.河本準一まとめ


    120608_2210~01

    【生活保護問題】次長課長.河本準一まとめ


    7日、河本準一の母親が生活保護を受給していた問題が米国紙「The Wall Street Journal」で取り上げられ、ネット掲示板で話題を呼んでいる。

    記事によると、日本の国会で政府の消費増税法案や財政抑制策が協議されるなかで、河本の生活保護の問題が判明し、国民の神経を逆なですることになったと述べている。また、日本の不十分な年金支給や終身雇用制の衰退のため、貧困層が拡大している一方で、日本の伝統的な家族の支援システムは崩壊しつつあると指摘。この一件で同制度の専門家や、各メディアの投稿者が激しく議論していると結んでいる。

    この内容に対してネット掲示板では「夢の全米デビューおめでとう」「そんな簡単に生活保護がもらえるのかと、外国人が殺到するぞ」「もう国会に呼べよ。こいつに責任とってもらわないと国としての面子が丸つぶれだ」とバッシングが相次いだほか、「生活保護の受給資格は世界基準で厳しくしてもらいたい」と制度の改善を求める声も見られた。 http://news.livedoor.com/topics/detail/6640503/



    Welfare Payments Spur Japan Debate

    TOKYO—When the mother of a successful comedian was discovered to have collected welfare payments for many years, a heated debate broke out in Japan about who should support the growing ranks of the poor when both the government and families are struggling to make ends meet.

    [JWELFARE.photo]Kyodo/Newscom

    Junichi Komoto

    The image of Junichi Komoto apologizing in front of TV cameras for allowing his mother to stay on welfare captured national attention—for the complex emotions it stirred and for how long his head was bowed: 15 seconds.

    The 37-year-old comedian was criticized by talk-show hosts and politicians for not providing sufficiently for his own mother despite his financial success. He once boasted paying ¥1.9 million (about $24,000) for a pair of watches and talked about his binge drinking at an exclusive Tokyo club.

    But the story of Mrs. Komoto—a single mother who raised Mr. Komoto and his sister selling fish at a supermarket until she became ill—reminded people of the hardship so many Japanese now face as its once robust middle-class struggles. Mr. Komoto made just ¥100,000 a month as a young comedian when his mother first went on the dole in the late 1990s.

    "I'd like to apologize deeply to the taxpayers who helped my mom for so long," Mr. Komoto said in nationally televised news conference last month. His case came to light after a magazine article about an unnamed comedian in April started a search.

    He admitted his mother collected welfare payments for 15 years, until April, and offered to pay back what he felt he should have provided in financial support once his income began to grow in recent years. Mr. Komoto didn't break any law; close family members with means are asked to help those in need, but the government has no legal authority to enforce such payments.

    The issue touched a nerve, however, coming as the parliament debates a government proposal to raise taxes and curb Japan's mammoth borrowing—while attempting to strengthen the social-safety net with higher pension and welfare payments.

    Japan—with the world's largest outstanding sovereign-debt load, exceeding twice the size of the economy—has long lived beyond its means. Coming a few weeks before the government's end-June deadline for passing the package, the Komoto flap has put a human face on the nettlesome fight over just who should bear the burden of cleaning up the country's books.

    Conservative politicians have portrayed the Komoto incident as exposing what they call glaring loopholes in the welfare system and the need to raise the bar for receiving payments. They have said the incident shows that Japan needs to rebuild traditional family virtues where people willingly supported elderly parents and relatives in need.

    That, in turn, set off a roar of protest from economists and social workers, who said the media, and politicians with agendas, have turned the unique case of an individual family into a national hysteria. A national alliance of welfare advocacy groups say cases like this are fairly rare and are estimated to be just 0.4% of all payments.

    Many argue that the ranks of the poor are growing in Japan because of the insufficient pension coverage for the poor elderly and the erosion of the lifetime employment system that in the past ensured job security and solid pay. Many of the newly poor are living in destitution—too ashamed to ask for help.

    Meanwhile, the traditional family support system is disintegrating as generations are less likely to live under the same roof, and depend less and less on each other.

    The prolonged economic slump that has exacerbated Japan's fiscal problems also has trapped younger workers in temporary jobs with meager pay. Last year, the number of recipients of the government's basic welfare payments—known as the livelihood-support program—exceeded two million for the first time since the 1950s, after nearly doubling over the past decade. The government's budget for the program is at a record ¥3.7 trillion this year, accounting for nearly 4% of the overall national budget.

    "If we keep allowing this kind of wrongdoing to persist, the cost of the program will soon exceed ¥5 trillion. There is no way we can overlook this," said Satsuki Katayama, an opposition lawmaker who requested the welfare ministry investigate Mr. Komoto's case. In a television interview, Ms. Katayama, a former Finance Ministry official, said the projected sum is equivalent to a two-percentage-point increase in the national sales tax—an unpopular tax the government is now struggling to raise.

    Critics like Ms. Katayama say the livelihood-support program must be revised to reflect changes in the society in recent decades. The program's payments are too generous, they say, given the declines in worker pay in recent years. A typical family of three on welfare with a young child in Tokyo receive ¥175,170 a month. Someone working for the minimum wage for eight hours a day, 25 days a months, makes ¥167,400.

    Pressed by opposition lawmakers in parliament,Yoko Komiyama, minister of welfare, health and labor, has said she would consider reducing welfare payments. Japan's welfare payments are roughly at the same level as in the U.S., but well below those of Europe, according to the Organization for Economic Cooperation and Development. For 2007, the latest data available, Japan spent 1.3% of its gross domestic product to support needy families, compared with 1.2% for the U.S., 3.7% for France and 2.7% for Germany.

    The abrupt attack on the welfare system triggered by the comedian's incident met with loud protest from welfare experts and people writing to newspapers and in the blogosphere.

    "When they can't fix the problems with the social security and the employment system, we need to have a safety net to capture the poor," said Tadashi Yamamoto, professor of social security at Ritsumeikan University in Kyoto. "Without it, people would simply go homeless or starve to death."

    Write to Yuka Hayashi at yuka.hayashi@wsj.com


     http://online.wsj.com/article/SB10001424052702303296604577449731690922766.html?mod=WSJASIA_hpp_MIDDLETopNews

    imagesCA1WHV6U
    【生活保護問題】次長課長.河本準一まとめ


     生活保護の不正受給疑惑で次長課長・河本準一が5月25日に開いた「謝罪会見」で、騒動は“一件落着”に向かうはずだった。ところが沈静化を図ろうとした河本をよそに、事態はエスカレートした。

    〈勧善懲悪。俺は嫌い。いじめられてる奴の話を少しは聞けよ〉


     河本とはNSC(吉本興業の養成所)の同期だった「ブラックマヨネーズ」の吉田敬は、河本の謝罪会見後にツイッターでこうつぶやき、それを読んだ人物が〈河本が奪い続けた1億円のせいで命奪われた人もおんねん〉と批判すると、


    〈このての人って、なぜこんな物言いしかできひんのやろ。でもおかげで普通の人に感謝できる。ありがとう、食物連鎖の一番下の人♪頑張れよ、食物連鎖の一番下の人!〉


     と、半ばブチ切れたかのように反論のツイートを載せた。この「食物連鎖の一番下の人」という表現が「生活保護の受給者」とも解釈され、ネット上では吉田への大批判が巻き起こったのだ。


     同様に、河本と親しい「オリエンタルラジオ」藤森慎吾は〈笑わせてくれればいいです!〉とツイートし、事務所の先輩である千原せいじはテレビ番組で「河本は福祉事務所と話してやっているから何も問題ない」と、河本を擁護する発言をしたことで反感を買った。


     何とかして河本をかばいたいという彼らの心情は理解できなくもないが、危機管理コンサルタントの田中辰巳氏はこう語る。


    「仲間を守りたいなら、世間以上に厳しく“河本のバカヤロー”と叱るのが正解でした。そうすれば河本さんに怒りを抱いている人々も“身内からこれだけ制裁を受けているのだから許してやろう”という気になる。ところが、芸人目線での擁護や“法律違反をしたわけではない”という理屈を語れば、逆に河本さんへの批判は増幅する。


     河本さん自身も千原さんも“法的な問題はない”と強調していましたが、世間の“怒りポイント”を履き違えていた。それが騒動を拡大させた最大の理由でしょう」


    「河本問題」の本質は、「法的、あるいは社会的な善悪」ではない。河本の「もらえるものはもらっておけばいい」ともとれる考え方への反発だろう。


    ※週刊ポスト2012年6月15日号

     http://news.livedoor.com/article/detail/6622638/

    DSCN0389


    お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんの親族などによる生活保護受給問題への抗議活動が2012年6月3日、河本さんが所属する吉本興業東京本部(東京・新宿区)前であった。


    ネットでの呼びかけを通じ約170人が集まり、「所属タレントとその親族がどれほど生活保護費を不正受給しているのか、それを徹底調査の上でつまびらかにして、吉本興業を挙げて生活保護費を返還することで社会的責務を果たせ」という抗議文を提出。吉本側では警備員がこれを受け取った。参加者の中からは時折、「恥を知れ」「日本から出て行け」といった声も上がった。


    呼びかけた人は、「今回の問題については吉本興業も会社として責任を免れ得ない。抗議を通じ我々の怒りを表明し、拡散したい」と話していた。


    【生活保護問題】次長課長.河本準一まとめ


    DSCN0413


     http://news.livedoor.com/article/detail/6621610/

    【写真提供ブログ】
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4668.html

    【生活保護問題】次長課長.河本準一まとめ

    生活保護受給問題が収まりのつかない展開になってきた。


    ざっくりとした経緯では、まず、お笑いコンビ・次長課長の河本準一の疑惑が発端となり、次いでキングコングの梶原雄太も母親が受給していたことが発覚。5月下旬にそれぞれの会見の様子がテレビで放映されることになった。

    ただ、騒動のもともとの火種は、4月12日に発売された女性週刊誌。その後、他の雑誌に飛び火。多数のネットニュースでも話題になった。

    【データは2012年6月1日14時25分現在】

    雑誌の発売以来、河本への批判の声がTwitterやブログなどで批判の声が上がっていたが、このタイムラグについてもブロガーの反応は予想通りで、
    ・テレビタレントだから誰かが擁護しているってことなの?
    ・吉本の圧力かなにかがあるのでしょうね、残念です
    といった声が多くみられた。

    実際にワイドショーで扱われはじめると、河本を擁護するコメンテーターが多数出現。現在は擁護派、批判派ともにふくれあがっている状況だ。
    ・オリラジ藤森の擁護ツイートは本気で頭に来た
    ・生活保護打ち切られた餓死者の写真に対するブラマヨ吉田コメントに幻滅した
    擁護派に対してこんなコメントが集まる一方、
    ・玉袋筋太郎のいさぎよい河本批判が気持ちよかった。筋が通った男だぜ
    ・デーブ・スペクターのコメントに説得力があった。片山さつきは正しいよ
    といった批判派への応援コメントも。

    ネット上では河本の批判が多かった騒動は、テレビではコメンテーターらにより擁護の流れに。河本の名をさらして指摘をした方山さつき議員のやり方への批判も小さくなかった。

    新たな論点、新たな火種へと発展し、収まる様子を見せないこの問題。その理由はもちろん生活保護という問題の大きさにある。2012年現在、生活保護を受けている人は209万人。国家予算が危機的状況のなか、不平等感が生まれやすい生活保護に多くの人が敏感になっていることがうかがえる。

    河本はとくに自粛などを行う様子もなく、引き続きテレビに出続けるらしい。

    日本テレビの大久保好男社長は定例会見で「ご本人が謝罪会見し、返金をするという。今後新たな問題が出てくることがなければ、特に問題にすることはないのではないか」と擁護の姿勢。また、フジテレビの豊田皓社長も「収入のないころに母親が受給していたという話で、売れてからは失念していたと聞いている。それを信じるとするならば、影響は出ないと思う」とコメントを残している。
    ・コラコラ。出すな出すな
    ・泥棒しても「謝罪します。返します」でおとがめなし?マジで?
    ・テレビ業界、そして芸人たちのモラルのなさにがっかり
    テレビ業界とネットの世界で、大きく食い違いが発生している今回。
    さまざまな情報を見比べつつ、改めて生活保護の問題について考えるいい機会にしたい。

    (山葉のぶゆき/effect)

    【生活保護問題】次長課長.河本準一まとめ



     http://blogramtsushin.blogram.jp/2012/06/%E7%94%9F%E6%B4%BB%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%81%A7%E3%82%BA%E3%83%AC%E7%99%BA%E7%94%9F.html

    【生活保護問題】次長課長.河本準一まとめ

    tokyo editor


    それにしても河本準一さんの周辺、凄いことになってるなあ。

    1 報道で母親の生活保護不正受給が発覚
       ↓
    2 あわてて受給辞退
       ↓
    3 「不正でない。今はもうもらってない」と、吉本興業が強弁
       ↓
    4 「自分の認識が甘かった」と、河本準一さん、涙の記者会見
       ↓
    5 母親、姉、おばの計4人はわざわざ別世帯として隣同士に居住で、母親が生保受給と発覚
       ↓
    6 当の母親は、生活保護をもらいながらビジネスクラスでハワイ旅行と発覚
       ↓
    7 河本準一さんの妻の母親も生活保護不正受給が発覚


    ――えーとこれ、もはや「香ばしい」とかいうレベルじゃなく、一族郎党揃って犯罪に励むプロ、つまり生保ゴロのやり方だろ。

    特に「5」は、プロが使う手だ。それに「6」とか、完全アウトじゃん。えーと私、せっせと税金と年金と年々高くなる健保だの介護保険だの真面目に納めてますが、ビジネスクラス、まだ乗ったことないorz...

    「この金がないと死ぬ」レベルの人に配布するのが生活保護なのに、旅行、それもよりにもよってビジネスクラスでハワイって、恥ずかしくないのか。その金を生活費にして生保辞退するのが、恥を知るまっとうな人間だろう。生きる死ぬで頑張っている「正しい生保受給者」に後ろめたくないのか。これが本当に日本人の今の姿か……。悲しい。


    それに河本準一さんも、酷いというか凄いというか。

    生活保護受給問題の記者会見なのだから、そのとき「妻の母親ももらってます」と伝えるのが説明責任だろう。言わなかったのは「バレなきゃいいや」という意識なわけだ。それって「バレなきゃ母親が生保受給してていいじゃん」という元々の問題も、本心では全く反省してないと証明してるわけで。そうそう、「バレなきゃ生保もらいながらハワイにビジネスクラス旅行していいじゃん」も。だって話さなかったんだろ、記者会見で。

    なにが「自分の認識が間違ってた」だよ。「自分の認識通りにごまかしただけ」じゃんか。

    で、「いえ会見では訊かれなかったから」とか釈明するんだろうなあ、この手の「プロ」は。


    城繁幸先生は「税金たくさん払ってるんだから生保もらってよし」とかトンデモ擁護した後も、発言を見ていると、継続して河本一家を持ち上げていた。でも、これ見てもまだ擁護できるのかなあ……。だってこれ、本当に「プロの悪党」のやり方でしょう。擁護してたら凄いというかお里が知れるというか(笑)。


    「芸人叩き」とか批判する方は、「芸人だから批判しているのではなく、不正受給だから批判している」のがわからないのか……。というより、わかってて援護射撃する「政治的背景」のある方ばかりなんだろうなあ。なんすか、この連中。

    【意見フォーム】

    >>>当の母親は、生活保護をもらいながら
    >>>ビジネスクラスでハワイ旅行と発覚
    やり過ぎましたね。
    ( ̄▽ ̄;)

    さすがにもうこれは記者会見で許されるレベルじゃない。
    この手口現在の心境その他を国会で参考人として語っていただきたい。

    河本だけではない。梶原とかいう芸人もマンション費用の一部を吉本から借入していたとネットに出ている。しかも、テレビで放送された画像(物件総費用2000万円-500万円(吉本興業より借入)=1500万円の住宅ローンを申し込み)がしっかり載っている。

    これが事実ならば、人権とプライバシーを叫ぶ吉本は、相当厳しい立場に追い込まれるだろう。

    この一家だけで、我々が払った血税の幾らを使ってたのか?

    ここまで駒が出揃うと、
    プロダクションの関与も含めて疑わしいですね。

    日々本当に困っている方々と接する機会のある人間として、
    憤りを禁じ得ません。

    一方、
    生保担当者が適切に処理対応していたかも疑問です。
    5 母親、姉、おばの計4人はわざわざ別世帯として隣同士に居住で、母親が生保受給と発覚
    については、
    本来担当者が生活保護法に基づき指導勧告すべきものです。
    どうも背後に巨大な組織の影が見え隠れしている様に思えます。

    卑しい人間は、自分が卑しい人間だと言うことに気が付かないものです。
    彼等は、「自分は制度の裏をかける賢い人間だ」と勘違いしているのです。
    まともな人間は「それは卑しい行為だ」と思うからやらないだけなのに、卑しい人間は「俺は賢いから他の人が出来ないことが出来る」と勘違いしてしまっているのです。

    また、こう言う卑しい人間を「違法ではないのだから問題ない」と庇う人も、自身が卑しい人間であるということに気が付いていないのです。
    河本氏を擁護する方々は、実は自身の内なる卑しさを擁護しているに過ぎません。
    別に表立って叩く必要はありませんが、わざわざ卑しい人間を擁護する人々は、「私は卑しい人間です」と宣言しているに等しいことに気が付かないのでしょうか?

    まず検証しないといけないのは、
    河本一家が「どうやって生活保護受給できたのか?」です。

    一般人が、「息子が芸人をやっていて給料もなく、生活が苦しいのです」と言って、役所に生活保護申請を出したところで認可されるでしょうか?
    仮にこの程度で生活保護を受給できるのなら、北海道や北九州で餓死するような事は起きません。

    つまり、何らかの支援者が居たことになります。その団体はどんな団体でしょうか?
    その団体が何をしていたのかを追求することが、不正受給を防ぐための効果的な手段です。
    そして、組織的犯罪者ですから、破防法を適用することが適切でしょう。

    #・・・・民主党がその支援組織だったら、組織的犯罪者が国を支配している事になってしまいます(笑)

      河本氏を支援するという団体が、あるそうです。その団体の所在を調べると、予想通りの団体の所在地と     同じ住所。
      この国は、シロアリに常にたかられている。
      駆除する必要があるでしょうか

    ここまでやると、追及し甲斐があるってもんだ。
    片山さん、もっと気合入れようぜ。

    未だに「河本(の家族)は不正受給をしていなかった」と言い張る芸能人仲間や自称知識人がいますね。
    そういう人たちは決まって「実際は河本から援助されていたであろう事実」をあえて無視しています。
    今までのTV放送内容や河本本人のコメントなどで、「実際は援助をされていた」という可能性が極めて高いにもかかわらず、です。
    実に卑怯な態度であり、詭弁としか言いようがない。
    「息子に援助してもらえないから」という理由で生活保護を受給しておきながら実際は息子の援助も受け取っていたとなれば、これは明らかに虚偽申告による不正受給、芸人河本はその共犯と言える立場でしょう。
    河本擁護の芸人や自称知識人は、都合の悪い事実を隠すことなく堂々と擁護してほしいものです

    AKBまで生活保護という話が出てきている。
    そうなると芸能界全体が汚染されているのではないかろうか。

    そもそも芸能事務所自体がヤ〇ザが経営しているという話はよく耳にする。〇空〇ばりの後見人はヤ〇ザだったし、〇ーニングには過去に銃弾撃ち込まれる事件も発生しているし。
    つまり、そういう不正受給についてのノウハウはあるし、窓口担当者への脅しについてもプロと思われる。

    確信犯でしょう。

    これらの事実がありながら、早々と「不正ではない」と断言する、テレビの司会者に寒気がしますね。

    もはや報道機関ではないですね、特に日本テレビと読売テレビ。

    楽屋トーク、個別インタビューでないのだから、公平な視点が必要なのに、私的感情丸出しで、何の検討もせずに、まず、「不正ではない」と言い切って世論誘導。

    悪質ですね

    生活保護の受給も節税とかと一緒の感覚で、法の範囲内で制度の欠陥を悪用するのは
    正当な行為という認識なんだろうけど、
    それって世間の人の批判の対象になるわな。

    この情報は本当なのでしょうか。
    生活保護という制度の根幹を揺るがす事態ですね。
    というか、誰もがうすうす感じていた現実を公にするいい機会です。

    だれかアホなコメンテータが有名人だから責めるのではなく。。。。と言っていましたが、
    有名人だからもっともっと責めて責めて、そのことで制度改革や他の不正をただす一助になるなら、
    とてもとてもいいことだと思います。

    芸能界は総じて擁護する人が多いのが気になります。和田あきこさんは擁護していなかったので、少しほっとしました。

    キングコングの母ちゃんは生活保護貰いながら高級マンション暮らしだからなwww

    これが事実なら、TV局や新聞やあっち系の連中が、当初はダンマリ→会見後は一斉に河本擁護・片山さつき氏批判、という動きをしているのも、プロ生保ゴロや貧困ビジネスの利権死守が目的なのでしょうね。

    筆者の主張に同意します






     http://blogos.com/article/40242/

    このページのトップヘ