自殺

    20130822-00000310-oric-000-2-view

     「圭子の夢は夜ひらく」などのヒット曲で知られる歌手の藤圭子さんが22日午前、東京都新宿区のマンションの高層階から転落し、死亡した。62歳だった。

     警視庁新宿署は飛び降り自殺を図った可能性があるとみて慎重に調べている。

     藤さんの元夫の歌手前川清(65)は「突然のことで、言葉になりません」との短いコメントを出した。会見の予定はしていない。2人は1971年8月2日に佐世保市の教会で結婚し、翌年の8月12日に離婚した。

    元記事
    livedoor news

    neverまとめ
    【訃報】宇多田ヒカルさんの母親・藤圭子さんが死去・・・飛び降り自殺か?

    N0055775_l
    藤圭子さんの訃報にコメントを寄せた紀里谷和明
    - Neophuket / Getty Images


     [シネマトゥデイ芸能ニュース] 宇多田ヒカルの元夫で映画監督の紀里谷和明が、藤圭子さんの訃報に「あまりにも悲しい出来事に混乱し、言葉を失っております。安らかな眠りにつかれる事を心からお祈りします」と自身のツイッターでコメントを寄せた。


     宇多田の母親で、歌謡曲「圭子の夢は夜ひらく」などで知られる歌手の藤圭子さんは22日、東京都新宿区で亡くなっているのが発見され、一部では自殺の可能性が報じられている。ソニー・ミュージックエンタテインメントでは、死因などについて確認できていないという。


     紀里谷監督は2002年に宇多田と結婚し、2007年に離婚。映画『CASSHERN』や『GOEMON』で知られる。(編集部・中山雄一朗)

    元記事
    シネマトゥデイ


    neverまとめ
    【訃報】宇多田ヒカルさんの母親・藤圭子さんが死去・・・飛び降り自殺か?




    e0022344_2151320
    【訃報】宇多田ヒカルさんの母親・藤圭子さんが死去・・・飛び降り自殺か?


    宇多田ヒカルさんの母親で「圭子の夢は夜ひらく」などの歌で知られる歌手の藤圭子さん(62)が、22日午前7時ごろ、東京・新宿区西新宿のマンションの敷地内で倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。

    関係者によりますと、飛び降り自殺とみられています。

    【独特の歌声で次々ヒット曲】歌手の藤圭子さんは北海道旭川市の出身で、昭和44年に「新宿の女」でデビューしました。

    情念のこもった独特の歌声で「圭子の夢は夜ひらく」などのヒット曲を次々と出しました。

    しかし、昭和54年に突然引退し、アメリカに渡りました。

    歌手の宇多田ヒカルさんの母親としても知られています。


    neverまとめ
    【訃報】宇多田ヒカルさんの母親・藤圭子さんが死去・・・飛び降り自殺か?




    NHKニュース




     大津市立中学2年の男子生徒(当時13歳)の飛び降り自殺を受けた全校生徒アンケートを巡り、男子生徒が自殺直前、いじめた同級生らに「死にます」とメールしたり電話したりしていた、と生徒7人が回答していたことがわかった。


     
    市教委は遺族に確認せず、いじめたとされる3人にも否定されたため、「事実との確証は持てない」として公表を見送っていた。



     市教委によると、7人は「男子生徒が自殺の練習をさせられていた」と回答した16人とは別の生徒たち。いずれも伝聞情報で、ある生徒は「いじめていた人に、死ぬという内容のメールを送ったらしい」と回答。「『もうおれ死ぬわ』とメールすると、(いじめた同級生の1人は)『死ねばいいやん』と返信した」「前日に電話で『死ぬ』と伝えたらしい」などの記載もあった。



     男子生徒は時々、家族の携帯電話を借りて使っていたが、市教委は遺族に送信履歴を確認してもらうなどの調査はしていなかった。市教委は取材に、「自分たちで調べるのは物理的に無理だと思った」としている。

     

    提供:読売新聞


     大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が飛び降り自殺した問題で、死亡した男子生徒は当初、いじめていたとされる同級生らと仲良しで、激しい暴行は夏休み後に集中していることが5日、関係者への取材でわかった。男子生徒は自殺直前の約1カ月間に友人関係が急激に悪化する中、ストレスが極度に高まり、自殺に追い込まれた疑いがある。


     学校が実施した生徒へのアンケートなどによると、男子生徒は7月ごろから同級生と行動を共にする姿が目撃されている。夏休みに入ると、同級生宅に外泊したり、一緒にゲームをしたりすることもあった。


     しかし、同時期に貯金を数万円単位で下ろし始め、9月末までに12万円以上を引き出していたことが発覚。男子生徒の親族は友人宅に連絡を取り、宿泊させないよう頼んでいたという。


     アンケートでは、無記名だったものの、暴行現場を直接目撃したという生徒は「2学期が始まってすぐ、廊下で思い切り肺、おなか、顔を殴ったり、跳び蹴りしていた。一方的だった」と記述。このほか、「トイレで殴り合いがあった」(記名、伝聞)という指摘もあるなど、この頃から急激に暴行が本格化し、周囲も異常さを感じるようになった。


     9月下旬には教科書が破られたり、口に粘着テープを張られて羽交い締めにされて殴られたりするなど、いじめは急激にエスカレートしていたという。


     中学側は自殺といじめの因果関係は不明とし、「学校の教諭らは、男子生徒や同級生が仲良しグループだと思っていた。だから、微妙な人間関係の変化に気づけなかった」としている。

    提供:産経新聞




      


    滋賀県大津市で、昨年10月、市立中学2年の男子生徒が飛び降り自殺した。3日、自殺した男子生徒に対して行われていたイジメの内容が発覚し、騒動になっている。

    各メディアの報道によれば、自殺した男子生徒は「自殺の練習をさせられる」「雀の死骸を口に入れる」「全裸にして射精を強要」などの行為を強要されていたという。しかし、大津市教育委員会は「イジメと自殺との因果関係は判断できない」と一貫して主張しており、ネット掲示板では、加害者の暴力と暴力行為を見逃した学校側、さらにイジメが原因の自殺だったと認めない教育委員会に対して怒りの声が殺到している。

    掲示板上では、「悪質なイジメに遭ったら、警察や教師なんかに相談せずに、ネットにいじめの状況を報告するしかないな」などと、万が一、イジメに遭った場合の対応策を真剣に議論するユーザーも。さらには、学校や警察に代わって加害者への制裁行為を行おうと呼びかける投稿が相次ぎ、炎上状態になっている。

    また、京都新聞は、大津署が、被害者の父親が出した被害届を受理していなかったことを報じた。これに対して、ネット掲示板では「警察が弱い者の味方をするわけないよな」「交通違反の取り締まりが忙しすぎてイジメ自殺放置したのか?」と、警察の対応に憤る声も相次いでいる。


     http://news.livedoor.com/article/detail/6727161/


     5日午後3時55分ごろ、大津市役所内(同市御陵町)にある市教育委員会学校教育課に「爆弾を仕掛けた。午後8時に爆発する。お前らの建物や」と男の声で電話があり、一方的に切った。電話を受けた男性職員が県警大津署に通報するとともに、庁舎に来ていた市民らを庁外に避難させた。


     署員約80人が庁舎内と周辺を調べたが、不審物は見つからなかった。同署は悪質ないたずらとみて、威力業務妨害容疑で捜査している。


     市立小中学校を担当する同課には、中学2年の男子生徒が飛び降り自殺した問題を巡り、「子供や遺族への謝罪の言葉がない」などの抗議電話が相次いでいるという。


     http://news.livedoor.com/article/detail/6730686/



     滋賀県大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が飛び降り自殺した直後、学校側のアンケートに15人の生徒が「死亡した男子生徒が自殺の練習をさせられていた」などと答えていたことが発覚した問題で、4日、同市教育委員会には「ちゃんと説明してほしい」などとする電話が相次いだ。



     市教委によると、電話は始業の午前8時半ごろから相次ぎ、10件以上に達した。「市も事情があって対応が大変だろう」とする電話もあったが、ほとんどが抗議で、市教委の説明責任を求めるほか、「きちんと認めたうえで謝罪して」とする内容もあったという。



     男子の両親が今年2月、いじめが自殺の原因だったとして大津市やいじめ行為をしたとする生徒などに約7720万円の損害賠償を求め提訴しており、市教委学校教育課は「訴訟中でコメントできない」としている。




    提供:産経新聞




     


    「つかでございます」の挨拶でお馴染み、ニッポン放送(LF)とフジテレビの元アナウンサー、塚越孝さん(57)が26日、勤務先のフジテレビ内の男子トイレで首つり自殺をしていたことが分かった。現場には「ご迷惑をかけて申し訳ありません」などと書かれた遺書が残されていたという。


    「温厚な人柄ですが、会議ではシニア採用のOBを怒鳴りつけたりする一面もあった。仕事熱心な人でした」(フジ社員)


     日大芸術学部卒業後、1977年にニッポン放送に入社。「オールナイトニッポン」や「朝からたいへん!つかちゃんです」といった人気番組のパーソナリティーとして活躍していたが、06年4月、フジのアナウンス室に転籍する。昨年6月からはクリエイティブ事業営業部プロデューサーを務めていた。


    「02年、横浜市長に転出した中田宏の後継として神奈川8区から出馬すると報じられ、ミソがついた。政治色がつくと仕事にマイナスですからね。その後、ホリエモンのニッポン放送買収騒動に伴うグループ再編で、仕事のできないお荷物社員と50代以上の高給取り社員がフジテレビ送りとなった。これだけ大規模なリストラは後にも先にも一度きり。塚越さんも放出組のひとりでした」(ニッポン放送社員)


     古巣を追い出されたアナウンサーたちは、新たな職場で肩身の狭い思いをしていたという。

    「『年だけど、新入社員の塚越です』なんて自虐的に挨拶していましたね。当時のアナウンス室は飽和状態だったし、いくら経験が豊富とはいえ、ラジオとテレビは別物。慣れない環境で仕事にも恵まれない。塚越さんも地上波での出番はほとんどありませんでした。心の病を患った男性アナもいましたね。現在、LF出身のアナウンサーで活躍しているのは、『Mr.サンデー』のナレーションを担当する松元真一郎アナぐらいです」(フジ社員)


     昨年、同事業部に異動となったが、「アナウンサーを辞めたくない」と上層部に掛け合っていたという。

    「LFに残ったままなら、今ごろは管理職。“現役引退”の諦めもついたでしょう。まさかの人事で苦しい日々を過ごした上に、現場を離れることに抵抗があったのではないでしょうか」(前出のフジ社員)


     数年前、新聞のコラムで〈最後は居酒屋のオヤジになりたい〉とつづっていた。ホリエモンがいなければ違った人生を送っていたかもしれない。


    (日刊ゲンダイ2012年6月28日掲載)



    提供:ゲンダイネット


     


     大手芸能プロダクション「イエローキャブ」の社長、帯刀(おびなた)孝則さん(58)が、東京都港区南青山の事務所で死亡していたことが29日、関係者などへの取材で分かった。首をつっていたといい、警視庁赤坂署は、事件性はなく自殺とみている。


     関係者によると、28日午後3時20分ごろ、事務所内のトイレで、帯刀さんが首をつっているのを事務所スタッフが発見。病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。
     

    提供:産経新聞


    このページのトップヘ