謝罪

    20120703-780962-1-L
    東京地検立川支部前で謝罪するブラザー・コーン



     暴力団の名前を挙げて元マネジャーの男性を脅したとして6月12日に逮捕されたミュージシャンのブラザー・コーン(本名・近藤信秋=56)について、立川区検は3日、暴力行為等処罰法違反の罪で略式起訴した。立川簡裁は罰金20万円の略式命令を出し、コーンは罰金を即日納付、釈放された。報道陣の前で謝罪し、暴力団との交際を否定。代理人弁護士は、トラブルの要因は解任された元マネジャー・T氏(46)の逆恨み行為だとし、所属事務所がT氏に対する民事訴訟を視野に入れていることも明らかにした。


     逮捕から21日。釈放直後の午後3時半すぎ、報道陣の前に姿を現したコーンは、やつれた表情で深々と一礼し、約2分間にわたって謝罪した。


     愛用メガネとグレーのスーツ姿。はっきりした口調で「今回、前マネジャーとのトラブルにつきまして、酔っぱらっているとはいえ、社会に反する暴言を吐いたことをおわび申し上げます」と頭を下げ、「私は暴力団の付き合いは、全くございません」と、暴力団関係者との交際を否定した。関係者によると、逮捕前に比べて体重が5キロ減ったという。


     起訴状によると、コーンは5月16日、元マネジャーのT氏に対し、暴力団の名前を挙げて「おまえ、やられてもしょうがないだろ。命とりにいかれるぞ」などと電話で脅したとしている。


     この日、コーンの代理人を務める弁護士と個人事務所が、文書で連名のコメントを発表。T氏の証言の一部を否定し、逮捕経緯についての事実関係を明らかにした。まず、T氏の解任理由について、「『コーンが薬物をしている』と虚偽の事実を言いふらし、業務を妨害した」「女性タレントを脅迫した」など素行不良だったと説明。


     また、T氏は解任に対する逆恨みから、コーンや事務所に不当な金銭要求を突きつけてきたと主張。5月16日の電話については「(コーンが)酔っていた深夜に、怒らせて暴言を吐かせて、録音する計画のもと、わなを仕掛けたもの」と“ハメられた”ものだとした。


     弁護士によると、事務所側は、T氏に対して名誉棄損で訴えるなどの法的手段をとることも視野に入れているという。


     コーンの今後の活動再開は未定。勾留中、検察庁には芸能界の知人やファンら約2000人からの嘆願書が届いた。コーンは「(嘆願書は)心の支えになりました。この3週間を肝に銘じて、これからの人生をまっすぐ歩みたい」と前向きに話し、車に乗り込んだ。


     ◆逮捕からの経過
    ▽6月12日
     警視庁町田署が、暴力行為法違反の疑いでブラザー・コーンを逮捕。
    ▽同13日 コーンの所属事務所が、逮捕容疑について「酔っていたところへ、元マネジャーからの電話で意図的に挑発を受けたもの」とコメント。
    ▽同14日 コーンが東京地検立川支部に送検される。
    ▽同15日 都内にあるコーンの自宅を家宅捜索。暴力団との交際に関する証拠物は押収されず。


     ◆ブラザー・コーン 本名・近藤信秋。1955年11月5日、東京都生まれ。56歳。83年にブラザー・トムとともに「バブルガムブラザーズ」を結成。90年に「WON’T BE LONG」が大ヒットし、91年には紅白出場も果たした。その後、腎不全を発症したが、2005年に腎臓の移植手術を受け復帰していた。08年に「バブルガムブラザーズ」として、12年ぶりとなる新曲を発売し、音楽活動を再開している。


     

    提供:スポーツ報知




     AKB48からHKT48への移籍が発表された指原莉乃(19)が23日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われた握手会イベントに出席し、ファンの前であらためて騒動の謝罪をした。



     スピーチの全文は以下の通り。



     今回は、私自身の行動が原因でご心配をおかけして、本当にごめんなさい。事務所の方から、『指原が反省してないんじゃないか』いう声が上がっている、ということをおうかがいしました。ですが、たくさんのファンの方にご心配をおかけして、たくさんの方からお叱りをいただいて…。そんな状況で反省してないというほど、私は心が強くありません。本当は(月曜レギュラーの)『笑っていいとも!』に出るのも、すごく怖かったです。ですがブログを見ると、たくさんの方が『笑顔を楽しみにしています』と、そしてたくさんの出演者の方が(騒動を)笑いに変えようとしてくださっているのに、私が悲しい表情をしているのは、どうなんだろうと思い、私が笑顔でいるのはどうなんだと思い、そう判断しました。HKT48に移籍して私が(グループで)一番になりますと、私がHKT48を一番にしますと言ったのも、私が中途半端な気持ちでHKT48に移籍することは、メンバー、ファンのみなさん、そしてHKT48のスタッフさんに申し訳ないと思ったから、発言したことです。私の頑張りがすべて空回りしてしまいました。誤解をさせてしまってすみません。これから、どうなるのかは、誰にも分かりません。ですが、私が今、笑顔で頑張らないと、ゴールは閉ざされてしまうと思います。私がただひたすらひたむきに一から頑張れば、またゴールが近づくんじゃないかと、私はそう思っています。なので、これからも笑顔で、HKT48を盛り上げていけたらといいなと思っています。皆様、本当にすみませんでした。そしてこれからも、HKT48、そしてHKT48指原莉乃の応援を、よろしくお願いします。
     http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20120623-971974.html


    AKB48→HKT48へ 指原莉乃スキャンダル.まとめ

    Narinari_20120623_18286_1


    6月22日に、シンガーソングライターの鬼束ちひろがTwitterで過激な発言をしたことについて、所属事務所のNAPOLEON RECORDSが公式サイトで謝罪した。

    公式サイトに掲載された「Twitterでの発言につきまして。」の内容は次の通り。

    ※※※ ※※※ ※※※

    鬼束ちひろのTwitterでの発言につきまして、
    本人の大人げないいたずらな書き込みで波紋が広がり、
    問題の箇所は弊社にて即時削除致しましたが、
    関係各位に大変ご迷惑をおかけした事、
    世間をお騒がせした事に対し、深くお詫びを申し上げます。

    株式会社NAPOLEON RECORDS

    ※※※ ※※※ ※※※

    鬼束は22日にTwitterを開始。「いえー!!!ツィートスタートー!!」と最初からハイテンションで始まり、タレントの和田アキ子や、島田紳助氏を名指しした過激発言をツイートするなど、物議を醸していた。なお、23日現在、アカウントは非公開となっている。

     
    ナリナリドットコム

    【関連記事】
    鬼束ちひろのツイッターにネットが震撼!和田アキ子、島田紳助に対してもぶっ飛び発言連発




     

    fb99f_97_N0042932_l
    自身の名前が冠された「焼肉 美貴亭」での
    食中毒発生についてブログで謝罪した
    藤本美貴 - 画像は今年2月撮影のもの


     タレントの藤本美貴が、自身の名前が冠された「焼肉 美貴亭」で食中毒が発生したことについて、オフィシャルブログで謝罪した。


     藤本は9日朝にブログを更新すると、「体調不良を訴えておられるお客様には、1日も早く快復されるよう、心からお祈り申し上げております。また、ご来店いただいたお客様には、たいへんご心配をおかけいたしました。申し訳ございません」と謝罪した。


     また、同店のホームページでは藤本がプロデュースを務めたとされているが、藤本は同店との関係について「所属事務所を通じて、私がイメージキャラクターを務めさせていただいております」と説明。運営などには関与していなかったというが、「私の名前の付いたお店でこのような事故が起こってしまったことについては、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と今の心境を明かした。(編集部・福田麗)

     http://news.livedoor.com/article/detail/6642041/

     テレビ朝日は14日放送のクイズ番組「Qさま!!」中で、先天的な脳の機能障害と考えられる自閉症を病気として扱ったとして、同番組の公式ホームページにおわびと訂正を掲載した。


     テレビ朝日広報部によると、14日の放送中に、「ここ10年で患者数が増えている病気を選びなさい」という問題を出題、自閉症を正答の一つとした。視聴者から放送中に指摘があったことから誤りが発覚した。


     広報部では「設問の事前チェックが不行き届きで、誤解を与えてしまった」と話している。
    0e169080



     http://news.livedoor.com/topics/detail/6564375/


    会見の最後に頭をさげる早乙女太一(撮影・持木克友)
    【拡大写真はコチラ】
    会見の最後に頭をさげる早乙女太一(撮影・持木克友)

     大衆演劇の人気俳優・早乙女太一(20)が、交際中のモデル・西山茉希(26)に暴力をふるったことが明らかになり14日、東京・明治座での出演舞台終演後に緊急会見を開いて、「感情的になりすぎた。もう二度としない」と謝罪した。2人は今月11日に、都内の早乙女の自宅マンション前で言い争いになり、早乙女が西山を突き飛ばし、倒したという。会見では、すでに同マンションで同せいしていることも告白した。

     激しすぎる愛ゆえか。今年2月に「お互いに深く傷つけあい 深く愛してます」とブログで西山との交際宣言をした“流し目王子”に、思わぬ暴力騒動が起きた。

     15日発売の女性週刊誌「女性自身」によれば、2人は今月11日深夜、お台場でのデート後に、都内の早乙女の自宅マンションに帰宅。しかし、数分後に、西山が家から飛び出した。「もう別れよう」と口走りながらタクシーに乗り込もうとする泥酔状態の西山を、早乙女が引き留める際に、突き飛ばす形になり、西山はアスファルトに身体を強く打ちつけたという。

     早乙女は会見で「今までの不満など積み重なって、ケンカになった。彼女が家から出たのを止めようとして、無理やり引っ張って、倒してしまった。彼女が酔っていたのと、僕の力加減ができなかった」と暴行事実を認めた。

     暴行の後、西山はタクシーで外出したが、数時間後に帰宅。2人落ち着いた状態で話し合い、早乙女が頭を下げ、「二度とこういうことをしないと誓って、信じてもらえた」と仲直りしたという。西山も公式ブログで「自覚の足りない2人の軽率な行動が招いた結果です」と謝罪した。

     また、早乙女は西山と「かなり前から」という同せい生活を告白し、「プロポーズはまだしていないが、一緒に成長できたらと思っている」と結婚を視野に入れていることも明かした。

     2人は今年2月3日に交際が発覚。同5日にはバカンスで訪れたハワイからツーショットで帰国し、交際を認めていた。
     http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/05/15/0005054478.shtml


    sN0042076

     大衆演劇の人気俳優・早乙女太一と、早乙女と交際中のモデル西山茉希が、互いのオフィシャルブログで、大ゲンカをしたこと、またその件が週刊誌に掲載されることを明かし、騒動について謝罪している。

     14日付のブログで西山は、早乙女とのケンカの件が明日発売の週刊誌に掲載されると報告。「自覚の足りない二人の軽率な行動が招いた結果です」と後悔をにじませるコメントを掲載した。

     一方の早乙女も、前日13日付けの記事で「彼女と大喧嘩してしまい その件が週刊誌に載ることになりました」と報告。ケンカの内容にも言及し、早乙女が西山を「引き止める事で掴み合いになり 思い切り引いたせいで倒れさせて」しまったと、かなり激しいものだったことを明かした。

     「人として男として失格してしまいました」とこちらも深い後悔の念を明かした早乙女は、「彼女とはその日の内に落ち着いて話し合いをしました」と関係はすでに修復していることを示唆。その上で「二度と同じ事がないよう同じ繰り返しをしない事を肝に命じて一緒に歩んで行きたいと思っています」(原文ママ)と謝罪と共に西山との交際継続を宣言している。

     報道内容について西山は、「どのような内容で報道されるかはわかりません」としており、詳細は知らない様子だが、「心配、ご迷惑をおかけすることとなる皆さんに、この場を借りて深くお詫び申し上げます」とこちらも謝罪を述べている。(西村重人)


     http://news.livedoor.com/article/detail/6558137/

    このページのトップヘ