逮捕



    FacebookやTwitterに代表されるSNSのプロフィール写真にどんなものをお使いだろうか? 自分の写真を載せている人も多いだろう。特に女性はSNSのプロフィール写真はとっておきの1枚を用意する傾向が強い。とっておきすぎて、実物とかなり印象が違うこともある。


    ある男がFacebookで見つけた美女に一目ぼれ、相次ぐストーカー行為の末逮捕されるという事件が起こった。容疑者は逮捕後、初めて実物の女性の顔を見たところ「本人は写真と違ってブサイクだった」と後悔の念をにじませているという。


    2012年1月、台湾新北市に住む張明義容疑者は、Facebookで見かけたある女性に一目ぼれをした。彼女のプロフィールは「既婚」との表示。子どももいる。だが張容疑者はそれには構わず、Facebookへメッセージを送り続けた。


    また女性の携帯電話の番号も入手。何度も交際を迫る内容や、「今よりいい仕事を紹介する」と気をひこうとするメールを送りつけたそうだ。同時に女性の内縁の夫にも嫌がらせを行った。


    そしてついに、張容疑者と女性の夫が話し合いを行うことになった。お互い数名の友人を連れてきている。まさに決闘だ。張容疑者は改造したモデルガンで女性の夫を撃とうとしたが、弾がつまり失敗。そのまま友人を置いて逃走した。


    それから約1カ月後に張容疑者は逮捕された。逮捕後、張容疑者は女性に初めて会ったそうだ。実際に本人に会ったところ「実物は写真ほどキレイじゃなかった……後悔している」と、なかば騙されたかのような言葉をもらしたという。


    写真を確認したところ
    確かにかなり印象が違う。撮影の角度のせいかもしれないし、メイクのせいかもしれない。画像加工をしたという可能性も否定できない。


    だが、この件に関しては、たとえSNSのプロフィール写真が別人レベルであったとしても、女性に罪はない。女性とその家族の身が無事であったのは、不幸中の幸いである。それにしても容疑者の「後悔している」の真意はどこにあるのだろうか。事件を起こしてしまったことへの後悔、そして二度と犯罪を起こさないことを願いたい。

    参照元:ETToday(中国語)

     





    news138010_pho01
    傷害の疑いで逮捕された吉本芸人が、「住所不定」と警察に発表され、様々な憶測を呼んでいる。実は、それなりのわけがあったようだ。


    「ほら、ケンタ! ニンジンも食べなさい」

    ママに扮した男性芸人がテレビ番組で、女性っぽい声でコントを演じる。

    女性っぽいキャラでも暴行の疑い

    逮捕されたのは、お笑いトリオ「ソーセージ」のボケ役、藤本聖(たかし)容疑者(27)だ。吉本興業の芸人プロフィールでは、趣味・特技は「女装」と書かれてあり、コントもそのキャラを生かしたらしい。

    ところが、容疑の内容は、実に荒っぽい。

    大阪府警南署の調べによると、藤本容疑者は、2012年5月20日夜、直前まで交際していた大阪市中央区の無職女性(26)宅で、女性の背中を蹴ったり、果ては、馬乗りになって顔を平手打ちにしたりした疑いが持たれている。女性は、腰や頭を打撲して1か月の重傷を負っていた。暴行のきっかけは、男女関係のもつれによるささいなトラブルで激高したことからだという。

    女性は2日後、南署に被害届を出している。南署では、捜査を進めたうえで、7月2日夜、ソーセージが大阪市内の劇場「5upよしもと」での公演を終えたところで、署員が令状を示して藤本容疑者を逮捕した。任意同行しなかったのは、容疑を裏付ける証拠があったからだとした。

    ただ、藤本容疑者は、調べに対し、女性宅を訪れたことは認めたが、「殴ったり蹴ったりしたことはない」と容疑を否認している。酒を飲んで酔っていたこともないという。

    警察の発表では、藤本容疑者は「住所不定」とされ、ネット上で、どういうことなのかと波紋を呼んだ。無職ならともかく、テレビでもレギュラー出演している吉本芸人だからだ。一体、なぜなのか。

    交際女性宅から追い出されていた?

    大阪府警南署の副署長は、取材に対し、こう説明する。

    「住民票のある場所はありますが、友人宅などを転々として生活していたからです。本人への取り調べでも、そう供述しています」

    藤本聖容疑者がなぜ定住していないのかは、「私生活は、本人の自由ですので、こちらでは分かりません。吉本興業に聞いて下さい」とした。

    そこで、所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシー側に取材すると、次のように答えた。

    「藤本は、あるときまで女性と一緒に住んでいました。しかし、男女関係のもつれから、痴話ゲンカのトラブルになり、その後、藤本は、ツテを頼って泊まり歩いていたようです」

    ソーセージは、関西を中心に活動しており、漫才コンテスト「M-1グランプリ」では、2008、09年の2度も準決勝に進出している。毎日放送(大阪)の深夜番組「ソガのプワジ」にレギュラー出演もしており、ツイッター上でファンから逮捕への悲鳴が上がるほどの一定の人気はあった。

    今後について、吉本側は、「事実関係を確認中でして、その結果から活動をどうするか決めます」とした。しかし、報道によると、毎日放送は、事件を受けて「ソガのプワジ」12年7月4日放送の取り止めを決めており、逮捕の代償は大きいようだ。





     http://news.livedoor.com/article/detail/6721401/

    images000
    藤本聖容疑者




     知人女性を暴行して重傷を負わせたとして、大阪府警南署は2日、傷害の疑いで、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いトリオ「ソーセージ」の芸人、藤本聖容疑者(27)=住所不定=を逮捕した。調べに対し、容疑を否認しているという。



     逮捕容疑は今年5月20日午後7時20分ごろ、大阪市中央区の知人女性(26)宅で、女性の背中をけったり、顔を平手打ちするなどの暴行を加え、腰や頭に全治約1カ月の重傷を負わせたとしている。

     同署によると、藤本容疑者と女性は事件直前まで交際関係にあったという。

     

    提供:産経新聞







     三重県亀山市で3月、アパートの駐車場で男性(35)が灯油を掛けられ、火を付けられ頭部などにやけどを負う事件があり、県警亀山署は2日、殺人未遂容疑で人材派遣業長田和行(44)=同市田村町=、従業員花井夏実(34)=同=両容疑者を逮捕した。



     同署によると、長田容疑者は「灯油は掛けたが、火は付けていない」と容疑を一部否認。花井容疑者は「長田容疑者に指示され灯油を持って来たら、同容疑者が男性に掛けて火を付けた」などと容疑を認めているという。 


     

    提供:時事通信社





     スナックで現金やバッグを盗み、無銭飲食したとして、警視庁荏原署は、窃盗と詐欺の疑いで、いずれも住所不定、無職の長谷川秀次(38)、金井浩美(44)の両容疑者を逮捕した。長谷川容疑者は「(同様の犯行を)100件ぐらいやった」と供述しており、同署が裏付けを進めている。


     逮捕容疑は、2月11日夜、東京都品川区小山のスナックで、現金3万7千円などが入った女性店主のショルダーバッグを盗み、ビールや焼きそば、餃子など9800円分の飲食代を支払わなかったとしている。女性がトイレに行ったすきに逃走していた。


     同署によると、両容疑者は交際しており、昨年11月ごろから東京、千葉、埼玉など1都4県で、同様の犯行を繰り返していたとみられる。店主が1人で切り盛りする飲食店を狙っていたといい、盗んだ金は飲食代などに使っていた。


     http://news.livedoor.com/article/detail/6714200/

    taro


    大飯原発の再稼動により、福島原発事故後1年以上経った現在でも反原発運動は行われている。

    最近だと6月に首相官邸の前で行われた反原発デモに数千人規模で原発の再稼動停止を求める人たちが集まったが、脱原発運動を行っている有名人として有名なのが俳優の「山本太郎」さんである。


    山本さんは6月29日に行われる再稼働反対デモ空撮中継を現在Twitterで告知しているようだが、残念なことに姉である山本利華容疑者が近畿厚生局麻薬取締部により大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕していたことが報じられた。


    朝日新聞の報道によると、山本利華容疑者は「脱原発運動や更年期障害で疲れ、気分を和らげるために(大麻を)使った」と供述しているそうだ。この報道に対し、ツイッターユーザーは……

     
    「そんな言い訳あるか!」
    「脱原発で疲れたって? アホか!」
    「脱原発関係無いだろ」
    「放射能より麻薬のほうが安全と考えたわけですな」
    「このタイミングで、山本太郎の姉逮捕なのか?なんかタイミング良すぎ!」
    「反原発デモで、大麻合法化のプラカードが」
    「そんなに疲れるのなら、しなけりゃいいのに」
    「驚きに値しない」
    「情けない自爆すなあ。 」
    「家族を止めることが出来ない太郎に、原発を止めることが出来るのか?って書き込みワロタ 」
    「ヒッピー文化といいお決まりの流れだな。自然主義者の大麻所持。」
    「原発よりも先に脱するべきものがあったな」
    「脱原発で疲れたって?ちょっと、お姉さんに葉っぱかけ過ぎたんじゃないの?」
    「ダメだこりゃ!」

     
    ……などと反応。「大麻を吸わなければいけないぐらいなら運動を止めろ」や「元々常習だったのに反原発運動のせいにするな」などの声が多数を占めていた。


    なお、山本太郎さんは姉の逮捕を受け「えーっ!マジか?逮捕されてたなんて知らなかった」と驚いている様子。「何やってんだ、いい大人が。脱原発と彼女がやった事は、何の関係もない。全ては自己責任。法の裁きを受け、一日も早く社会復帰してくれ、姉よ。」(Twitterより引用)とコメントしている。


    参照元:asahi.com、Twitter yamamototaro0


    提供:ロケットニュース24


     埼玉県長瀞町の荒川で三重県警が傷害容疑で指名手配していた少年(19)がおぼれ、近くでカヤックをしていたアウトドア関連会社従業員の男性(33)に救助されていたことが29日、埼玉県警への取材で分かった。三重県警からの情報で埼玉県警秩父署の署員が少年を発見し、追跡中だった。


     埼玉県警によると、25日午後5時すぎ、秩父署員が長瀞町内で三重ナンバーの乗用車と少年を発見。署員が追跡すると、少年は近くの荒川河川敷に逃げ込み、午後6時前に、荒川に飛び込んだ。荒川は雨の影響で増水しており、少年は泳ぎ切ることができず、男性が乗っていたカヤックにつかまったが、バランスを崩し一緒に転覆したという。


     男性は少年をカヤックの間に挟みながら抱きかかえて岸に泳ぎつき、無事だったという。少年は大量の水を飲んでおり、近くの病院に搬送された。命に別条はなく、26日に三重県警に身柄を引き渡した。県警が男性に少年が指名手配されていたことを伝えると、驚いた様子だったが、喜んでいたという。


     三重県警によると、少年は5月17日、三重県鈴鹿市内で元交際相手の女性(18)の顔などを殴ったとして、傷害容疑で逮捕された。体調不良を訴えたため、いったん釈放したが、自宅から埼玉県まで自動車で逃走したという。

     

    提供:スポーツ報知



     肺炎の1歳7カ月の息子を放置し、治療を受けさせず死亡させたとして、滋賀県警捜査一課などは28日、保護責任者遺棄致死容疑で、母親の無職高橋由美子容疑者(29)=大津市大平=を逮捕した。同課によると、容疑を認めているという。



     これまでの調べに対し、高橋容疑者はパソコンのチャットに夢中になり十分な子育てをしていなかったなどと供述しているという。県警は同日、同容疑者の自宅を捜索し、パソコンなどを押収した。
     

    提供:時事通信社




    【関連記事】
    「チャットに夢中で…」母に育児放棄された男の子が死亡 ーまとめ






     子ども同士のけんかが原因で、相手の母親(32)に生卵を投げ付けたとして、兵庫県警姫路署は22日、暴行容疑で、姫路市西庄の主婦・楊美鈴容疑者(49)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は22日午前7時40分ごろ、自宅付近の駐輪場で自転車のかごに入れていたパックから生卵計8個を取り出し女性に投げ付けた疑い。



     姫路署によると、2人は顔見知り。5月中旬に子ども同士がけんかをし、相手の母親がその後謝罪したが、楊容疑者は「謝り方が気に入らなかった」などと供述。容疑を認めているという。



     楊容疑者は子どもの集団登校を見届けた後、女性を駐輪場まで連れて行き犯行に及んだ。投げた卵のうち数個が腰や背中に当たって割れたが、女性にけがはなかった。付近の自治会からは、以前から楊容疑者に絡んだトラブルの相談が何件も寄せられていたという。


    スポーツ報知

     

    このページのトップヘ