週刊文春

    mokuji09-37b


     【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】




     【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】







    217358l


     5年ぶりの主演映画『へルタースケルター』の公開を今月14日に控えた沢尻エリカに、不穏なウワサが駆けめぐっている。

     沢尻が体調不良により休養を発表したのは5月15日のこと。劇中で演じた全身整形のトップアイドル「りりこ」の役柄が抜けず、心身のバランスを崩したことが原因と報じられた。その際、マネジメントを担当するエイベックスは「国内にて療養中」と説明していたが、直後に「週刊文春」(文藝春秋)が沢尻の“大麻中毒疑惑”を報道。2009年9月に前所属事務所「スターダストプロモーション」を“クビ”になった本当の理由は、大麻の常用だったと衝撃スクープしたのだ。

    「同誌には解雇通知書も掲載されており、インパクトは十分。ただ、解雇通知書に隠れて見落としがちですが、文春が言いたかったのは、いまだに沢尻さんの常習グセが治っておらず、今回の休養発表の裏にも大麻常用疑惑があるということですよ」(ワイドショー関係者)

     そんな中、あるウワサが業界を駆けめぐっている。

     某スポーツ紙デスクは「国内で療養中といわれている沢尻さんが、実は現在、海外にいるって話なんです。真偽のほどは不明ですが、Twitterでは、ヨーロッパ方面で彼女を見たというつぶやきや、沢尻さんとおぼしき女性のうしろ姿の写真もアップされている。フランスに記者を飛ばした社があるという話も耳にしました」と明かす。

     万が一、それが事実なら「薬物疑惑を恐れ海外に逃亡した」というシナリオも成立するが……。

    「そういえば、文春の大麻報道の前後で警察当局がある有名人を薬物絡みの案件で内偵していると聞きました。てっきり、その時は薬物絡みで逮捕(処分保留)された酒井法子の元夫・高相祐一かと思っていたのですがね」(警察担当記者)

     すべてが杞憂に終わることを祈りたい。


    提供:日刊サイゾー


    【関連記事】

     【沢尻エリカ】 ヘルタースケルター7月14日公開【スキャンダル記事まとめ】
    沢尻エリカ 主演映画「ヘルタースケルター」予告編が解禁(YouTube 動画)
    沢尻エリカ、わずか半年でまた休業w
    沢尻エリカ、美脚全開!むっちり太ももがセクシー!「パルコ」新CMに登場
    欲望だけが真実、“全身整形”りりこ=沢尻エリカの素顔とは







    無題aaa

    提供:ロケットニュース24


    週刊文春のスキャンダル報道で、HKT48に移籍することになった指原莉乃さんが、今度はカラーでセルフヌードと見られる写真が公開され、再び注目を集めている。同誌のウェブ版には、元彼とされる人物との交際状況が詳細に掲載されており、そこにはなんと胸をあらわにしたカラーの画像が。彼女の処分は移籍で落ち着いたはずなのだが、この先いったいどうなってしまうのか?
     
    サイト上に公開された画像は、全部で4点。いずれもカラーの画像である。おそらく同誌が最初に報じた内容のモノクロ画像を、カラーで掲載したものと思われる。かなり生々しく、男女の行為の痕跡をうかがわせるのには十分なもの。これを見たネットユーザーは次のように反応している。
     
    「身分証まで接写してるって、最初から罠に「はめる」つもりだったとしか思えない」
    「文春すげーなーw」
    「カラー写真だと急にナマナマしくなるね」
    「これ写真アウトだろ」
    「むごい記事だな」
    「売れる前はそりゃただの一般人と変わらんわけだし普通に付き合うよなぁ」
    「か、カラー写真がこ、こ、公開されている」
    「元彼えげつねぇw」
    「クビにならないしいいともも残留。優遇のされ方がすごいよね」
     
    ……など。指原さんを気遣うコメントも少なくない。詳しい内容については、「週刊文春web」をご覧頂きたい。

    彼女自身はスキャンダルののちにラジオ番組に出演し、「半分は本当で半分はウソ」としてなかば事実と認めているのだが、相手と見られる人物とどのような関係だったのだろうか? 彼女のスキャンダルをめぐる問題は、今しばらく続きそうだ。


    参照元:「週刊文春web」
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1465


    AKB48→HKT48へ 指原莉乃スキャンダル.まとめ





    無題aaa

     AKB48からHKT48へ移籍した指原莉乃(19)が17日、千葉・幕張メッセで握手会に参加した。

     同日夜、指原がブログを更新。「週刊文春」で、過去に交際していたと名乗るファンの告白が掲載されたことで移籍となったため「こわかったんです。立つのが。みなさんの声を聞くことから、逃げていたのかもしれません」と不安を抱えての握手会だったが、「びっくりするくらいのエールをいただきました。辛くなるような言葉をかけてくる人は一人もいなかったんです。あたたかさに、涙がでてきました」と感謝の言葉をつづった。

     ファンに支えられていることを実感した指原は「本当に幸せです。悲しい顔してちゃ、だめなんですよね。だから、笑顔でがんばるから。うん。本当にありがとうございました!!!」と前向きな言葉でしめくくっていた。

    【関連ブログ記事】
    あじゃじゃしたー
     指原の握手会でのファンの言動が色々酷いwwwww

    VIPPER速報
     今日の握手会で指原と握手したやつwww

    芸スポ裏ジャーナル
     指原莉乃、握手会でピースサイン 熱愛発覚をまったく反省せず

    AKB48→HKT48へ 指原莉乃スキャンダル.まとめ



    【関連記事】
    有吉「指原の竜平会の受け入れ画策」

    【音声動画】指原莉乃が涙のHKT48電撃移籍、“元カレ”暴露報道を受け謝罪も。
    「エッチしたのに…」指原莉乃AKB48加入後の肉食情事発覚で脱退か!?
    AKB48指原莉乃、HKT48への移籍が決定
    【音声動画】さしこHKT電撃移籍にメンバー呆然 大島優子「まじ?」


     総選挙.関連記事 PV(アクセス数)ランキングベスト10 【BBA.R調べ】
    【AKB48】第4回選抜総選挙 まとめ
    【第4回AKB総選挙】4位大躍進のさしこ、脱ヘタレ宣言「弱音吐かない」



     http://news.livedoor.com/article/detail/6667062/

    2012-06-16-024824

    アイドルグループAKB48の指原莉乃が、博多を拠点に活動する姉妹グループ・HKT48に移籍することが、電撃発表された。これは6月15日深夜(16日午前)放送の「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で総合プロデューサーの秋元康氏から発表されたもので、移籍時期は「明日から」としている。

    この日の「AKB48のオールナイトニッポン」のパーソナリティーは、秋元氏が担当。番組途中で指原が登場し、現在発売中の週刊誌「週刊文春」に元カレとされる人物による交際暴露記事出たことについて、釈明を行った。

    「皆さん、こんばんは。AKB48チームAの指原莉乃です…」と、冒頭から声を詰まらせながら登場した指原は、「皆さん、今回は本当にご心配をおかけして本当にごめんなさい」と謝罪。そして「最初、その話を聞いたとき、なんのことだかわからなくて、記事を読んですごくビックリしました。中身に関しては事実じゃないこともたくさんありましたが、その人とお友だちだったことは本当です」と、“元カレ”が過去に友人として関係があった人物であることを認めた。

    記事を見たとき、指原の頭には「お父さんの悲しむ顔や、応援してくださっている皆さん一人一人の顔がそのとき思い浮かびました」。それからは「ご飯が食べられなくて、食べて、吐いてを繰り返して、ツアーのリハーサル中に過呼吸になってしまって、何も状況を話してないメンバーにただただ元気がない指原を見せてしまったりと、本当に迷惑をかけたり…。お母さんにもなかなか話せなくて…お母さんに話したときに…お母さんの顔も見れず、ファンの方からのブログのコメントを読むのが怖くて、本当にたくさんの人にご心配と迷惑をかけたなと、思っています。ブログのコメントをさっき読ませていただいて、皆さんからのコメントに、本当に心が苦しくなりました。皆さん本当にすみませんでした…」と、終始涙声で謝罪した。

    この謝罪に対し、秋元氏は「どうなの、本当のところは?」とファンが最も知りたいであろう核心に切り込むと、指原は「本当じゃないですし、本当ですし、本当じゃないというか…」とハッキリしない回答。秋元氏は「でもそれは、指原がそういうことが出てくるところまで来たんだよ。だって指原が無名だったら、そういう話も出てこないじゃん。だからそうなったら当然、昔のことも出てくるかもしれないし、それはしょうがないよな。指原が誤解されるような、かつて行動を取ったわけだからさ」と語ると、指原は「そうですね…」と消え入るような声でうなずいた。

    さらに秋元氏は「たぶん、何もなくスルーすると、『なんだよ、指原だけに甘いのか』という声も出ちゃうし、あるいは『指原、反省してるのか』ってなるし。かと言って指原が全面的に悪いわけでもないし、すごい難しいよね」と、プロデューサーという立場から現在置かれている状況を説明。

    そして「で、いろいろ考えました」とした上で、秋元氏は「指原がどういう形であれ、AKBを応援してくださるファンに対して、誤解を招くような行動を取ったことは間違いないわけだね、過去だけどね。そういうことがあるので、やっぱりちゃんとAKBのために、頑張ってもらわないといけない、と思ったので、指原はできるだけ早く、明日だな、もうな。明日から指原莉乃はHKT48に移籍します」と、電撃発表した。

    この通告を受けた指原は「え…」と困惑。もう一度秋元氏が「HKT48に移籍します。HKT48に移籍して、指原は博多のメンバー、まだ1期生しかいないし、まだどうして良いかわからない。その人たちと一緒にHKTを盛り上げて。指原は明日から…明日じゃなくても良いけど、できるだけ早く博多に引っ越して、博多に住んで、HKTの活動をしなさい」と伝えると、指原は再び現実を受け入れられない様子で「え…」と声を漏らした。

    秋元氏は続けて「レギュラーで『笑っていいとも!』とかレギュラーで出していただいているわけだから、そのときに東京に帰ってきて、『笑っていいとも!』に出るのも構わないし、ほかの番組に出るのも構わない。だけど、籍はHKT48。これから番組に出るときも『HKT48の指原莉乃です』と。博多を盛り上げて、博多の1期生たちが指原と同じようにどこかで誤解をされるような行動を取る可能性があるじゃん。そういう子たちに『そうじゃないよ』とか、『こういふうになると、そういうふうに見えちゃうよ』ということも指導しつつ、AKBのために頑張ってもらうのが良いんじゃないかな」と、移籍の意図を語った。

    これに指原は「はい」。秋元氏は「大分が実家なわけだし、実家にもしょっちゅう帰れるだろうし、お母さんが博多のほうに来てくれることも多くなると思うので、だから君は明日からHKT48の指原莉乃です」と“親心”ものぞかせた。


    ☆「週刊文春」に掲載された暴露記事の要旨

    「週刊文春」は6月14日発売号に「総選挙4位『ヘタレさしこ』の素顔 元カレが告白『AKB48指原莉乃は超肉食系でした』仰天セクシー写真も!」とする記事を掲載。1歳上で、2008年から2009年にかけて交際していたという“都内在住のジャニーズ系イケメン学生”の男性は、指原の家に遊びに行き、「『何でずっと下見てるの?』『もっとこっち来なよ』って僕の手を自分の太ももの上におきました。そのとき僕のなかで何かが“爆発”して、彼女を押し倒し、初めて彼女とキスしました」と告白した。

    男性はもともとAKB48のファンで、指原との出会いは東京・秋葉原のAKB劇場。当初は違うメンバーのファンだったものの、劇場で指原とよく目が合うようになり“推し変”、イベントや握手会に参加し、名前を覚えてもらうためにファンレターを何通も書いたという。その後、男性のSNSページに“指原の友人”を名乗る人物からメールアドレスが寄せられ、指原とメル友に。後日、“指原の友人”は指原本人であることがわかったそうで、2008年10月から交際がスタートした。

    記事では交際中のやり取り、デートの様子、指原の部屋の詳細のほか、男性の携帯電話に残された“思い出の写真”とされる写真も複数掲載。さらに部屋では「やることは、年頃の2人ですから、部屋でイチャイチャ」「お互い経験もないしエッチまで4か月かかりました」「お泊まりはたった1回、東新宿駅前のビジネスホテル」「デートのペースは2、3週間に1度。毎日平均7時間は電話をした」「(男性から別れを切り出すと『やだ』『諦めたくない』『エッチだってしたのにふざけんなよ!』ってメールが来た」など、赤裸々な告白がつづられている。


    ☆指原莉乃プロフィール

    指原は1992年生まれの19歳、大分県出身。小学生の頃からモーニング娘。やハロー!プロジェクトのファンで、地元では熱心な“追っかけ”として知られた存在だった。そして2007年にAKB48の「第2回研究生(5期生)オーディション」に合格。2008年には正規メンバーへ昇格、「大声ダイヤモンド」「10年桜」「涙サプライズ!」で選抜入りを果たした。

    2009年の「AKB48 13thシングル選抜総選挙」(第1回)では27位で、選抜メンバー漏れしたものの、翌2010年の「AKB48 17thシングル選抜総選挙」(第2回)では19位となり選抜に復帰。その後、次第に“へたれ”キャラクターが浸透し、2011年の「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」(第3回)ではメディア選抜入りとなる9位、2012年の「AKB48 27thシングル選抜総選挙」(第4回)では4位に躍進し、AKB48の人気メンバーの地位を確固たるものにした。今年5月にはシングル「それでも好きだよ」でソロデビューも果たしている。

    また、テレビでの露出も多く、AKB48関連の番組のほか、ピンでは現在「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の月曜レギュラーを務め、「トイレクイックル」(花王)、「サマンサベガ」(サマンサタバサジャパンリミテッド)などのCMにも出演している。
    ナリナリドットコム

    【関連記事】

    AKB48→HKT48へ 指原莉乃スキャンダル.まとめ


     総選挙.関連記事 PV(アクセス数)ランキングベスト10 【BBA.R調べ】
    【AKB48】第4回選抜総選挙 まとめ
    【第4回AKB総選挙】4位大躍進のさしこ、脱ヘタレ宣言「弱音吐かない」





     http://news.livedoor.com/article/detail/6663498/

    menscyzo_14Jun2012_10590_0-small

     先日のAKB48第4回選抜総選挙で4位に躍進した指原莉乃(19)がピンチに立たされている。2008~09年にかけて彼女と交際していたという元恋人の男性Aさんが「週刊文春」(文藝春秋)上で彼女との情事を激白しているのである。指原は07年に5期生としてAKBに加入、翌年には正規メンバーに昇格した。AKBでは、恋愛禁止が絶対のルールだが、グループ加入前の異性交遊については不問とされてきた。だが今回は、すでにAKBの一員として活動していた時期の恋愛。しかも相手のAさんは、AKBのファンで劇場公演や握手会に通っていたという。指原は「ファンに手を出す」という禁忌を犯したことになる。

     二人が出会ったのは08年の夏。指原は15歳だった。AKB劇場で公演中、指原とよく目が合うようになり、彼女を「推す」ようになったというAさん。名前を覚えてもらいたくてファンレターも書いたという。すると彼の元に、mixi経由で「指原の友人」を名乗る女性からメッセージが届いた。

    「莉乃ちゃんのファンなんですか? 私は友達だから莉乃ちゃんのアドレス教えましょうか?」

     教えてもらったアドレスにメールをすると指原から返事がきた。それから二人はメル友になったのだが、実はこの「友人」は指原本人だった。Aさんいわく「彼女は超肉食系でしたよ(笑)」とのことだが、お気に入りのイケメンファンに自らアポを取るとは、確かに肉食系だ。10月にAさんが告白し、二人は付き合うようになった。08年10月と言えば、指原が「大声ダイヤモンド」で初の選抜入りを果たした時期。公私ともに充実していたのだろう。

     アイドルという職業柄、人目についてはまずいため、デートはもっぱら指原の自宅。大分県出身の彼女は、上京当初は同じ地方組の大家志津香、北原里英らと5人で共同生活を送っていたがすぐに解消され、その後は中野区のマンションに母親と住んでいた。彼女の母親がいない平日の昼間、学校にも行かず二人は逢瀬を重ねていたという。初めてセックスをしたのは、付き合い始めて4カ月めのこと。お互いそれまで経験はなかったそうだ。毎日、平均7時間は長電話をしていたというラブラブな二人だったが、交際開始から一年が経った09年の秋、Aさんは「会いたいときに会えないし、付き合っていることを誰にも相談できない」など不満が募り、別れを切り出した。すると指原は「別れたくない」とゴネたという。Aさんのケータイに保存されていた指原からのメールも、「文春」では公開されている。

    「あたし諦めれん。ほんとにここまで好きになったのはじめてなの」
    「こんなに同じ人のことずっと考えてるのだった初めてだしこんなに指原のこと好きっていってくれた人も初めてだし」
    「エッチだってしたのにふざけんなよ!」
    「これからも好きです←ストーカーですみません」
    「恥ずかしくていわなかったけどほんと愛してる」

     指原がいかに彼のことを好きだったかが、よくわかる内容だ。また、Aさんは当時の思い出の写真もいまだにケータイに複数保存しており、その一部も誌面公開された。顔を半分隠してキスしている写真や、彼女のベッドの上や毛布の上で撮ることが多かったという胸元や脚のアップなどもある。

     これに便乗して、指原によく似た女性が、ベッドで男性器を口に含んでいるフェラチオ写真までネット上には流出。アイコラか本人かは定かでないが、こうした愛情たっぷりの行為もAさんとの間にはあったのだろうか。

     二人が別れてから2年以上の月日が流れ、指原はトントン拍子にスター街道を駆け上がった。主演ドラマ『ミューズの鏡』(日本テレビ系)は、今夏に映画公開も予定されている。ソロでのCDデビューも果たし、6月25日には彼女の名前を冠し、多くの人気アイドルを集めたライブイベント「指祭り」も日本武道館で開催される。他のAKBメンバーとは明らかに異なる激推されっぷりだ。しかしAKB加入後の恋愛はご法度であり、事実ならばクビは免れない。もしこの熱愛記事が間違いであるならば、いちはやくファンに釈明してほしいところだが、彼女のブログとGoogle+は6月12日で更新がストップしている。

     総選挙では、指原に投票するために1,000枚以上ものCDを購入したファンも少なくなかった。彼らは指原のことを「それでも好きだよ」と言えるのだろうか。

    ※イメージ画像:CD+DVD『それでも好きだよ』avex trax


    AKB48→HKT48へ 指原莉乃スキャンダル.まとめ

    【関連記事】
    AKB48指原莉乃、HKT48への移籍が決定
    【音声動画】さしこHKT電撃移籍にメンバー呆然 大島優子「まじ?」

     総選挙.関連記事 PV(アクセス数)ランキングベスト10 【BBA.R調べ】
    【AKB48】第4回選抜総選挙 まとめ
    【第4回AKB総選挙】4位大躍進のさしこ、脱ヘタレ宣言「弱音吐かない」





     http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=menscyzo_14Jun2012_10590

    1335950591343

     お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(37)の母親が生活保護を受けていたなどと、17日発売の「週刊文春」などが報じており、河本が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーは「母親が生活保護を受けていたのは事実です」と認めた。

     4月に「女性セブン」が匿名で「超人気芸人“母に生活保護”仰天の言い分」と題して報じた後、ネットメディアが実名を報道。河本の年収は少なくとも3000万円以上なのに、母親は5年以上前から生活保護を受けていたと指摘している。

    次長課長 河本準一、母の生活保護受給を否定 http://blog.livedoor.jp/nukonukonachi/archives/6222504.html


    次長課長 河本の生活保護不正受給について吉本興業が声明を発表。http://blog.livedoor.jp/nukonukonachi/archives/6222545.html

    元記事 http://news.livedoor.com/article/detail/6566905/

    このページのトップヘ