AKB48


    無題 zzz



     元AKB48の増田有華が18日、池袋シネマ・ロサで行われた主演ホラー映画『呪報2405 ワタシが死ぬ理由 劇場版』の初日舞台あいさつに瑠東東一郎監督、主題歌を担当した、赤い公園と出席し、恐怖と笑いが入り交じった撮影を振り返った。

     初主演映画『ひとりかくれんぼ 新劇場版』に続くホラー映画2本目となる増田は、撮影について「ホラー映画を撮ると自分に憑いちゃうんじゃないかと怖かったけど、現場が面白くて和気あいあいとして楽しかった」とにこやかに回顧。「ずっとみんなでギャグを言っていたり、(撮影スタッフの)男の人の“がんばっている臭い”がしたときには、ギャッツビーの汗ふきシートを渡して、みんなから『俺臭いってこと?』って言われたり」と和気あいあいとした現場を振り返った。

     さらに、劇中でキャスターに初挑戦し原稿の読み方も練習して臨んだ増田。MCから参考にしたアナウンサーを聞かれると「一回だけ『滝川クリステルです』って斜めでやりました」と照れくさそうに打ち明けるも、「(面白くて)『呪報』じゃないなと思って、本番回ってやりたかったけど勇気がなかった」と撮影エピソードを回想した。

     とはいえ、撮影が行われたのは実際の廃病院とのことで恐怖度満点。増田いわく「霊感のある人は『あれそうだよね』って言うシーンもあって」と本物も映り込んでいる可能性もあるそう。さらに、「今頭の中で楽しかったと美化されている
    けど、料理場のシーンはやばかった。地下の一番奥で、そこは使われていなかったのでカビ臭さかったし、暗いし空気もずっとそこだけ冷たくて、これはやばいんじゃないかって思っていました」と背筋の凍るエピソードも回顧した。

     同作は関西テレビで放送された深夜ドラマ「呪報2405 ワタシが死ぬ理由」の映画化。「ニュース番組で報じられる事件は真実なのだろうか」という疑問をテーマに、元AKB48の増田有華が事件の核心に迫るニュースキャスターを演じる。拘束され、悪夢におびえ、霊から逃げ惑う恐怖の表情は必見。(中村好伸)

    映画『呪報2405 ワタシが死ぬ理由 劇場版』は池袋シネマ・ロサにてレイトショー公開中

    シネマトゥデイ
    http://news.livedoor.com/article/detail/8447296/


     最も怖いジャパニーズホラー映画ランキングTOP10!他ホラー映画NEWS - NAVER まとめ




    リミット DVD BOX
    TVアニメ「一騎当千 XTREME XECUTOR」オープニングテーマ「Stargazer(スターゲイザー)」






    30603615

    東スポWeb



     国民的アイドルグループ「AKB48」の大島優子(25)が、昨年のNHK紅白歌合戦でAKB卒業を電撃発表。これは世間の驚きを誘ったが、実は多くの関係者の間で「次の卒業」が有力視されていたのは、「こじはる」こと小嶋陽菜(25)だった。小嶋よりも先に大島が先に卒業を発表するのにはワケがあった――。

     小嶋は2005年10月にAKBに加入した初期メンバーだ。選抜総選挙では、第1回から6位、7位、6位、7位、9位とすべて選抜メンバー入り。篠田麻里子(27)卒業後、グループ最年長メンバーとなった。

     卒業する中核メンバーが大島ではなく、「先に小嶋だ」と言われていたのにはワケがある。

     小嶋はモデルやバラエティー番組などでのソロ活動が目立ち、女性層からも支持が高い。昨年あるインタビューでは、「いつでも(卒業の)準備だけはしておこうと思っている」と発言。さらに、先月下旬に行われた初フォトブックの発売記念イベントでは、「やり残したことはない。(来年は)卒業準備の年にしたい」と言い切った。

    「去年7月に親友で遊び友達の篠田が卒業した後、小嶋が“孤立”し、気持ちが卒業に傾いていたのは間違いない。仲が良い高橋みなみは総監督という立場で忙しく、峯岸みなみが研究生(現在はチーム4キャプテン)になったことも大きかった。控室で話すのは仲がいいメークさんぐらい。メンバーと会話せず、ケータイをいじる姿が当たり前だった。スタッフの間でも『元気ないね』『次(の卒業)はこじはるかも…』という声が出ていたのは事実」(ある芸能プロ関係者)

     そんな流れから当然、卒業を言い出すのは小嶋のはずだが、先に発表したのは大島だった。この“逆転劇”の舞台裏を、別の芸能プロスタッフが明かす。

    「当初は小嶋の卒業プランが進んでいたんです。ただ、同じころに大島も卒業を強く意識するようになった。そこで秋元(康)さんやスタッフは、2人に卒業への意向を聞いたようです。女優への思いを抱く大島に対し、小嶋は卒業後の明確なビジョンがなかったようで(苦笑)。小嶋は秋元さんから『目標を明確に!』と卒業への“宿題”を与えられ、大島の卒業が優先されたんですよ」

     先を越された小嶋が不満を持ってもおかしくないが、そこは平和主義・こじはるだ。昨年10月に発売された33枚目シングル「ハート・エレキ」で、8年目にして初のセンターになると、握手会などでは大勢のファンから祝福された。さらに選抜メンバーに高橋や峯岸らがいたことで、「まだ頑張ろうかな~」とグループ活動へ、気持ちが前向きになったという。

     こんな小嶋に卒業の機会はいつ訪れるのか。

    (卓上)AKB48 小嶋陽菜 カレンダー 2014年
    ハート・エレキ TypeA(通常盤)(多売特典付き)

    無題
    メンズサイゾー

    ざっくり言うと
    • 2013年末にAKB48からの卒業を発表した大島優子
    • ファンたちは卒業に向け「ヘビーローテーション」MV再生回数1億を目指している
    • MVは大島優子がセンターを務めており、早ければ今月中に到達するとのこと



     昨年、『NHK紅白歌合戦』の放送中にグループからの卒業を発表したAKB48の大島優子(25)。以前からファンの間では次期卒業メンバーではないかと言われていた大島だが、紅白歌合戦でのパフォーマンスの合間という思いもよらないタイミングでそれを公にしたことから、発表後はファンの落胆の声とともに「紅白を私物化するな」「なぜ自分たちのコンサートで発表しないのか」との指摘があった。それに対して大島が「直前に秋元(康)さんにお話して、NHKさんからも許可を頂いて発表しました」と説明したものの、NHK側からは「事前に聞いていませんでした」とのコメントがあり、双方の言い分が食い違っていることに対して再度批判の声が上がっていた。


     そんな一悶着がありつつも、ファンたちは大島の卒業に向け、現在あることに一致団結しているという。「YouTube」上にアップされている、大島がセンターを務めたAKB48の2010年の大ヒット曲「ヘビーローテーション」MVの再生回数1億回突破を目指しているのだ。


     今回の動きは、大島の卒業発表後にネット上で大島のファンたちが「卒業が決まった大島が喜ぶことは何か」と話し合った結果に採用されたものと言われている。同MVは、2010年のオリコン年間チャートの2位という結果を残したことに加え、イベントなどの余興でダンスを真似る人が増えたこともあり、アップ後1年で約5500万回再生された人気動画。もともと高い再生数を誇っていたものの大島ファンたちによる影響は如実に表れ、年明けから同MVの再生回数は60万以上伸びており、総回数は9000万台後半まで到達。早ければ今月中にも1億回を突破する可能性がある。


     日本人歌手のMVで再生回数1億回を超えたものはまだ存在せず、ファンたちの試みが成功すれば、「ヘビーローテーション」が初めての記録を作ることとなるようだ。


     この“大島卒業ムーブメント”に対してネット上では「オタクパワーはすごい」「1億回突破して優子ちゃんに笑顔で卒業してほしい」という声とともに「機械的に再生を繰り返すだけで何の価値もない」「結局、“こういうことをしなきゃ話題にならない卒業”って言ってるようなもの」とのネガティブな反応があった。


     “アイドルが下着姿ではしゃぐ”という大胆なMVで、それまで清楚なイメージが絶対であったはずのアイドルの固定概念を壊したことでも話題となった「ヘビーローテーション」。AKB48の人気を世に知らしめた1曲であり、この曲の単独センターであった大島、そしてファンにとっても思い入れの深い曲であることは間違いないだろう。この曲で新たな記録が生まれれば、大島の卒業に大きな花を添えることになるはずである。


     また、ある関係者が2月に発売を予定しているAKB48の35thシングルで大島が単独センターを務めるという話を漏らしたことも話題になったばかり。大島の卒業の場と噂される3月末に行われる国立競技場でのコンサートを前に、ファンもAKB48運営も大島の卒業をなんとしてでも華やかにしようと総力を上げているようだ。


     このことから、総選挙時のライバルであった元メンバー・前田敦子(22)とともにAKB48の顔としてグループを牽引してきた彼女の存在感と愛され具合がどれほどのものであったかが見て取れるのではないだろうか。これまでも前田をはじめ、板野友美(22)や篠田麻里子(27)などの人気メンバーが卒業していったが、何かの記録を塗り替えるほどの大きな動きがあったことはない。今回のムーブメントによってファンたちの思いが形となれば、“国民的アイドル”の中心的人物であった大島の影響力とあり方を改めて示すことにつながるのかもしれない。
    (文=サ乙)





    元記事
    http://news.livedoor.com/article/detail/8446194/






    200458p



    最近の有吉さん まとめ



    有吉弘行、太田プロ総選挙2012最終結果を発表

    総選挙記事PVランキングベスト10! 2012








    N0019779_l-c953c






















    有吉弘行、太田プロ総選挙2012最終結果を発表 

    最近の有吉さん まとめ

    総選挙記事PVランキングベスト10!








     男性とのプライベート写真が流出したため、今年2月に「AKB48」を脱退した平嶋夏海(20)が、派生ユニット「渡り廊下走り隊」の同僚だった渡辺麻友(18)のソロシングルの特典DVDで“活動再開”した。DVDにはまゆゆとの対談を収録。2人が会うのは脱退後初で、平嶋は騒動についても言及したが、まゆゆからは「100%許しているわけではない」と厳しい言葉も飛び出している。また、前田敦子(20)がグループからの卒業を電撃発表した3月のさいたまスーパーアリーナの公演がDVDとなり、9月5日に発売されることが決まった。


     衝撃の「活動辞退騒動」から約5か月。6月6日の選抜総選挙で2位にランクインし、前日(8日)に決まった「第3回じゃんけん大会」(9月18日、日本武道館)の組み合わせではシード権を獲得するなど、次世代のエース候補に躍進したまゆゆが「AKB48」を去った平嶋と本音で語り合った。


     対談の模様は渡辺の2枚目のソロシングル「大人ジェリービーンズ」(25日発売)の3種類ある初回特典DVDのうちの「初回盤C」に収録される。収録時間は約20分。対談は平嶋が活動辞退してから143日後となる、6月27日に都内で行われた。連絡すら取っていなかったという2人は、硬い表情であいさつを交わすと、話題は騒動のことに移った。


     まゆゆが「ショックでした。許してないわけではないけど、100%許しているわけじゃないかな。やっぱり、ああいう事件があって、いろいろ大変な思いがあったので…いろいろ思うところはあります」と複雑な思いをストレートにぶつけると、平嶋は涙をこぼしながら「本当に自分がふがいない。私の口からは、ただただ申し訳ない、としか言えない。(AKBに)戻りたいけど、もう戻れない」と謝罪した。さらに「AKB48」の「恋愛禁止ルール」などについても語り合った。


     “ガチンコ”で語り合えるのは、2009年に結成した「渡り廊下―」で苦楽を共にしてきたからだ。厳しい言葉を投げかけたまゆゆだが、平嶋にとっては、今回の対談がソロとして活動を再開していく第一歩となった。対談前、平嶋は「どういう反応されるんだろう?」「気まずい空気のまま終わったらどうしよう?」と不安をにじませていたが、復帰のチャンスをくれたまゆゆと本音で語り合い、最後はホッとしたのか、笑顔も見せた。

     http://news.livedoor.com/article/detail/6741252/


    212340
    1回目のじゃんけんで穴井千尋(左)に敗れた指原莉乃




     HKT48の指原莉乃(19)が6日、福岡・HKT48劇場で、AKB48の29枚目シングル選抜じゃんけん大会本戦(9月18日、東京・日本武道館)への進出をかけた予備戦に出場。1回戦で穴井千尋(16)に敗れる大波乱となった。指原は崩れ落ちるように床に膝を着いたが、気持ちを切り替え、本戦出場を決めた3人のメンバーにエールを送った。

     まさかの初戦敗退だ。パーを出した指原に対し、穴井はチョキ。「おかしいな。私のシナリオでは武道館の1回戦で負けるはずだったのに…」と指原は悔しがった。5日に「わたし的に完璧」と自画自賛する堂々のHKTデビューを飾ったが、2日間のデビュー公演の最後に、さしこらしい?オチが待っていた。

     過去2回のじゃんけん大会で初戦突破したパーで散った。敗戦直後は悔しさをあらわにしたが、すぐに気を取り直し、「HKT48から1人でも16人の選抜メンバーに選ばれるように祈っています」と勝ち残っているメンバーに夢を託した。AKBの研究生から選抜メンバーの常連となり、総選挙4位にまで躍進した経験者らしいエールだった。

     登場パフォーマンスでは貫禄を見せた。名前を呼ばれ、センターステージに上がった指原の胸には「AKB48」の文字。白のTシャツを勢いよく脱ぎ捨てると、その下のTシャツにも「HKT48」の文字が躍っていた。再出発を期する気持ちを博多のファンにアピールした。

     ヘタレキャラとして周囲からイジられることで注目を集めてきた指原が、新たな一面も見せた。村重杏奈(13)が気合の入った赤の特攻姿で「私、絶対に勝って武道館に行きます」と豪語しながら初戦敗退。そんな村重に「面白さでは、負けてなかったよ」と声をかけるなど、最年長メンバーらしいお姉さんキャラを確立しつつある。

     この日、ブログで「みなさんに認めていただくために、精一杯がんばるのみです」と謙虚に決意をつづった指原。前日のデビュー公演で口にした「HKTをNO1のグループにする」との目標を達成するため、一歩ずつ困難を乗り越えていく。

     ◆じゃんけん大会 第1回(10年)はAKB48から予備戦なしで51人が参加して、内田眞由美が初の選抜入りでセンターに。第2回(11年)はAKB48から59人、予備戦を通過したSKE48から5人、NMB48から4人の計68人が参加して篠田麻里子が初のセンターを獲得した。今回はAKBから66人、AKB・SKE兼任の松井珠理奈、AKB・NMB兼任の渡辺美優紀、予備戦を通過したAKB研究生から1人、SKEから8人、NMBから6人、HKTから3人の過去最多86人が本戦に進出し、センターの座を争う。HKTにとっては、初のAKBのシングル選抜メンバー入りのチャンス。

     ◆3人が本戦進出 〇…本戦進出を決めたのは、森保まどか(14)、中西智代梨(17)、研究生の江藤彩也香(14)の3人。これで姉妹グループを含めた本戦進出者すべてが決定した。江藤は研究生同士の予備戦から5連勝で武道館行きの切符をつかみ、「びっくりです。武道館では、みんなの分も頑張りたい」と満面の笑みで喜んだ。

     http://netallica.yahoo.co.jp/news/300666



    ■関連リンク
     AKB48→HKT48へ 指原莉乃スキャンダル.まとめ 






    news138383_pho01
    騒動後も運営に愛されている指原さん(11年2月撮影)



    AKB48からHKT48に移籍した指原莉乃さんが、2012年7月5日夜の劇場公演でついに「博多デビュー」、出版社やレコード会社からたくさんの花が届いた。

    心機一転華々しい船出といきたいところだが、週刊誌がまた指原さんに関する記事を掲載したり、ファンからも「もう飽きた」といった声があがったりと、前途洋洋というわけにはいかなそうだ。

    スポニチがバラしてしまった

    HKT48劇場支配人の佐藤和也氏は7月5日、Google+でキングレコードや講談社などから指原さん宛てに届いた花輪の写真を掲載した。花輪はHKT48劇場がある「ホークスタウンモール」を取り囲むようにずらりと並べられている。「皆様からたくさんの花をいただきました。ちなみに、これはほんの一部です」と書かれていて、これを見ると、指原さんの博多デビューが多方面から祝われているように感じられる。

    しかし7月4日に福岡のRKBで放送された情報番組「今日感テレビ」では、スポーツニッポンの文化社会部長・宮嶋極氏が、「AKB運営サイドからデビューにあたってお祝いの花束を送ってもらえないかとメールで依頼された」と暴露してしまった。

    佐藤氏のGoogle+のコメント欄にはファンの喜びの声も投稿されているが、「指原のしたことに対してあまりにも分相応をわきまえない光景ですね ウェルカム体制なのはおかしいと思いますよ」「マスコミが花の催促をされたと報道してるのにおかしく無いですか?運営が催促して送って貰った生花なんか指原は心から喜ばないと思います」などの批判意見も寄せられている。

    文春は相変わらず追撃態勢

    指原さんの男性スキャンダルを最初に報じた週刊文春は7月5日発売号でも、「指原騒動の余波 AKBメンバー夜遊び自粛モード」という記事を掲載している。

    記事によると、現チームKメンバーの横山由依さんが研究生だった時代、指原さんが「由依~これから秋元先生とご飯行くけど来る?昇格できちゃうかもよ」と横山さんをプロデューサーの秋元康氏との会食に誘ったという。

    これでメンバーから反感を買い、指原さんのスキャンダルが発覚してから「熱愛だって(笑)どうなるの~?」「指原、文春何冊も買ってたよ」「ザマーだね」などと嬉しそうに言ったメンバーがいたというのだ。

    とはいえ他の人気メンバーたちもスキャンダル発覚に怯えているらしい。記事ではメンバーがよく利用する都内飲食店のバーテンダーらのコメントとして、よく男性やスポンサーと夜中に遊びに来ていたメンバーも、指原さんの処分以降、夜遊びを自粛していると書かれている。

    指原さんが記事で紹介されたような発言をしたのか、指原さんに反感を抱いていたメンバーが喜んでいたかの真偽は不明だ。しかし6月12日に放送されたAKB48出演番組「火曜曲!」(TBS系、火曜21時~21時54分)では、1人のメンバーが「指原さんを生理的に受け付けない」と回答している。指原さんを快く思っていないメンバーがいたことは間違いなさそうだ。

    この記事を読んだファンは2ちゃんねるで、「横山に火の粉飛ばすなよ」「指原のせいでとばっちり・・・本当に指原は迷惑しかかけない・・・」などとつぶやいている。

    視聴率も微妙に

    最近の指原さんの人気はどうなのだろうか。

    「火曜曲!」では、6月19日に「指原莉乃HKT48移籍の真相」という特集、26日にMCの中居正広さんが騒動の真相を指原さんに問いただすドッキリを放送したが、視聴率はそれぞれ6.6%、4.9%だった。指原さんが出演しなかった7月3日放送回の視聴率は6.8%だった。

    6月6日にフジテレビ系で生中継された選抜総選挙では、指原さん4位発表時に瞬間最高視聴率28.0%を叩き出しており、これまで「指原は数字を持っている」と見る向きもあった。

    それだけにインターネット上では「指原なんていらんかったんや」「指原なんてもともと需要無いじゃん。一体いつから人気者扱いになってんの?」と視聴率を絡めて指原さんを叩く書き込みが見られる。

    また、「今回の指原の件でAKBそのものがいやになってきた」「させこは今回のSEXスキャンダルで一般認知が高まっただけで一般人気が高まったわけではない。逆にヲタ人気は確実に下がってる。もう実質オワコン(終わったコンテンツ、ブームが過ぎたものの意)」と、指原さんやAKB48自体に飽きつつあるというファンの意見もある。指原さん騒動は、ボディーブローのようにAKBにダメージを与えつつあるのだろうか。

     

    提供:J-CASTニュース


    ■関連リンク
    HKT48 OFFICAL WEB SITE
     AKB48→HKT48へ 指原莉乃スキャンダル.まとめ 






    5511a_756_img20120705hkt481
    HKT48 指原莉乃 (C) AKS

     7月5日、HKT48 チームH「手をつなぎなら」公演に新しくHKT48の一員となった指原莉乃さんが初出演し、チームHに所属することが発表された。

     AKB48からHKT48へ電撃移籍を発表した直後から、指原莉乃さんはHKT48として公演のレッスンを開始。この日のために日々レッスンを重ねてきた。メディアにはHKT48の名前が連日賑わすなど、指原莉乃さんの加入でHKT48の知名度は一気に急上昇。

     この日、指原莉乃さんは全体曲の全てとユニット曲の全13曲に出演。HKT48のファンも指原莉乃さんのHKT48劇場の公演への初出演を歓迎した。

     HKT48の兒玉遥さんは「本日より私達チームHは、指原莉乃さんを迎え17名で活動を行っていくことになりました。」とファンに報告。指原莉乃さんは「最年長ということでお局キャラを受け止めたいと思います。」とファンにあいさつした。

     公演終了後、指原莉乃さんは「すごく緊張していたし不安だったんですけど、ステージに立った時にファンの皆さん・HKT48のメンバーみんなが目を合わせてくれて、頑張れそう!とすごく思いました。」とコメントを寄せた。

     HKT48の指原莉乃さんは、いきなり九州でのレギュラー番組が決定。テレビ西日本「タマリバ」の水曜レギュラーと九州朝日放送の「アサデス。KBC」の木曜レギュラーが決定したことが発表された。

     九州はアイドルグループの激戦区。指原莉乃さんの加入で九州のアイドルグループの勢力図が塗り替えられることは必至だ。

     
    写真提供: (C) AKS

    提供:Girls News



    ■関連リンク
    HKT48 OFFICAL WEB SITE
     AKB48→HKT48へ 指原莉乃スキャンダル.まとめ 






     http://news.livedoor.com/article/detail/6729600/

    このページのトップヘ